2004年01月29日

もの

■いーでじのニュースにつられて、つい「安いから買っておこう」とドライヤーを申し込んだ23日の3日後に15年間使っていたドライヤーが、壊れた…。 
もちろんもう買わねばならないと思ってはいたのだけど。 
 
いつも壁に掛けてあるため、ドライヤーからコードの出ている接続部分がいつも同じ箇所で曲がる事になり、そこのコードがいかれてちぎれかかっていた。 
ビニールテープで止めてなんとかだましだまし使っていたのだけれど、スイッチを入れると変な音がするようになったので、もう限度だなぁ、夜中に壊れても困るし…と思い立っての申し込みだった。 
 
ところが、画面では「即出荷OK」となってたはずなのに、支払い確認をしてる間に在庫がなくなったらしい。2月上旬「以降」の出荷になりますだって〜!! 
おまけに同時注文したフラッシュメモリは、よく見てみると1月下旬発売の製品でメーカーの出荷が遅れているから遅くなります、と連絡が来た。 
カメラはすぐに届いたのでそんな気でいたら、なんて事だとがっかりしていたら、その次の日に職場に子供から電話が入った。 
 
「ドライヤーが溶けてるよ〜。めっちゃくさいもん〜。」 
 
帰宅後確認。なんとビニールテープで止めた箇所のあたりの皮膜ビニールがにょろにょろと溶けて、変な匂いがしてる。わー、もうだめだ…とてもあと一週間はもたなさそう。 
…というわけで、くやしさいっぱいながら昨日イトーヨーカドーで1450円の廉価もののドライヤーを買うはめに。 
 
■しかし…「もの」というのは、なんて「自分の役割」を知っているのだろう。 

いつもそうだ。「そろそろだから」とか、「ひとつしかなくてもしもなくなったら困るから、もう一つ用意しておこう」とか、そんな事を考えて「次のもの」を用意した途端に、「もの」は壊れたりなくなったりするのだ。 
 
「もう、私の役目は済んだんだね」と言って、だまって去っていく。 
 
たった一つの、その「もの」を大事にして、なくなったり見つからなかったりしたら大騒ぎして探して使っている間はちゃんと役に立ってくれている。 
 
ところがサブを用意した途端に姿を消して探しても探しても絶対に出てこなくなったり、壊れたり…。 
考えようによっては、「もうすぐなくなるから次を用意しておいた方がいいよ」という虫の知らせみたいなもので次を買ってくるのかもしれないけど、多分違うと思う。 
「もの」が自分で去っていくんだという気がする。 
 
ものがなくなったり「いのち」を終えてしまった時、
その時にはじめて、長い間お世話になっていながら新しいものに気が移ってしまった自分を恥じ、悪いことをしてしまったなぁと気がつく。 
 
今度だってもしも私が申し込まなかったら、きっとドライヤーさんは、もうちょっと頑張らなくっちゃと思ってくれたのかもしれない…。 
 
■15年間お世話になったドライヤー、間違って子供がつけてもいけないと思い、「ありがとうございました」とお礼を言って、不燃物入れに入れた。
 
15年間…下の娘が生まれた頃からずっとずっとお世話になった。 
 
下の娘はアレルギーっ児で普通のミルクは飲めなかった。 
大豆もだめだったから豆乳のミルクもダメで、重度アレルギーの子用に作られたアミノ酸まで分解されたミルクで大きくなった。 
 
そのミルクは400グラムで3300円した。

普通なら700円くらいで買えるサイズの小さい缶だ。本当は4000円以上したのを、白沢ドラッグの店長さんが気の毒だと言って特別に安くに売ってくれた。 
それでも一ヶ月のミルク代は2万円を超えたから、白沢ドラッグのスタンプはあっという間にたまって、このドライヤーと交換出来たのだ。届いたドライヤーはナショナルの当時としてはかなり良い製品だった。たくさんノズルもついていたものだったけど、結局そのノズルは殆ど使われずにほこりをかぶっていた。 
 
不燃物のハコにコードをくるくる巻いてからそおっと置きながら、そんな時代の事がよみがえった。 
それから母が亡くなり父がいなくなり、子供は無事成長してくれた。 
30代の間は明日は無限に続くものと思って日々を生きてきたけれど、最近気がついてみればもう半分以上終わってしまった。
 
明日、何かが出来ると夢想しつつ、
ついにたいして何も出来ず日々に流されて来てしまった。
そんな家族の歴史を横目で見つつ、ずっと働いてきてくれた同胞との別れみたいなものだ。なんだか淋しい。 
 
そうだ…写真を撮っておこう。でも今夜はもう遅いから明日。 
 
■そして…今日、「いーでじ」からメールが来た。
今日発送しました、だって。なんだよ〜(:ヘ;) 
おととい「2月上旬以降」って言ったじゃんか。 
2日の事ならくるくるドライヤーもあるから待ったのに。もうネット注文は懲りた。やっぱし近所の店で手にとって確かめて買う方がいい。 
つくづくそう思った。結局1450円と3900円で5500円近い出費でフツーの買い物になってしまったじゃん(T.T)…頭に来る。 
 
■そういいながら…HMVでもCDを注文してある。こちらもまだ届かない。 
posted by 紫猫 at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月24日

AllegrettoM700で初撮り

foryou_739714226109573a.jpg

■新しく買ったAllegrettoM700で…またラック。しかもオネム。 
またかぁって感じ。
 
…柱でガリガリしたり、人が通るたんびに手をかけてこうなごをおねだりして 
「くれっ!!」と請求したり、のび〜をしたり、のんびりおめかししてるラックを撮りたいと思うのだけど、カメラを取りにいってる間に終わってしまうだろうし、人がそばにいると安心しておめかしをはじめ、ついでにこっちの顔もぺろぺろしてくれるし、そんなかわいい時はそばから離れられないのが実状で…。いつもラックのいいシーンはとれない。撮れるのはじっとしてくれてるこんな時しかないんだもん。
 
■小さいサイズにリサイズはしたけど、補正とか何にも手は加えていません。 
感想は「とてもきれい」。QV2800の画像と比べてみるとクリアな気がする。 
でもでも…室内でズーム撮影しようとしても、大写しにすると見事にオートフォーカスは合焦しない。なんてこった!!
 
■QV2800はWide側とTele側のマクロ最短距離がおんなじだったので、被写体にうーんと近づいてズームを最大にすると、たとえば花のめしべとかも大写しで撮れたりした。
だけどこのM700はWide側は10p、
Tele側は90pなのでぐーんとズームして小さなものは撮れないことがわかった。うそーって感じ。配偶者に聴くと、それがフツーだと言う…知らなかった。いつも何の相談もせずに勝手に買ってしまうのでこういうことになる。くどいようだけど花と猫しか撮らないのだ…意味ないじゃん〜(;>_<;)ビェェン
 
こうなったらクローズアップレンズとかを買うしかないのかな…

うーん、カメラの事は全然わかんないんだ。 
言葉少なな配偶者は、聴いたことくらいしかしゃべらないのだ。 
聞いてみようにも聴くだけの知識もないから何を聞いていいのかもわからない。
こういうのって買う前に考えることなんだろうなぁ…
 
■でも…いろいろ文句を言っていたけど、とれた写真をみてちょこっと嬉しかった。なんか「きれい」だから。 
これを機会に、少しは写真の事もお勉強しなければ…。 
でもオリンパスとかキャノンのカメラと違うので、(東芝)
ユーザー同士が相談し会えるようなサイトも東芝にはないし…(x_x)。 
★★★カメラについてきたACDseeというソフトをインストールした。 
Vixを使っているので他の画像閲覧ソフトはいらないと思っていたけれど、かなり便利だと言うことがわかった。
 
プリンタ・スキャナ・画像編集ソフト等々を買うたんびにこんなアルバムソフトがついてきて、インストールを選択できるものはいいけれど、勝手に全部いれてくれるものはうざい意外の何者でもない。
(エプソンのなんてほんっとにウザイ。だいたい画像形式独自だからつかいものにならないし〜。)
だから今度も入れるのをとても迷ったのだけど、横向きにとった画像を縦にするだけで劣化するjpgの、この「向きを変える」事での画像劣化がない、と書いてあったので入れてみた。
 
しかし…どうやってこれを実現しているのか…というのは何処にも書いてないし、添付ソフトは3.1なのでどうもこの機能は付いてないらしい。 
残念〜。
 
■最近年だなと痛感するのが、「新しいソフトを入れる」のがめんどくさいと思うようになったことだ。
1年前くらいまではソフトが欲しくてほしくて、良さげなオンラインソフトが出るとすぐに試して使ったりしてたのに、最近は今できあがっている環境に満足してしまってる。
ていうか、新しいソフトの使い方に慣れるのがめんどくさいのだ。
ヘルプを読むのもめんどくさい。
以前は斜め読みで殆ど使い方は理解出来たのに、今は気がついたら「字」だけを追っていて意味はてんでわからないで「あれ?」と言うことが多くなった。
 
何本かオンラインソフトを続けて入れた時なんか、自分で何を入れたか覚えていなくて、ファイルの整理をしてて「こんなん入れたんだ〜」と気がつく始末。これが「お年」のサインなのかな〜と、自分でつくづく思ったりする。 
posted by 紫猫 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月23日

WEB-SHOP

先週楽天のお知らせで、光学10倍ズームのデジカメがいーでじで29,800円というのを見て、めずらしく即購入してしまった。 
楽天で「堂々一位!!」というのを見て、そんなにたくさんの人が買っているなら、多分間違いはないのだろう…との安易なのりで買ってしまった。
 
今度買うデジカメは、
コンパクトで持ち歩きが気軽に出来て300万画素以上で…と、
いろいろ考えていたにも関わらず、結局前のカシオQV-2800とおんなじようなズーム機能主体のものを買ってしまった。
おまけに、どうも室内などの暗い場所でのオートフォーカス機能が合焦しづらいとか、後からいろいろ評価を見て、ちょっと落ち込んでいる。
もう届いてしまったのだけど、たしかにオートフォーカスが決まらない。日中家にいないで、殆ど室内の猫くらいしか撮らないような人間にとって、室内のオートフォーカスがダメなのでは、使いようがないではないか…。
でもまぁ、デジタルとあわせて40倍ズームというのは魅力的だし、価格COMの評価でもバランスのとれたグラフをしてはいるのだけれど。
 
 おまけにこの「ネットで買い物」という気軽さについつられて、つい今日もいーでじでお買い物をしてしまった。
今度はマイナスイオンドライヤーが3980円というのを見て。。。

大きいドライヤーはもう15年近くも使っていて、これが最近へんな音をたてだした。
コードも一度曲げて壁にかけてある所から断線、ビニールテープでつないでだましだまし使っているので、いきなり使えなくなっても真夜中なんかだととても困るので、予備軍としてマイナスイオンで日立で4000円なら安いじゃん、と購入。

 お店であれこれ選ぶときは、3000円を超えるとう〜んと考えて、「今度にしよう」とか思うのに、どうも活字で数字を見ていると実感がわかない。 
実際にお財布からお金がでていく訳ではないので、つい気軽にほいほい買ってしまう。後から合計してみたらぞっとする金額になるのだろうな…。
 
カードは嫌いなはずだったのに。
 
「いつでも買えるから今度にしよう」とおもいながらドライヤーを15年も使ったのだからいいじゃんと(しかもこのドライヤーはスタンプをためてもらったものだ…たしか)自分を慰める。
 
 実はジャズのCDも欲しくなってしまったし、暮れにはプリンターを衝動買いしているし冬服もかなりカード購入してる…。大丈夫かなぁ。 
今は子供の入試で徳が必要な時なのに、こんな事してていいのかと自問する。
 
と思いつつ、やっぱしコンパクトデジカメもいるぞ〜、と心のどこかで誰かが叫んでいる。

やばい…。

私も欲求不満をお買い物で解消する主婦の仲間に成り下がるのか…。肝心のPCはまだ決まっていないのに。
posted by 紫猫 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月17日

猫の儀式

foryou_739714224722362a.jpg

■猫は、毎回同じ事を同じようにするのが好きらしい。 
 
朝私が洗面所に立つと、歯磨き用のコップの水を飲みに必ず洗面台の上に乗りに来る。これが決まり。 
ちょっとでもタイミングを外すと、プイッと、行ってしまうのだが… 
そして飲み終わったら、「抱いて降ろされるのはイヤ」というフリをして、 
そのくせ一瞬、待っているのだ。抱き上げたら、「ミャー」といやがるフリをする。これが決まり。

缶詰の缶を開ける間は台所の台に手をかけて、私が頭をなでてやるまで待っている。撫でてやると手を下ろす。これが決まり。
 
目があったら、私が追いかけるのを期待して、逃げる。 
私が帰宅したら玄関ドアのところでのぞくようにして待っていて、 
「ラック〜♪〜」といって私が駆け寄るのから逃げる…のが決まり…だった。 
以前は二階まで逃げてって追っかけっこをするのが好きだったのだけど、 
最近は帰宅も遅く、7時半も回りそうだとこちらもあせっているので、
ラックにつきあっているヒマがない。それで、「ラック〜」と声だけかけて、 
私はとりあえず台所へ…。
 
ラックは「追いかけっこ」がしたくて、何度も台所に呼びに来るのだが… 
鍋を火にかけるとか、野菜を切るとか、時間の一番かかると思われることを 
まずやってから、やっとラックの相手をしてやることとなる。 
かわいそうだと思うんだけど…
 
いつも人間の都合で、「きまり」は破られる。
 
朝もゆっくりラックが水を飲む時間を確保出来ないときもある。 
そんなとき、「困った…」と思うと、その瞬間、猫はこちらの心を察知して 
プイッと、洗面台の上から降りてしまう。 
「助かった…」と思うのと、「淋しい」と思うのと同時である。 
 
ラックが小さい頃、よく綿糸でできた袋物の口に使うヒモで遊んだ。 
先を結んでおいて重しにする。ヒモをラックの近くに投げわずかに動かしたりゆらゆらしたりすると、ラックは獲物を捕まえる仕草をして飛びつくので、 
瞬時を見計らってヒモを引いたり、跳ねるように動かす。 
うまくラックが「獲物」を捕まえたら、いい子、いい子。 
うまく捕まえられなかったら、ラックはもう一度「待機場所」に戻る… 
というゲーム。
 
昔はこれでかれこれ30分ほども遊んでいた頃もあった。 
そのうち私もパソコンにへばりつくようになり、ラックと遊ぶ時間も減った。けどラックはちゃんとこれを覚えていて、 
私がヒモを手に、ラックをいたずらっぽく見ると、
必ずあの頃遊んだ
「待機場所」に姿勢をひそめて、待つのだ。これがラックのきまり…。 
 
そんなラックを見るとおかしいと思うのと
今たくさん遊んでやれなくてごめんと思う気持ちと、同時だ。 
 
たくさん、私は「きまり」を破った。
 
昔は玄関から外に出したけど、今はケンカして帰ってくるので出さない。 
玄関に立って「出して〜」というのはもうラックは止めた。
 
夕方の食事も最近は配偶者の役割に変っている。7時に私が家にいない。 
だから「缶詰のフタを開ける間、台に手をかけて待つ」というきまりも今はする機会がない。
配偶者に同じ事はしないのだ。 
それは「私とラックのきまり」なのだから。 
たま〜に、私が缶詰をあける機会があると、やっぱしラックは 
ずいぶんとお久しぶりでも、ちゃんと同じように手をかけ、 
「ナァ〜」とないて、頭をナデナデしてもらうまで待っている。
 
私がマジックボールを手に持てば、
小さい頃マジックボールで遊んだ場所まで、ゆっくりゆっくり歩いて行ってから、待つ。 
私がマジックボールを投げるまで。
 
私が寝る前にフトンにラックを引きずり込むと、 
頃合いをみはからって逃げだし、二階のはしらでガリガリガリもきまり。 
あんまし遅くなりすぎてあせってラックを探しに行ってるヒマなく 
フトンにもぐりこむと、ラックはたいてい二階に誘いに来る。 
つかまってフトンに引きずり込まれてから逃げてがりがりをするために。
 
最近はむしろ逃げゲームになって殆ど捕まらないのだが…
 
私の方の体力も落ちて、いつまでも追っかけっこができないという理由もある。 
ラックは追っかけっこがしたいのに…ね。 
ラベル:
posted by 紫猫 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月13日

PCの値段

■「PCって安いんじゃん」と言うと語弊がありそうなので言い訳しておく…

■今30万円までの備品等の購入は取得した年度で一度で償却のできる「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」という制度が、平成15年4月1日以降適用出来るため、お客さんでよくPCを買われる人が多い。普通なら、20万円超だとPCの場合4年償却になるところ、買った年に一度に経費に落とせるからだ。
 
で、そこで出てくるPCってのが結構27〜28万円くらいしてる。
 
でも、お客さんのとこへ行ってみてくると、結構フツーのパソコンだったりするのだ。まぁ、買われた時期によって変りはするけれど、だいたいCPU1.6ギガ前後で店頭でよく見るタイプのものを買われる方が多い。
 
デスクトップにわんさといらないリンクやアイコンがはいってるタイプの奴だ。なんでか地元のパソコンサービス会社なんぞで後々のサポートを考えて…とか言って買う人が多いので、実はめちゃ高かったりする。なんでPC専門店で買わんのじゃ、なんで一言きいてくれないんじゃとか思ったりする。 
(うー、まだ私のパソコン趣味がお客さんに浸透していないなぁ…) 
設置サービスに5万円とか取られてて、設置って…線つなげるだけだろ〜、 
初期設定って…質問に答えて入力してくだけだろー、といつも思ってしまうのだが。
 
 買う気のない時はショップ情報など目の毒なので見ないようにしてる為、こんな例ばかり仕事で見ていると、やはり最近のPCもフツーもんで30万弱するものなんだと思っていたのだ。はじめて買った時代は30万越が当たり前だったのでその印象もある。 
それ故の「PCって今安いんじゃん」発言です。 
「私にとって安い」んではありませんので誤解しませんよう… 
 
■しかし、よく考えてみると一階に高スペックパソを買ったとしても、私は使わない。私はこのノート。 
結局ゲームしかしない子供にそんな高機能パソなんぞいらねぇじゃないか、と次の日、ケンカして思ったので、結局そのままになっている。 
…実はゲームだから高スペックがいるんだけど…ね。 

posted by 紫猫 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月12日

デスクトップPCの買替えに悩む

■毎日毎日、ブルーバック状態でフリーズする一階のデスクトップ。 
そんな状態が続くのなら、まめにHDDの掃除したり、すこしでもリソースを 
増やす工夫をしてくれて、少しはパソの事も研究するかとおもいきや、 
我が子はどうも父親似で、なにか事が起こっても、何も知ろうとか、 
研究してどうにかしようとはしないタイプらしく、毎日同じ事を繰返している。「そういうもんだ」とか「そのうち誰かがどうにかするだろう」くらいにしか感じないらしい…まさしく、配偶者の血なんだろう…情けなや。 
 
今はADSLで、ネットで調べものするのでも、簡単に出来るのに… 
私が仕事と家事と家庭の運営すべてを管理して、 
なおかつ誰も訊ける人のいない環境で、一から本を読みあさり、毎晩明け方の 
4時くらいまでかかって遅い64Kbのネットで調べものをした事を思えば、 
ヒマそーにゲームばっかしやってるくらいなら、 
それくらい自分で少しは研究しろよと言いたくなるのだが、 
口をすっぱくして言っても一向に変わらない… 
これを読めと言って渡した本も、手をつけてない様子だ。 
それでも、まだ長男が一番話が通じはするのだが…○○に至っては… 
 
■と、とにかくそういう状態なので、HpとDELLを見に行った。 
ていうか、自分でいろいろ選択できるのって、デルとHpしか知らないから。 
東芝も見に行ったけどノートだけだったし、富士通とかは 
ビデオカードが選択肢に入ってない。 
デルのは、欲しいものを入れていくと結局高くなってしまうと 
以前に思っていたので、今度買うならHpのD330SFにしようかな… 
と思っていたのだけど、 
デルのインド支店がプッタパルティにあるという記事を読んで、 
ンン?と思って、デルも選択肢に入れてみたくなった。 
 
プッタパルティとは、だぁれも知らないだろうけど、サイババの本拠地なのです。 
「えっ!!サイババの本読んでると出てくる、 
アメリカの某大企業の社長さんって、デルの事だったのかな〜 
Dellの社長さんって、サイババの信者さんなのかな〜」 
と思ったらなんか親近感がわいた。 
そんならいいかもしれないって、見に行ったけど 
なんか一年前とは様変わりしてて、いろんな訳のわからんものが選択肢に入ってて選びにくい。 
かてて加えて、選択したものを印刷できない。 
Hpはページごと印刷して比較できるようになってるのに…とてもうざい… 
 
それと、DellはOFFICEの選択肢は2003のみ。 
XPていうのが2002の事じゃなかったっけ。Hpはどちらも選べる。 
officeも覚えた頃に変わってくれては困る。子供にも自分と違うものでは教えられない。 
 
USB2.0コネクトが6個もついてるし、やっぱしHp d330SFかな〜とは思うんだけど、しかし…今あるSCSI40ギガのHDDを接続するパスのあきがない… 
ハイパフォーマンスタイプの大きなPCを置くスペースはないし。 
ほんとにこういうのって、「帯に短し、たすきに長し」だ。 
なかなか思い通りにいかない…。 
だんだんめんどくさくなって来る。 
できあいを買おうかな…とかと思えてくる。 
でも、Hpだと最高スペックにしても税込27万ちょいだった。 
やっぱし安いなぁ。電源がちょっと心配だけど。 
って…今時のパソコンがいくらしてるのか、実は知らなかったりするんだけど。それにしても、Hp d330SFって去年の9月頃から一緒じゃん。 
変わんないのかな…まだ… 
あー、悩むよ〜。誰か組んでくれないかな〜 
他見に行ったら…今ってやすいんじゃん。 
知らなかったぁ。でもG-ForseFX載せられるのってあんましないんだね。
 
posted by 紫猫 at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月11日

環境の差

foryou_739714223533324a.jpg★おねむラック…携帯で。
 
 
■年末調整事務がやり切れていないので、休日出勤。本当は昨日だって行かなくちゃいけなかったんだけど、つい…更新に時間をかけてしまった。 
■帰り際に違う環境で見たらどうなるかな、とHPを開いてみてビックリ。 
事務所のPCは1998年の型で、昔の15インチCRTモニタ。800×600の解像度画面だし、CPUはAMDで300くらいしかないので、いつもRolandのMIDIも切ってある。接続回線はまだ64kのモデム。そんな環境で開いてみると…まずTOP画面のボタンの配置が乱れる。 

自宅の環境で、ブラウザの幅を小さくしてみたり大きくしてみたりして、ちゃんと小さくても並ぶことを確認したはずなのに、topのボタンは3つ並ばないで、縦に2こ、1こ…と並んでしまう。
 
猫ページのMidiはデフォルトのなにやら知らないトコのMidi音源で、それで聴くと、まるでピアノを習い始めて3カ月の幼児が右手の人差し指一本でタンタンと弾いてるような音に聞こえる。。。。 
万華鏡のページの画像を全部読み込むのに数分。
 
…環境の差って恐ろしい。実は自宅の下のデスクトップだって1999年製だから年代的にはさして変わらないんだけど、
実はこの1998年秋と1999年秋ではものすごくいろいろな規格とか標準が変わった時だったのだ。…多分。
今は姿を消してしまったISAバスまでついている。モニタが液晶主流になり、PCが単なる事務用品から音楽や映像を楽しむための道具に変わりつつある過渡期だったのではないかと思う。
 
■事務所のFMVはそれでもお利口さんで、最近はフリーズ知らずで、日常の仕事面ではサクサクと快適に動く。XPよりよほど処理も速い。 
それでも…もう、変え時なのだな…とつくづく思った。 
なんかかわいそうだけど。 

自宅一階のデスクトップも毎日青画面フリーズしてる。こっちを先に変えないと、毎日子供からクレームが来る。 
自分はさっさとノートに乗り換えてしまったのでどうも本気だして探す気になれない(笑)。どうせまたカスタマイズだの整理だのは押しつけられるだろうし…データの移動の事を思うとどうにも気がのらない。 
 
■NHKの新撰組を初めて観た。「おーい竜馬」を読んで幕末のおもしろさを初めて知ったのだが、どうもマンガのイメージが強すぎて、キャストの面々のイメージ違いが苦になって仕方がない。近藤勇は主人公だからいい男に描かれていても仕方ないけど、土方があれはないだろう、とか。土方はもっとクールな男っていうイメージが強い。沖田はもっといい男にしてほしかった…。 
でも、総じて若い俳優が演じているのはいい。
 
昔私達の若かった頃、映画もテレビもみんな「いい年したおじさん、おばさん」が歴史に名を残した人を演じていた。年をとってからの役も演じなければならないのはそれでも仕方なかっただろうけど、若くして死んでしまった人でも、かなりの年齢の人が演じていた。
 
それで、「○○はこれくらいの人」というイメージができあがってしまっていた。

一番おとしのイメージの強かったのが宮本武蔵。
吉岡一門と張り合っていた時が20才そこそこの若者だったとは…「バガボンド」を読むまで知らなかった。
 
 だから「名をなす」とか、「何かをやり遂げる」人というのは、「おじさん」になってからなのだと、なんとなく思いこんでいた。 
…気がついてみたら、ちがうじゃん!! 
何かをやろうとしたら、若い時こそがんばらねばならなかったんじゃん。
 
ドラマを作る人は、そこのトコまで考えて配役してほしいよ…
 
 ん…それにしても新撰組の配役に高杉晋作は出てないんだな〜 
posted by 紫猫 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月04日

お正月がすんじまったぜ

■やっと日記ページをひらいた…4日も終わってしまうという今日になって 
やっとだ・・・・。我ながら情けないっす。 
 
とりあえず… 
 
おめでとうございます〜 
 
今年もよろしくです〜m(_ _)m 

 
本来なら、お正月のご挨拶ページとかを年内に用意して、 
31日にアップするだとか、年賀状の作成時期にあわせてあけおめ画像を載せるだとか、いろいろやるべきだったんだろーけど〜 
… 
なんにもする気が起こんなかった…。 
 
28日くらいから、なんか左目の調子が変で、一時間もパソコンに取り組んでると、マジで目が痛くなって、頭までがんがん痛くなってきて、どうにもパソコンができなかった…という理由もあるんだけどね。 
なんでかな〜。バッファリン飲んでもすぐにもとに戻っちゃうんだ… 
緑内障とかじゃないわね〜(..;) 
 
■子供の頃にしみついた印象で、お正月というと 
「〜♪〜お、お、おっ正月〜♪〜」って感じで、なんかたくさんお休みがあると勘違いしてしまって、つい、なんかいろいろできそーな気がしてしまって、「お正月になったらこれやって、あれもして〜」とか思ってしまうんだけど… 
現実は、元旦は31日に寝るのがたいてい3時とか4時とかなのでつい朝寝してしまうし、(今年はたしか5時だったよーな)。 
お屠蘇さかずきいっぱい飲んだら酔っぱらう人なので、たらたらして年賀状をつらつらながめて、出してない人に返事書いてるうちにすぐに2時くらいになっちゃうし、夜は夜で恒例の「かくし芸大会」見なくちゃいけないし〜。うん、今年は昼間も「WaterBoys」見てしまったんだ(T.T) 
又親戚まわりも行かなくちゃいけないし、人も来るし、暮の大掃除にかまってやれなかった植木たちの世話もしなくてはならないし、そんなこんなで、結局なにも出来ずに終わるのが常。 
 
あー、正月にあっちこっち行ったり、福袋買い回ったり、 
旅行したりとかする人ってすごいなーと思う。 
よー、めんどくさいのにやるわ〜と、つい思う。 
 
わたしゃ、ここ十数年、ずっとこんな調子なのに、なんでか「お、お、お正月〜♪〜」というイメージだけは払拭できないでいる…子供の頃の印象というのは、大きい。この年になっても、ぬぐいきれないものなんだ…。 
 
お正月なんて、めんどくさいわ、金は出てくわでちっともいい事なんかありゃせんのになぁ。 
でもまぁ、とりあえず暮れに少しはマジで掃除をするおかげで、少しは家の中がきれいになって、これは嬉しい。 
2日間、まじで掃除すれば家が綺麗になるのなら、いつもだって掃除くらいできそうなもんなのに、なんで出来ないのかな〜(..;)と我ながら、思う。 
 
■今年は、元旦から配偶者が長島のジャズドリーム出演とかで、朝っぱらから出てっちゃって、子供は夜更かししてるから起きないし、 
って事で、元旦からたらたらしてて、ますますお正月って感じじゃなかった…。結局、ジャズドリームも見に行かずに済んじゃったし。 
 
子供時代はきれいになった机が嬉しいし、なんか一年の計は元旦にあり、と言われてたから、張り切っていろいろしてたなぁと思い出す。 
家族で百人一首大会とかしたりしたし。だいたい、私が寝るより遅くに寝てるはずの両親が、お正月に起きると、綺麗に着物を着てて、いろんな飾り付けもしてあってとても不思議だったのを憶えている。 
親がちゃんとしてたからゆえのお正月だったんだなぁとつい思う。 
 
■猫ページに音楽つけようと思ってMidi探してるうちにあっちこっちふらふらして結局見つからず、結局なんにもできなかった〜 
明日から仕事だぁ。更新もしてないし〜(T.T) 
年賀状で、何人かにアドレス連絡したのに… 
やばいぞー。 
posted by 紫猫 at 19:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。