2003年11月28日

ついてない日?ついてる日?

■今日はついてない日だった。 
@転んだ。 
今月の申告書がやっと完成して税務署へ申告に行った。入り口の少し段差のあるとこで、ちゃんと足、上げたはずなんだけど、ちょっと足りなかったらしい…ハデにこけた。めっちゃ痛かった。しばらく声も出なくて転んだ場所に座り込んでいたい膝をすりすり。幸いだぁれもまわりにいなかったので、よかった、と思いながら税務署の中に入っていくと 
( ̄□ ̄;)!!「ちゃんと見てる人いたじゃん!!」…税務署の入り口のガラスは外からは暗い色で中からだと外の見えるタイプのガラス張りだったのだ!!入り口ロビーのソファに4-5人、座ってるじゃん。(:ヘ;)…見てたんかな〜。でも素知らぬ顔して通り過ぎる。 
へんだ。「大丈夫ですか」とか声かけてくれてもいいじゃん。(>_<。) 
「そろそろ年なんだなぁ」と思った人、いるでしょー。違うんだよ、実は昔からよく転ぶんだよ私。なんでも無いトコでよくこける。数年前は郵便局側に行こうとして道路の斜め横断中に、ズザザッと車の真ん前でこけた。見てたみんなが「あっ!!」と言った。約50センチ手前で車は止まってくれた。 
こん時は「あー、仏さんに守ってもらえた」とつくづく思った。 
たいていいつもゆっくり歩かないでトトトトって走っているのでよくこけるのかな。子供の時からなんだ。子供の時はそういう理由で「生傷の絶えなかった」子供だったス。 
 
A道に迷った 
中村区役所に至る道で、一本行き過ぎた事に気づき、本来の道に合流しようと左折→右折とやった。これで本当なら本来進むべき道に出たはずだった。 
しかし!!まちがって入った道は、実は弓なりに曲がった道で、私が合流したと思っていた道と交差していた道だった…のだ。南に進んでいると思ってどんどん行っても知らないトコばっか…。実は西に進んでいたのね。 
これはおかしいと戻っても、頭の中は南北に移動してるとばかり思ってるから、とんちんかんなほうばっかに行ってしまう。結局40分もしてから気がついてやっと到着。もうくたびれたのなんのって。んで次、税務署行って、その次の県税事務所に行こうとしたら…そうだった、移転したんだった… 
そこからえんえんまた違う区まで走んないといけなかったんだ。 
「高畑」だって。方向音痴の私にいけるはずがない。地図、子供に貸したままだった…と言うわけで、もう帰ってきてしまった。 
これから帰れば郵送間に合う。やーめた。 
でそこからえんえん1時間半かけて事務所に帰着。疲れた… 
 
■この日は、娘の友達のピアノの先生のリサイタルだとかで、早くに帰る約束をしてた。市内の公民館くらいだろうと思いこんでいたので、5時15分くらいに事務所を出て、夕食代わりのおにぎりを買って帰宅。帰宅してからチケット見たら、( ̄□ ̄;)!!伏見の電気文化会館だってー!! 
6時半開演ってあるよ!!どうする、間に合うのか???だいたいどこにあるか知んないぞ!! あわてて子供に「地図返せ〜」と叫ぶ。子供「えー知らん〜、返してなかったっけ?」…実は返して貰ったような気がするが、そのへんにほかって置いたよーな…何事かと配偶者が自分の地図持って出てきてくれた。 
でセト電まで送ってくれて無事開演前にたどり着いた。ふー。 
 
友人さんの先生は、愛知芸術大学の教授さんだそうで、このリサイタルは、その教授さんの奥さんとのデュオと連弾のものだった。はじめの二曲ほどはちょっとノリ悪くて「????」と思う部分もあったけど、3曲目のクライスラーの「中国の太鼓」って曲は、多分好きな曲だったらしい、乗ってきた。 
後半のショパンの「ロンド」はまちがいなく素敵だった。うん、やっぱし、きっとこの曲が好きなんだよ。夫婦ならではの息のぴったりあった、デュオ。とても一台のピアノでは出ない広がりが素晴らしかった。二台のピアノの「掛け合い」というの?がすごい。お見事でした。 
今までどうやって弾いてるのか見当のつかないピアノ曲ってあったけど…そうか、二台で弾いてたかもしれないんだ、それとか4本の手でとかね。 
「谷口龍博・谷口陽子ピアノデュオ・リサイタル」というの。 
やっぱし二台だとちがう、その迫力。陽子さんという人は女の人なのにダイナミックで感情表現豊かなピアノを弾くとっても綺麗な人だった。 
綺麗な奥さんで、旦那さんは自慢やろーなーとつい…いらん感想も入る。 
ピアノ技術はやっぱしこの旦那さんの方が上で、荒い奥さんのピアノを引き締めていた。だけど個性の違うピアノ2つデュオにするより、別々の方がよかないか? ダンナはルービンシュタイン、奥さんは…よくわかんないけど、もっとロマンチックなんだよ。別々に聴きたかったような…。おんなじ曲を2つの味で聴かせるコンサートっていうのもいいと思うんだけど。 
 
∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜∞〜〜〜 
という訳で、ついてない割には、最後はとっても素敵な演奏を聴いて、久々の音楽鑑賞で終わった1日でした。ついてたのか、ついてなかったのか… 
 
ついてたことにしよう。なんでって、チケット代「いいです」って行って貰えたから。

うふふ♪ (* ̄ー ̄)v 

これは旧21styleの日記から転記したものです

ラベル:日記 音楽
posted by 紫猫 at 23:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月24日

また、ひとりごと

■日がな一日ホームページをいじくっていた。 
(でもまだアップしてないので「なにが変ったんじゃーと言わないこと) 
PhotoImpactで、数時間かけて作っていたロゴ群のデータが、個別の画像の保存中になぜかImpactがなんにも言わんでプツンと落ちて、全部パーになった 
(;>_<;)ビェェン 
終了しますともなんとも言わないでだよ、まったくもー。 
たま〜にあるんだよね、これ。 
こういう基本的なとこの不安定さを取り除く努力はしないで、新しい、いらん機能ばかり追加してくるソフトって最近多い… 
そしてどんどん重くなる… 
 
そうだよな〜、そうしないと次のバージョン、売れないもんね〜。 
かくいう私も、どんな機能がついたかで、バージョンアップするかどうか決めるし。ソフト会社も大変だなぁと思う。一時(いっとき)売れても後が続かないんじゃ…いいソフトほど、後が大変だ。 
それとかOSが標準でサポートしてしまったら、いらなくなるソフトも出てくるし。IT産業もほんとに大変だなぁと思う。 
 
■以前なら「昔取った杵柄」で、若いときに習い覚えたことは一生役にたった。今では知識はほんの2-3年で陳腐化してしまう。 
趣味の世界なら、それはそれで価値のあるものなんだけど、仕事の世界となると…今って同じ商売で10年めしが食えるのって少なくなってきたんじゃないかと、街が様変わりしていくのを眺めていると思う。 
 
…私はこの商売、ン十年やってるけどな… 
そっか、配偶者もおんなじ商売つづけてたっけ。めし食えんけど〜 
 
やっぱし昔から新しいものをどんどん取り入れて、景気のいいときに 
チャレンジしなかった組はどんどん、残されていくっていうのはやっぱし変わんないのかもしれない。 
明治の激動なんて、漫画読んでると、よく国民がついてきたな〜って感心する。今時の比ではないかも…。そうだ、終戦だってそうだったんだ。 
 
だから…どんな事があっても、人間ってちゃんと生きていけるんだよな〜 
すごいよなぁ…話がちゃらんぽらん。 
 
■「走れ竜馬」と、「日露戦争物語」、いいよ〜。 
この年になるまで、日露戦争とか、江戸末期の事なんてなんにも知らんかった。マンガ読んでやっと話がつながってきた。 
というか、多分「生活の一部」としての歴史が、理解出来るようになってきたんだろうなぁ。若いときって、タダの話で「ふぅ〜ん」で終わってしまうから。 
■歴史のマンガとか読んでいると、また思う。こんなにたくさんの人が 
こんなにいろいろ考えて、いっぱいいっぱい生きてきたんだよなぁって。 
みんな一生懸命にいろいろ考えて、それぞれの人の人生があって、家庭があって、物語があって…。栄なんかの交差点に立っていると、いっぱいいっぱい人がいて、それなのに私はその中のだぁれも知らないんだ。こんなに長いこと生きてきたのに。 
「私」なんてもんは、ちっぽけなもんなんだなぁとふと思う。 
 
■FOR YOUなんてだいそれた名前を付けた割には、私なんかだぁれの役に立つ事もかけない。この前100円ゲームの事をぐぐって見たら、ちゃんと殆どのゲームを試して評価したり感想をかいてあるサイトがたくさん出てきた。 
100円ゲームの事だって、こういうのってすんごく役に立つ。有難いなぁと思った。…FOR YOU…私も何かの役に立つ事しなくちゃなぁ…と、 
時々は思ったりもする。 

これは旧21styleの日記から転記したものです

posted by 紫猫 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月21日

法人税ソフトを買った

■エプソンの財務ソフトで「財務応援」というのがあるのだが、これはとてもいい。会計ソフトと言うと、知名度の高いのでは「弥生会計」があるが、これはとても会計事務所で使える代物ではない。 
まぁ、年間3000万円程度の売上で一件の会社の経理を入力するのなら弥生会計で事足りるだろうが…だれでも同じ事をしていれば必ず上達する。 
その時にこんな遅いソフトでじれったいだろうに、と心配になる。
 
財務応援は会計事務所専用機並のスピード入力の出来るソフト。Light版は実勢2万円ほどで購入できるのでお勧めだ。これでExcellデータ作成も出来る。(Excelボタン押すだけで各種試算表などExcelを立ち上げて自動的に作成してくれる。) 
グラフなどはちょっとしょぼいけど(改良されました)、Excell出力してExcellで作れるのでそんなに気にならない。 
 
エプソンは意外と知られていないのだが昔から税理士事務所専用機を作ってきた会社である。税理士事務所専用機と言うと、ほんの5年前には400万とか600万とかは当たり前の世界だった。いわゆるオフコンである。
私が現在使っているのも、当時としては一番小さい機種でありながら、1998年11月現在で140万、プリンターは70万もする代物であった。それから数年でこんなにパソコンが進歩するなんて、当時は誰も考えなかったんだろうな〜 
あっという間に時代は進化し、オフコンでめしを食っていた業者はパソコンの台頭と競争で安価になったソフトのおかげで売上が下がっている。だって今時のパソコンなんて、売ったって30万かそこらなんだもんね。一台ン百万の機械(これは基本財務ソフト込みの値段だけど)売ってるときとは比べ物にならないんだから。 

■それでも税務署を退職して開業する税理士も多いので、つまりは「お年の方が多い」というのも税理士業界。そんな方々には、オフコンは売れる。 
というか、彼らは営業のいいなりになって高いオフコンを買うのだ。 
こういう人たち、顧客に教えるの、どうするんだろうと思うんだけど… 
どんどん自経化が進んでいる昨今の状況にどう対応してるんだろう…。 
パソコンの事なんて、なんにも知らない人が多いから。 
でももう電子申告も始まり、そんな事も言ってられなくなってきたけどね。 
 
■とにかく…だ、それで財務応援がいいから、エプソンの法人税も買ったのだ。そしたら!! これがダメ。印字がきたない、
■お断り■ 
これは自分のプリンターのせいだとわかりました。 
エプソンさん、ごめんなさい。m(_ _)m 
プリンターの設定を「早い」→「きれい」に変えたら 
ちゃんと綺麗な線が印字できました。m(_ _)m 
昔の日記なので…ごめんなさい〜('A`)
今は大すきです〜。

なんと言っても軽さ、早さ、便利さでは群を抜いていると思います〜
なので以下、一部分削除します。
印刷結果がどうしても気に入らない。爺さん用に作られたとしか思えないおっきなビックリするようなフォントで会社名なんか入っちゃって、とってもみっともない。 
 
2ちゃんねるでそういったら、そんなもん気にするのがバカと言われてしまった。そうか〜?? できあがりの印象って大事じゃないか? 
気にするのは私だけなんだろうか… 
法人税の内訳書も気に入らないので 
(後記 これは自由に文章が自由なエリアに書き込めない為。 
機能的には並べ替えなども自由度が他社に比べてとてもあり、 
優秀です。)
 
Excellで自作。これはめっちゃくちゃ気に入っている。便利なようにどんどん機能を追加しているので、どの会社のもバージョンが違うので、来年3月になって一番最初に導入した会社に戻ったら、困るだろーなーとは思うんだけど…。 

ラベル:ソフト 日記
posted by 紫猫 at 17:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月20日

時間

foryou_7396942856846881a.jpg

■最近なんだかくたびれてて、机から席をはずしてそのまま机のそばで 
バタンと倒れてそのまま寝入ってしまう事がたびたびあるようになった。 
少し疲れているみたい。 
昨日も寝てしまった…。なんにもできんかった。 
 
■自分の時間を指折り数えてみる。 
私は殆ど7時近くまで案外事務所で仕事をしている。 
深夜派なので、実は3時を過ぎたあたりから、仕事も乗ってきて止められなくなるのが原因でもあるのだが。仕事があるんだから仕方がない。 
それで買い物をしてから帰宅するのが7時20分ちかくになってしまう。 
それから夕飯の支度をダカダカダカッと大急ぎでやり、夕食は8時くらい。 
子供には申し訳ないとは思う。以前は7時には作り始めていたので7時半には 
食べられたんだけど、どんどん遅くなる傾向… 
 
つまり、仮に7時に帰宅出来たとしても、8・9・10・11・12と、12時まで5時間しか時間はない。うち、夕食を作る時間、洗濯をする時間、後かたづけをする時間、そして自分も食べる時間を差し引けば2時間半がいいとこだろうか… 
たま〜に夜掃除したりなんかすればもっと減ってしまう。 
パソをいじるようになってから、家事をやらないダメ主婦なので、ここら辺はかなり???なのだが… 
 
少なっ!! 
我ながら少ない…だから、なにか取りくみ出すとすぐに2時・3時になってしまう。2時は当たり前で、2時前というと寝るのがもったいないと感じてしまう。 
こんな事を続けているもんだから、当然続かなくて、前述のように 
コトンと寝入ってしまう日が出てくる。 
多分これがないと、もたないんだろーなー。 
 
それにしても…以前は二週間に1日そんな日があれば持ったのに、 
最近は、週に1日はやってるような気がするし、1日で足りなくなってきた気も…下手すると二日続けてやってるときもあるし〜(:ヘ;) 
 
でも…仕事も好きだから、つい遅くなっちゃうんだよね〜 
1日の時間が、48時間くらいあればいいのにな〜 
ラベル:日記
posted by 紫猫 at 17:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月19日

アロエ

foryou_7396942856648708a.jpg

■寒くなりました。ストーブ、昨日から入れています。 
先週の日曜日、さぼって植木を室内に入れてやってなかったので、今週に入り急に冷え込んでビックリ。とりあえずあわてて蘭類だけ玄関に入れた。 
 
いつもこの頃になると、植木の棚にビニールをかけたり、観音竹とシンビを室内に入れなければならない。
これが大変。
観音竹だけで、10鉢はあったので、これを入れると縁側はいっぱいになってしまう。
それであちこちに配って、今は6鉢。
それとシンビ2鉢、その他蘭類。しかしこの観音竹が毎年大きくなるので、冬は父の部屋の隣の縁側は歩く場所も無くなる。
これを毎週日曜日に戸外の陽に当てるのだが、これがまた大変。重いのなんのって…。 

普通こういうことは家庭の中で男がやるもんなのだが、配偶者はまったく関心がない。
私が庭木の剪定をしている最中に帰宅しても、無言でそのまま室内に入っていってそのまま出てこない人間だし、仮に「この枝高くて切れない、切って。」と言えば、その枝一本を切ってそれきり、戻っていくという人間。 
一戸建ての家を管理する、という自覚は全くない。
まぁいい、どうせあんたの家じゃない。下宿人だと思っていれば腹も立たない。 
 
ああ、又愚痴になった。こんな事を言おうと思ったのではない。 
 
アロエの話だ。 
今年はアロエをたくさん作ってしまった。
なんでかと言うと、いつもは冬に防寒対策をするのが大変でたいていそれを考慮してつくるのだが、去年、とうとう冬に置き場のなくなった一鉢のアロエを、試しに土から引っこ抜き、スーパーのビニール袋に入れて窓際にぶら下げて置いたら、これが大成功。
 
一ヶ月に一度くらい、霧を吹きかけただけでなんにもしなかったのに、特にひどく痛むこともなく、春になって土に戻すと、戸外でビニールをかけて越冬させたものとは比べ物にならないくらい早く回復したのだ。二週間目くらいには緑も戻り、早く太りだしたのだ。
 
これはいける!! 

これなら場所もとらない、たくさん作れる、と思ったから、今年はばんばん鉢を増やしたってわけ。 
これは大発見なので、(案外知ってる人はたくさんいるのかもしれないけど…) 
そのうち「雑記帳」にでもちゃんと書きたいなと思ってる。 
 
なんでアロエをそんなにつくるかと言うと、冬に食べるため。
アロエは血糖値を下げる効力もあるみたいなのだ。
天然のインシュリンに似た働きをするものが含まれ、血糖値を下げ、血流を良くし、腸の働きもよくしてくれる。
 
これらは食べて見ればすぐに自分でわかる。
食べ過ぎたらアロエ。
油の濃いものを食べてお腹がはってエライ時、食べると10分くらいでお腹がすっきりしてくるのでよくわかる。
 
私は冬、防寒をする前に、よく育ったアロエの葉を茎からもぎりとり、(刃物を使わないのが大事。刃物を使って切り取ると、そこから傷んでしまう)トゲを包丁でこそげ取ってから、冷凍する。
冬の間中、冷凍したままのアロエをぱくぱくと食べる。
冷凍してあるので、そんなに苦くもなくいつでも誰でも食べられる。
クリスマスやお正月でつい食べ過ぎる時期には、ほんとうに重宝する。 
そんなにいいなら一年中やればいいじゃんと思うのだが、7月やそこらに植え替えしたアロエは、夏の間はまだ小さくて細くて食べ頃にはならないのだ。 
ビニールや棚に入れて防寒しても、ビニールにくっついていた部分とかは赤くなってずいぶん傷んでしまうので、回復するのにも時間がかかった。 
しかし…今年は、その土から引っこ抜いてビニールに入れてぶら下げておく、という手段が使えるので、期待している。一年中食べられるようになるかもしれない…。 
7月くらいに植え替えしたアロエは、この10-11月くらいになってから、やっと太り出すのだ。9月くらいまではまだ細々としている。とても食べられない。 
来年は、早くに太ってくれるかな。ヘンゼルとグレーテルのおばあさんみたいだな… 
ラベル:ガーデニング
posted by 紫猫 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月18日

くたび…

foryou_7396942856450535a.jpg

■ホームページビルダー、サンプル見てるとろくなもん入ってなくて、 
ろくすっぽ見もしなかったんだけど、それにしては売れてるし、プルダウンメニューくらいはひょっとして隠れてるかもしれない…と思って、いろいろ機能を調べていった。けど…やっぱし、ろくなもんは無かった… 
せめてスクロールバーの色変えるくらいつけといてくれよなー。 
最近当たり前の機能とか全然ないじゃん。 
商売人向けの機能ばっか。 
今日はいろいろやろーと思っていたのに、結局時間の無駄だった(:ヘ;) 
 
■PhotoImpactの機能で、プルダウンメニューが出来ることを、今ごろ発見。 
スライス機能も、今までjpegでしかスライスした画像を保存できないとか、 
いらんHTML作ってくれるからと敬遠していたけど、んなこと無かった。 
ちゃんと、スライス機能の中のパネルからイメージオプティマザを起動出来て、そこからGIF保存できた…。知らんかった〜 
スライス画像、jpegでしか保存できないと思っていたから、すんごく苦労して 
切ってGIFにしてたのに。バカみたい。 
\(^O^)/、わーい スライスしてGIFに出来るのなら、すんごくいろいろ出来そうだ。びんせんメールも簡単に出来そう。(∩.∩) 
 
あー、もう寝なくちゃあ。もったいなかったなぁ、時間。 
ビルダーはくそ。2ちゃんねるふう。 
 
■半日がかりでデッサンのお勉強。…ってしたのは、もう4カ月も前だ。 
いい絵ってかけないもんだ。時間が欲しい。 
■Topでレイアウト枠を使って表示してるテキストエリアの部分が、Googleのキャッシュだと配置が変って表示されてしまうことが判明。 
なおさなくちゃな… 

これは旧21styleの日記から転記したものです

ラベル:日記 ソフト
posted by 紫猫 at 17:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月16日

死んでばっか

foryou_7396942856054189a.gif

■ダイソーの100円ゲームを入れた。のはいいけど、すぐに死んじゃう。 
ほんっとに私ってゲーム下手。自分で言うのも何だけど、タイピングだって早いほうだし、いろいろな動きだって早いほうだと思うのに、なんでゲームは下手なんだろう…。やっぱしゲームって運動神経とかの問題なのかな〜 
運動音痴だったもんなぁ、昔っから。ボール競技なんかは全然ダメだったのだ。走るのも遅かったし。体操系は部活やってたから良かったんだけど…。 
 
下手の横好きの最たる物だな…ゲームは。 
 
インベーダー風のシューティングってこんなんです。 
インベーダーじゃないよ。昆虫だって。昔のインベーダーは殆ど白黒だったような気がするけど…。 
 
SNE Shoutもせっかくゼルダ入れたけど途中で止まってるし、 
The Typying Of The Dead2003も、リカバリーしてから全然やってないし、 
アリスインナイトメアに至っては、リカバリー後は入れてもない。 
これ、つまんないんだ。ゼルダがやっぱし一番良かったなぁ。 
私には100円ゲームくらいでちょうどいいのかも〜 
ラベル:ゲーム 日記
posted by 紫猫 at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月15日

100円ダイソーのゲームを買ってきた

foryou_7396942855856016a.jpg

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘ 
■リンクページにあるものを追加。なんでしょー。見てね。 
■ねこと花の写真も少し、追加。 
 
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘ 
って、ここは更新記録のページじゃないのにね。 
 
■ダイソーで100円ゲームを買ってしまった… 
半年くらい前に、ダイソーで100円CDを買ったのだが、これがはずれで、パソコンで読み込めない…。その頃はまだCDラジカセが部屋になかったので、CDは全てパソコンで聴いていたので、ショックだったのに、なんかつい買ってしまった。インストールはまだしてないんだけどね。ちょびっとぐぐってからインストールしよーかなーと…。昔なつかし、インベーダー風のがあったんで、つい。インベーダーなんて、知らないだろーなー、みんな。

■元彼と一緒によくやった。
時代は70年代、初めて喫茶店にゲーム機が登場した頃の話だ。
この頃シティっぽい喫茶店がどんどん名古屋に出来てきた頃。
 
漫画喫茶が登場したのもこの頃だったような…。
100円玉をゲーム機のテーブルに重ねて置いて、ゲームをしたものだ。もったいないなぁと思ったけど、でも時代…。

とてもいい家族だったので、弟と私と父母と4人で新しい喫茶店が出来るとお茶を飲みに行ったりもした。父母同伴でゲーム機のある喫茶店で、出資者を父にしてゲームをやったりしたのはウチくらいのもんではないか…。 
「親と一緒なんて〜」と今のウチの子なら、言うだろうけど。 
なつかしい、私にとっての「古き良き時代」だ。 
 
■はじめてゲームをしたときは、一発も当てれなくて、「どんくさっ」と元彼に言われた、その時の声まで覚えてる。
ゲームとかスポーツとか、時代にあったものは得意だった彼。
今、このパソの時代にどうしてるかな〜と時々思う。
 
■んで、ぐぐって見た。ら、出てきた…まぁ、医院をやってるので宣伝のページがヒットしたんだけど、なんかなぁ、あいつらしくもないビルダー丸出しのページじゃん。更新ちゃんとしろよな〜(^o^;  
 
でもまぁ、阪神大震災で死んどらん事はわかったので、よしとする。 
 
■カシオのQV2800は、USBでパソと接続する機能が付いてないので、(あるかもしれないけど、部品が高い。かも〜。実はしらない)写真とっても、取り込むのがめんどくさい。メモリーカードリーダーをセットして、メモリーカードをはずして…と、それだけがめんどくさい。携帯ならメールで送れるから簡単なのにな。で、つい、新しいの欲しいなぁと思ってしまう。 
こんなめんどくさがりやには、日記に写真を載っけるってのもたいそうな事なのだ。写真載っけないと、素っ気ないもんなぁ…。なんでもいいや、載せといてやれと、つい思ってしまう私であった。(-_-;) 
ラベル:日記 ゲーム
posted by 紫猫 at 17:17| Comment(7) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月13日

父の命日

foryou_7396942855459670a.jpg

■今日は父の命日である。 
当初の予定では父の残した数々のものたちを、父を愛してくださった道心寺の信者さんや、他の人にも見せたいと思ってホームページ作成を思い立ったはずであった…はずだった…。それとか、一生懸命探した精神世界の事とか、もっと書けると思ってた…はずだった…のに。 
パソコンの事に一生懸命になったら、いろんな事、みんなそっちのけになってしまった(T.T)。ごめんよ、じいちゃん。 
 
■今日は父の命日だから、と思って かねてずっと気にかけてたけど、つい日常に追われて探せなかった本を探した。 
父の蔵書はかなりあり、パソコンを下の部屋に設置するにあたり、ずいぶんたくさんいろいろなものを整理BOXに入れたのだが、その中に古ぼけた本がポツンと一冊、離れてあった。 
「修羅の道」というような題の本だった。何なのかわからなかったんで、そのままBOXの一番上にポンと置いたことを記憶していたのだけど、昔の父のノートの記述を読んでいたら、それが父が若き日に出版した唯一の本だったと言うことを発見。あれ、これは大変なことをした、もう一度探さなくては…と思いつつ、ついその日のばしにしていて、やっと調べに行った。 
 
そしたら…ない。たしか2つ、古い机の下に押し込んだはずのBOXが一つしかない。そうだ…子供のファミコンのソフトがバラバラととあんましたくさん散乱してるので、その内の一つを何かに片づけて、ソフトを入れたのだった…。 
前に入ってた本達は何処にしまったんだろう…覚えがない…捨てちゃったのかな〜(..;)… 
まさかあの時は、それがそんなに大事な本だとは知らなかったんだもんなぁ。 
第一、そんな大事な本なら、ちゃんと教えといてくれれば良かったのに。 
読んで見たいのに。 
父の実家の弟さんが持ってるかもしれない… 
でも、文学青年気取りだった当時の父は、家族からはずいぶん批判的に見られていた、当時としては「放蕩息子」だったらしいから持ってないかも。 
わーん、どうしよう。(;>_<;)ビェェン 
じいちゃん、どこにある? 又、夢で教えてよ〜 
って、たいていこんな時は何にも見せて貰えないんだ・・・・・。 
 
■探してて、いろいろなものを又見ていた。父の残したもの… 
いろいろな記事を丁寧に切り抜いて貼付けた、手作りで装丁した本。 
達筆すぎて読めない旅の日記。ところどころに手書きのペン画も入ってる。 
あの人、絵も描いたんだ〜。 
歌を詠んで、筆でしたためた手作りの詩集。 
早くに亡くなった父の兄の直筆のペン画と、高畠華宵(たかはたかしょう)の絵の切り抜き。心酔してたんだろなぁ、とても華宵に似てる。 
当時の歌を書きつづった歌本。 
父のそんなものたちを、若い日に見て、憧れて、自分もいろいろ高校時代にはマネをした。でもいかんせん、達筆でもないし、文章もへたくそだから、父のようにはどうしてもかっこよくはならなかった。 
昔の文章はかっこいいよね。だいたい博識だったから、すらすらと「カントの○○の○○は○○だが…」なんて入っててさ。私はあんなふうに出てこないんだもん。「えっとぉ、誰だったかなぁ…ホラ、▲の顔したホラ、あの人がさぁ、言ってたじゃん…なんとかってぇ」なんて風にしか出てこない。 
あの人は記憶力良かったよなぁ。 
 
■私は父と一番よくぶつかり合った。四人の兄弟の中で、一番。 
それでいて父のそんなものたちを一番気に入って、マネしたのも私一人だった。住所録は筆まめになるまでずっと父が考案したものをマネして作っていたし、フランス綴じの本にした手作り歌集も作った。しかし、父の歌集やアルバムには「○○氏より伝授。○○氏、昭和○○年、サイパンにて玉砕」とかって入ってて、もうそこで、ずっと重みが違っちゃって。。。私らの年代なんかじゃ、とっても出てこない言葉だよね。 
 
■あれから30年近くの年月が流れた。結局私は父に追いつけない。 
結局あの日のまま。あこがれは遠いまま。若き日の父への思慕が募る。 
私が争ったり、軽蔑したりした部分の父とは別の人間のように私の中で生きている。そして…人は黙って去っていくんだね。 
…人の思いは、何処に行くんだろうね…いつも思うの。いつも。 
  
■父が若い日に、瀬戸の映画館で見たあまたの映画のパンフが残っている。 
パンフレットというものでもない、映画館の宣伝も入った印刷したものだ。 
こんなものもいつか、スキャンしてアップ出来たらなぁと思うんだけど、あー、私の老後の仕事にでもなりそうな気配だ…。 
 
…しかし…あの本は、何処にいったんかな〜。読んでみたい。 
ラベル:日記
posted by 紫猫 at 17:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月11日

今日はつながってる…

foryou_7396942855063324a.jpg

■くったりラック。この姿勢でかたまってるんだから…かわいい…O(≧▽≦)O 
 
■ここのところちっともインターネットがつながらない。昨日も、書込しようとしてもすぐにLANが切れてしまう。ADSLになってからネットは殆ど自分のHDDの感覚で使えているので、こうやってつながらなくなると、ほんとにめんどくさい。孤島に置き去りにされた感覚だ… 
■多分Yahooの問題だとは思うんだけど、つい再接続してみたり、LANカードを抜き差ししてみたり…そんなこんなですぐに一時間ほどは費やしてしまう。 
夜中になるとつながるようになるので、やっぱし混んでるのかな〜 
 
近所にもたくさんADSLユーザーが増えてるみたいで、XPのネットワーク機能をのぞくと、家の他に2本の接続先を拾っているのがわかる。近所に1本増えるごとにネット接続が遅くなっているように思えて仕方がない。 
そんでもって、そのご近所さんというのは二軒ともWEPの設定がしてないのだ。こんなにセキュリティが騒がれているというのに…。あんましつながんないと、つい頭に来て接続したれ〜とか思ってクリックしてやったけど、つながらなかった…もっとスキルが欲しいなぁ。おい…バキッ!!☆/(x_x) 
 
■2ちゃんねるって「ツーちゃんねる」だと思ってたら「にちゃんねる」なんだね。知らなかった〜。昨日は「企業の○○まるみえ」ってスレを見に行った。 
すげ〜と思った。そうそう198,000円のパソを丸紅が19,800円で1500台も売ることになったって事もついていた。担当者どうなるんだろう…。 
 
そうなんだ〜(^o^;けっこう危ないことが好きなんだよ〜。実は。

これは旧21styleの日記から転記したものです
 

ラベル: ネット 日記
posted by 紫猫 at 17:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。