2004年06月30日

東中学の事件

■昨日、「東中学に刃物をもった男が侵入」というニュースをやってたらしい。たまたまテレビも新聞も見ず、事務所で話題になった。 
 
へーーーーーっ!! 
我が子がこの間まで行ってた中学校じゃん。 
で、第一感想。 
 
「やれやれー」です。\(^O^)/ 
でもなんか校長がなだめて、校長室でおとなしく話してたって、 
帰宅後新聞で見た。なんだ…。 
なんか校長の株、上がってるし。 
 
でも、「やれやれー」と言いたくなるくらい、あの学校の教師共は 
DQNなんです。中にはまともな先生もいましたが、 
子供の担任くらいしか対面で話したことはないけど、 
試験の評価の仕方とか、子供の話から伝わる感覚が 
まーーーーったく、嫌い!!でした。 
二人の子供とも、今高校になって、楽しそうに学校に通っています。 
中学の時は、二人ともいろいろありました。 
一番多感な時期、いろいろ悩み、迷い、 
価値観の育つ時期に、あの学校の生徒であった事が悔やまれます。 
 
あー、もう時間がない…。ので今はこのくらいにしておこう。 
2チャンでなんか記事のってないかな〜と、昨夜は遅くまで見ていたけど、 
さすが地方のどーでもいいよーな記事については 
たいしたスレもみつからず。(ひとつみつけたけど) 
遅すぎたのかな…つまらん。 
posted by 紫猫 at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月28日

瀬戸のガス事情

◆昨日、「瀬戸はまだプロパンが多いから、都市ガス対応のガス機器が 
瀬戸のヤマダ電機に少ないのかな」と書いたけど、今日事務所の瀬戸人に聞くと、もう何十年も前から、都市ガスだという。 
「みんなもう都市ガスだよ〜」とのこと。一部地域では、プロパンも残っているらしいけど…。 
 
ひぇ…すんませんでした。 
 
つまり、都市ガスの人が多いから、プロパンばかり残っていたという 
事らしい。 
そんだけヤマダ電機、はやってるって事なのかな。。。 
いつ行っても、駐車場いっぱいだし。 
 
瀬戸の人には、とっても失礼な事を言ってしまった。m(_ _)m… 
ごめんなさい。 
posted by 紫猫 at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月27日

なんだか頑張った1日…

◆今日はめずらしく、なんかいろいろしてた。いつもの日よーびはPCに張り付いてアンケートなんぞ答えてる内に1時…なんてざらなのに。 
 
◆まず、日曜日の10時半という、私としては驚異的に早い時間(?)に 
エプソンダイレクトのサポートに電話をかけた。 
この「土日に電話できる」というのは本当に有難い。ってこれは最近では 
「当たり前」になって来たのかな? 
昔富士通のパソを選んだのは、「土日にサポート電話ががタダで掛けられる」ということだった。土日に対応してくれるとしても、延々テープだけ聴かされて小一時間も待たされるのに、0120で始まる電話でない時には、とてもかける勇気は出ない。そんな親切だった富士通も、その後3回までとか回数の期限をかけて有料サポートに切り替えてた。今はどうなんかな。 
 
◆エプソンダイレクトのサポート電話は0120ではじまるやつで、土日も掛けられるようになっていた。5分ほどで程なくつながる。頼りになりそうなお兄さんの声だった。これも有難い…。(まぁ今回は頼りになる人だろーが頼りにならなさげな人だろーがカンケーないんだが…) 
 
「あのー2月に買ったパソコン、壊したんですけどぉ。」と言うと、 
「どうされましたか?」と聞かれた。 
ちゃんと保証の対象になるものかどうか詳しく聞いて、だめですねぇ…とか、 
「お買いになられたショップでの対応では保証は使えませんでしたか?」とか聞いてくれた。 
こういう時私って物わかりが良すぎで、たいていはしょってダメですからいいです、とかって言ってしまうのだ。そいで損したこともしょっちゅう。 
でも穴まであいてて、自然に壊れたとは言えないもんな〜。 
 
◆ビックリしたのは、「それでは明日の午前中に引き取りにうかがいます」と言われたこと。はやっ!! そいで修理完了は、一週間後くらいなんですと。 
これも思ってたよりもずっと早い。 
…つまりは、早くにお金が必要って事だよな〜とか、一瞬考えたりもしたのだが…。 
今までのパソの修理というと、ショップ持込みで2週間以上したので、とってもびっくりした。これで自宅玄関まで引き取りに来てくれて、届けてくれるって言うんだから…。もぅ、とーーーーっても有難い仕組みだなぁと思った。 
 
ただ、持込みだと、パソをまんま担いでポイッと車に載せ、ショップのカウンターによいしょと乗っければいいんだけど、運送屋さんに託すとなると、「梱包」をせねばならない。これがめんどい。箱はちゃんと置いてあるけど、梱包剤の「組み方」がたいていわからない。もう、これってパズルだもんね。 
扇風機とかはしまい方って親切に箱についてるけど、パソってついてない。 
モニターの返品の時は、子供の友達も含めて4人くらいであーでもない、こーでもない、と向きを変えたり組み方を工夫したり、とっても苦労したので、 
「梱包剤、とってありますか? 梱包しといてくださいね」と言われた時にはびびった。 
でもちゃんと置いてあったし、本体の梱包剤の仕組みは、いたって簡単だった(*^ ^* )V。よかった。。。。 
 
◆電話を切って、それから梱包。送り返すモノは本体と電源とのこと。 
となると、梱包剤の上にぴったしに入っていたキーボードとビデオボードの箱がないので、上部がすかすかになる。それで事務所に行って、蚕のまゆみたいな発泡スチロールの梱包剤を取りに行く。とっておいてよかった…。 
 
◆出るついでに、ガスコンロも買いに行くことに。 
ところが…これが、なかなか求めるものと一致するものがない。 
強火の位置が家のお勝手と合わない、とか瀬戸に新しくできたヤマダ電機では、地域性の問題か、置いてあるのが殆どプロパンガス用。 
瀬戸って遅れてるのね…って初めて気がつく。そういや、お客さんトコの帳面はみんなプロバンガスが載っていたなぁと思い出す。都市ガスじゃないんだー。ほんの5分離れてるだけなのに…。 
行政の違いってえらい違いだな〜とひとしきり感心する。 
 
で4軒くらいあちこちまわって、結局左強火のモノでいいものは見つけられず、妥協する。 
しかし…いらない機能ばかり付けてくれるよなぁ。 
火をつけるスイッチと、火力調整のスイッチが別のものが殆どで、中には、火力調整が段階的になっているものもある。あれは嫌いだ。微妙な火力の違いというものを手先で調整する、という事が、できない。 
なんでもああいう風にされてしまうと、「手先の微調整」機能がどんどん失われていくような気がする。消費者を馬鹿にしてるんとちがうか…。それくらい自分でできるわい、とか思ったりもする。 
だいたい昔のガスコンロとちがって最近は酸素の送り量を調節できないものばかり。これも気にくわない。 
それとか勝手に火をとめてくれるやつ。鍋の種類によっては、勝手に消されてしまうらしい。打ち出し鍋もだめなんだって。うざい…。でもそんなのしか売ってないんだから困る。火をつけて煮込むつもりで鍋に火をかけて、火もとを離れている内に勝手に消されたら…困るだろうなぁ。 
ってか、近くにいても、勝手に消されてばっかりで調理がすすまない、なんて事も考えられる。自動ってイヤだよ、まったく。 
できるだけ「自動」のついてない奴を選びたいけど、どれもこれも横並び。 
ネットでなんてはもちろんダメ。受け皿の深さとか受け皿と真ん中のガスの出る場所との空き加減、とか、いろいろ見る場所があるから。 
やはり日常使うものは、手にとって目にしていろいろ比べてみなければわからない事がたくさんあるのだと、この間アイロンを買って思ったのだった。 
 
◆すぐに話が…。 
 って訳で、4軒回ってガス台を買って帰ったのは5時。 
それからガス台を設置するために、ガスまわりを掃除して、設置して、 
夕食をつくって、真っ黒けだった鍋底を磨いて…ふぅ、の1日だった。 
 
でも、「なにかをしたー」という実感のある日曜日だった…私としてはね。 
そっか…5月は休み無しだったし、6月は病院がよいだったからなぁ。 
 
来週は、庭に手をつけねば…。ジャングルの様相を呈してきた…。 

posted by 紫猫 at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月26日

Epson Endeavorの修理(?)にやっと手をつける

◆見るのさえためらっていた「壊されたEndeavor」。 
といってほかっておいても自然治癒するわけでもなく、私がやらねば 
誰も手を出さないとわかっている…。 
5月決算がすんだら次は義母の事でずっと忙しかったものの、ようやく時間がとれたので、今日やっと重い腰を上げた。とはいえ、義母の事とか、兄の子供が知らない内に結婚していたとか、子供の夏の制服だとか、子供のメガネの買い換えだとか、事務所のPCの買替えだとかで、すさまじい勢いでお金が出ていったので今修理…と言っても実はスッカラカン。 
でもとりあえず出すものは出さないと、時間ばかりが無意味に流れて言ってしまう。 
 
◆まずは、どこまで保険が適用されるかという問題。 
コンプマート経由でエプソンダイレクトの商品を買った訳だけど、 
買った時に入ったのは、コンプマート&エイデンの共通eeカードによる5年間の長期修理保証というもの。 
一般の姓名保険に加入する時とかは、「契約内容を確認もしないで契約なんか出来る訳がない!!」と加入前に約款を見せるよう外交員に無理を言って、 
約款を全部読んでからでないと契約しないだとか、とにかく「契約の内容」にはいつも注意を払って、あの読みにくい薄い色で小さく印刷されたモノをしつこく読むタイプなのに、今回は…正直言ってまともに読まなかった。 
 
1999年に自宅用に買った富士通はエイデンで購入し、3年半めに子供がパソの上に載っている猫を追っ払おうとして躓き、本体に激突し、HDDがいかれた。 
その時はエイデンの5年保証で実に1円も払わずに修理して貰えたので、 
今回は何も考えずに加入してしまった。おんなじだと思っていた。。。 
 
しかし…時は流れていた。。。 
 
パソは修理価格の半額までだし、購入価格を限度とするというものだったし、一年で同じ家庭で40万までという限度額もあった。(ここまでは確認していた) 
しかし、保証の細かい内容までは確認しなかった。 
今回はじめてまじめに読んでみて、 
「1) 保証対象商品の自然消耗、摩擦、さび、かび、むれ、腐敗、変質、変色、異物混入、その他類似する事由により生じた故障及び損傷。  
4) 保証対象商品の購入後の移動、輸送、落下による故障及び損傷。  
5) 火災、地震、水害、落雷、塩害、ガス害、その他の天災、地変、公害、異常電圧、その他の外部要因による保証対象商品の故障及び損傷。 」 
という保証対象外項目を発見。 
 
「使用者に瑕疵のないもの」という項目をどっかで読んだよーな。 
 
(x_x)…だめじゃん…。 
 
でもさ、これってつまり、これ意外でPCが故障する時って…HDDが突然お亡くなりになったときとかって「自然消耗」です、って言われないのかな〜 
あと、このノートみたいにコンボドライブが何も認識しなくなるとか、そんな時は適用されるのかな〜とか、思った。 
でもそれくらいしか故障なんてしないじゃん。 
つかえねぇ〜。こんなんなら、エプソンダイレクトのHP上のGold ワランティというのに入っておけば良かったと後悔。 
 
でも…こんな事になるなんてだぁれも思わないから仕方がない。 
 
◆と言う訳で、とりあえずモニタを近くのエイデンに持ち込む。 
多分新しく買うのと変わらないだろうし、修理してもあとあとケチつきそうだとは思ったけど、とりあえず。まぁ4万で済めば2万は浮く。 
今の私には大きい。配偶者がまともに稼いでいてくれたら、こんな心配はせずに済むのに…と、しばし鬱になる。 
 
モノはシャープのLCD LL171GW。正直言って液晶モニタの基準とか全然知らない。ただ見た目だけで本体があんまり色がないので、かっこいいのを選んだだけだった。2月時点で58000円程度、消費税込みで6万近く出したモノだったけど、今はもう少し値下げされているようだ。 
なんでヒマのない2月なんかに購入したのかなぁ。 
どうせ5月決算済むまでいじくれないのは目に見えていたのに。 
 
◆本体はどーせエイデンの保険対象にならないものなら、直接エプソンの引き取り修理に出した方が世話がないと判断。しかし…ユーザー登録ハガキが見あたらない…。。。最近とにかく部屋もめちゃくちゃで、まったく片づけというものをしてないのでどこにあるのかわからない。 
 
Endeavor関連は一つのクリアファイルにまとめたつもりが、入ってないよー。 
私も最近は人の事をとやかく言えるものではない。(x_x)…自己嫌悪。 
 
そいでもってはじめてじっくりと破損個所を眺める。 
 
本体の向かって右側にぼこっと穴が開いている。。。いったいどうやって壊したんだ…。それと少し右側手前角が少しへこんでいる。DVD/RWとカラッポの5インチベイのフタが取れてる。見かけはこれくらい。 
だけど…これってマザボのほうじゃん。 
マザーもいかれてるかも。でも配偶者が電源いれてみたんだよなぁ。 
CPUいかれてないといいけど。グラボはだいじょーぶかしらん。 
 
もう今はGForseも6800ultraが出ちゃって、たった4カ月の差だけど、5700との差は大きい。結局この4カ月殆どさわりもしなかったんだから…。ばからしい事この上ない。PCの4カ月って大きいんだ〜(T.T) 
考えてるとめんどくさくなってくる。 
ドスパラで組み立てキット買った方が安くつくかも〜。 
ゲームモデルでも88750円じゃん。(T.T) 
 
どんどん鬱になる。 
 
◆エイデンの帰り、もう何も作る気にもならないのでウナギを買って 
「人生生きるのがいやになったから、もう勝手に食べてよね」と言って 
ポイッと食卓に置いて二階に退避する。 
 
…とかいいながら、二階に上がり、パソに向かって一心不乱にモニタの買替えとなると次は何にするべきかを調べようとごぐっていた。 
結局私ってなんもせんとたらたら鬱に浸ってられる性格ではないらしい…。 
 
何もしないでただ人がお膳立てしてくれた環境で、日々をたらたらと与えられた仕事だけして、あとはテレビ見たり、楽器ならしたり、寝っ転がって本読むくらいしかノーのない同居人と暮らす上では…これは多分必要なのだろう…。 
 
なんか、つまんない…。 
posted by 紫猫 at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月25日

法人事業概況書の手作りで悪戦苦闘(T.T)

■今年の4月1日以降終了事業年度の法人から、事業概況書の書式が変わり、 
13種類(だったっけ?)あった書式が1種類に統一された。 
 
今事務所の環境を会計事務所専用機から順次Windows版に移行している為、 
この「法人事業概況書」作成用ソフトも新規にWindows版を購入しなければならない。エプソン版では、この概況書が「科目内訳書」とセットになってて 
価格48,000円。 
だけど「科目内訳書」はExcelで手作りしてめっちゃ気に入っているので、 
実質概況書しかいらない。この1種類の為に、値引きを考慮にいれても36000円近く出すのはどうしても馬鹿らしいので、なんとか1種類くらいなら手作りできないだろうか…と思ったのだが…。 
 
規定の書式にねらい打ち印刷するのに誰でも考えるのが、Excelの背景に 
スキャナーで取り込んだ規定の書類を表示させ、 
それにセルを合わせて配置していけばできるじゃんというものだろう。 
 
私もそう思った。やってみた…。 
どっかのサイトでできると書いてあったのを見たことがあるので、 
実行に移してみた。 
 
早速スキャナーで概況書を130%で取り込み、Excelの表示も130%に。 
丸1日かけてセルを細かい書類にあわせ、いちいちフォントサイズも合わせていった。。。。。 
やったぜ!!38000円節約した〜と思いこみ、事務所に持ち込む。 
しかし、印刷プレビューしてみるとまーーーったくちっちゃく表示されている。ハタと気がつき白い余白の部分をのぞいて印刷範囲の設定。 
上下の余白を設定しなおしてみたが… 
ちがう…あわない…。いろいろ試行錯誤して106%で印刷するとまあまあ 
ねらい打ちに近いものが出来ることがわかった。 
しかし微妙にずれる…。なんで画像を取り込みセルを設定しているのに 
上下で少しずつセルサイズがずれていくのかがわからない。 
だいたいなんで106%なのよ…。 
 
いろいろぐぐってみたけれど、何も出てこない…。 
そうだよなぁ。これが簡単に出来るなら、「ぴたっとフォーム」とかなんて 
ソフトは出てこないだろうナァと思い直す。 
やっぱし「ぴたっと…」を買うしかないのかなぁ。 
なんかいい手はないものか…。 
posted by 紫猫 at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月21日

台風一過

foryou_739715216380054a.jpg

■たいしたこと無い、来やしないさとたかをくくっていたら 
台風けっこうたいしたもんだった。 
子供は朝、自転車で登校。帰りを心配して、帰りには連絡するように 
メールしたのになしのつぶて。 
不安になって2時くらいに自宅に電話してみるとちゃんといるではないか。 
二時間目くらいで警報が出て帰ってきたんだそうな。 
まったくもう…。 
まぁ親の知らない間に自宅で遊べるのが魅力的だというのはわかるけど。 
 
何も準備もしてなかったので、被害甚大。 
いくつかの植木がふっとんでって、薔薇の鉢植えもころがっていた。 
明日すぐに植え直す時間が私にはない…。 
こういう時、共稼ぎというのは困る。 
蘭の鉢植えも落ちて割れた。陶器の鉢はこれだから困るんだ。 
見栄えはいいし、植木のためにもいいんだけど。 
 
つる薔薇は風にあおられてとんでもない方向に変形してしまったし。 
裏へ通る道が薔薇に邪魔されて通れなくなってしまった。 
後始末が大変だ(x_x)…。 
 
大騒ぎしてる時って大したこと無いのに。 
少し早く帰宅する途中の道すがら、看板がかなり飛ばされていたり。 
 
ずっと昔の子供時代、台風が過ぎ去った次の日、つぶれて無くなっている
家を見たことがある。 
昔ながらの黒い木造の家だった…。 
いつもあの台風はなんて名前の台風だったのかな〜と思う。 
 
子供時代は台風って学校が休めるから好きだったのに、 
職業人になると台風で休めないと言うことがわかってショックだった。 
なんでだ。途中で怪我とかしたら補償問題にはならないのかな〜。 
単なる労災になるのかな? 
ラベル:台風
posted by 紫猫 at 03:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月20日

猫がふわふわになったなら…

foryou_739715216181881a.jpg

それは毛が生え替わる時期のサイン。 
「わ〜♪ラックふわふわ〜。きもちいー」なんて喜んでていいんかい。 
ラックが逃げてった後は、自分が北京原人になったんじゃないかってくらい 
猫毛だらけのまっちろけ。 
今日みたいに蒸し暑くって身体が汗でベタベタの時に 
「らっく〜♪〜」なんてすりすりしたら、もう 
こっちの顔まで口ひげみたいに、あごの当りからざわざわとなんかが 
くっついてるのがわかって、口もひらけなくなる(T.T)… 
 
このまんま、パソのとこに行ったりするもんだから、 
キーボードも猫毛だらけ。 
 
今日は風呂上がりにすりすりしたもんだから、体中に白い毛が生えたように 
なってしまった。もっかい風呂に入り直しじゃん(x_x)…。 
 
 
んで、だきだきした後は、せっせとセロテープで白い毛をペタペタ。 
ここんところセロテープの消費はやっ!! 
今はホームセンターで安く売ってるからこんな事してられるけど、 
昔のように高かったら、とてももたないなぁと思う。 
くっくきエリアの広いときにはガムテープ。 
自分をペタペタしたらついでにそこら辺の床も残りの接着力を利用して 
ペタペタすると、とれるわ取れるわ。床ってこんなに汚いのねってビックリ。 
 
そんな私の近くでラックは毛がいっぱいついてくちゃくちゃに 
丸められたセロテープの残骸をガムよろしくクチャクチャ食べ出す。 
猫ってなんでセロテープ好きなんだろう? ノリがおいしいのかしらん。 
★★★ 
 
最近は子供が部屋に閉じこもって、戸を閉めてしまうので、 
猫さんたちは、昼間同様人間様のいない居間とかで、つまらなさそう。 
可哀想に思って、猫の処にいくと、この猫毛ふわふわラックなので 
つい猫毛取りブラシでラックの毛を梳くことになる…。 
わんさと取れる猫毛。これ取っといて集めて、ウールとかつくれんもんだ 
ろうか…と思ったり。と思ったら同じ事を考える人はいて、 
実際にやってみたそうだ。結果は×。 
猫毛は羊さんの毛とちがって、フェルト化しないのでダメなんだそうだ。 
でも〜、なんかいっぱい取れるので、何かにならないかな〜と、つい。 
ピンクッションの中綿くらいにはなるかな〜。 
 
ラックももう6才なんだ…。 
シニア用のエサは、6才からってのと7才からってのとがある。 
6才ってシニアなんだ…と少しショック。 
大好きな大好きなラック。いつまでも一緒にいられるといいのにね。 
人との別れを味わった後、ラックを見ているとせつない…。 
そんなときに暑さでタランと寝っ転がっているラックを発見すると 
どきっとする。心底ドキッとする。 
すこし恐怖症だ…。 
 
そんな日はラックの抜け毛を大事にファスナー付きのビニール袋に 
しまって置いたりしてしまう。 
★★★ 
久々にラックの写真を撮る。だけど相変わらず私の写真はピンぼけだ…。 
ピンぼけ手ブレレスキューでも買おうかな〜。
 
ラベル:
posted by 紫猫 at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月16日

義母逝く

foryou_739715215389189a.jpg

最後の親となる人が逝ってしまわれた。 
 
 
 
ずっとずっと思い返してみると 
なんにも出来なかったな…とつくづく思う。 
 
 
 
もっと出来たはずなのに。 
 
 
いつも私の子供の事を気に掛けてくださった。 
私はその半分もお義母さんの事を気遣っただろうか… 
 
 
「無縁坂」の歌のまんまのお義母さんの人生…だったけど 
いつも明るい人だった。 
 
 
 
いつかそのうち…なんて思って 
法の話もなにもできずじまいだった。 
悔やまれる…。 
彼岸のどこかで、私の母や父と、会ってくれてるかな… 
お母さん、私の変わりに、お義母さんに話、しといてね。 
仏様の話さ・・・・ 
 
でもそんな話する必要もないほど、できた人だったんだよぉ(T.T)… 
 
配偶者が病院に行った後に血圧が下がったって言っていた。 
待っててくれたんだなぁと思う。 
たまたま病院の近くで今日の仕事があったんだそうで、 
その出先はいつもは月末なのに、今日来てくれと要請があったのだそうだ。 
きっとお義母さんがちゃんと会えるようにしてくれたんだね、と 
配偶者と話した。 
 
 
人との別れって、いつ来るとも限らないのだ。 
いつか、又こんどって言ってる間に、別れの時は近づいてるんだ…と… 
 
 
配偶者ともあと何年一緒にいられるかわからない。 
子供とだって、猫たちとだって… 
一緒にいられる間に、後悔しなくてもいいような 
対し方をしておかなければならないなぁと… 
こんな時いつも思うくせにすぐに忘れて、自分勝手に生きている…。 
 
「又今度」がクセの私は、いつも「また来世で」なんて 
こんな時までのばしのばししてしまう…。 
いい加減にしろよな…。 
 
 
来世まで持ち越した約束がもう、めっちゃたくさん溜まってしまった。 
ポチとの約束も、ペリとの約束も、ユーリとの約束も 
父や母との約束も…。 
いつもやり残したこと、出来ずに後悔した事を来世に持ち越してきたから。 
 
ごめんなさい…みんな、みんな…。 
また、きっと会えるね…。 
私が逝ったら、きっと会いに来てね。 
posted by 紫猫 at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月11日

時は移ろう

foryou_739715214398324a.jpg

■6月11日の夕刊をもう日が変わってからふと見て、驚いた事が3つ。 
どれもこれも時代の移り変わりを感じさせるに充分なニュース…。 
 
はじめに目に入ったのが、「レイ・チャールズ逝去」。73才だったそうだ…。We Are The Worldで楽しそうにキーボードをたたいていた姿が脳裏に浮かんだ。本当にいつ見ても、音楽を心から、身体ごとで楽しんでいるんだ、この人は、と感じさせてくれた。 
7才で完全失明、15才で孤児に。盲学校でピアノとクラリネットを習ったことをきっかけに音楽家を目指した…と載っていた。アメリカの盲学校は、ピアノやクラリネットを習わせてくれるのね…と思った。日本の盲学校はどうなんだろう。ここらへん、人生への価値観の違いをかいま見る想いがした。 
日本で生まれていたら、こんなに世界的に有名なミュージシャンにはならなかったに違いないな…と思ったり。 
We Are The Worldに酔いしれた昔。ボブ・ディランと歌ってましたよね。 
マイケル・ジャクソンもなんかおかしな事になってるし、時代が流れたことを痛感した。 
 
次なるニュースは、日進堂書店とカトー無線の倒産。 
カトー無線はマニア向けの商品も揃っていて、アナログ時代にはレコード針はここに行くのが当たり前だった。日進堂書店も名古屋人には当たり前に当たり前すぎる存在だった。それがなくなるんだ…。 
雪印がつぶれたのは記憶に新しいし、今度はなんだか三菱自動車も先行き不安だし。どんどん世の中が変わっていく。 
昔あたりまえだった街並みも気がつけばずいぶん変わっている。 
名古屋駅前もますます様変わりした。ドスパラも開店したらしいし…。 
 
多分今名駅に行ったらまたまた私はお登りさんよろしくうろうろしっぱなしなんだろうな。私の記憶の中には、かって歩き回った毎日地下とか名鉄メルサとかセブンとかの地図しか入っていないのだ…。 
その後でたまに名駅に行っても地図は書き換えられない。ほんとに行くのが何年かに一回だからなんだけど…。 
やっぱり私の地図は古いままなのだ。千種本山界隈しかり、栄界隈しかり。 
 
 
そう、気がつけばもう、あの、お気に入りの音楽を流しながらおもいびとの車に乗って街を走り回った頃ははるか昔なのだ。 
そのまんま、「明日」「あした」を迎えてきただけで、なにも変わったつもりなどなかったのに。知っている人がいなくなっていたり、知ってる家が亡くなっていたり。。。。 
父や母がいたら、伝えられたのに。 
お母さん、お父さん、あの頃あなた達が言っていた事が今、判るようになりましたよ…。私もそんな年になりましたって。 
 
■フクシァの花咲く。ミニローズという品種。
posted by 紫猫 at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月08日

梅雨に入ったよ…お義母さん

foryou_73971661389605a.jpg

■急な知らせに、気が動転して一週間落ち着かない日々を送った。 
同居していない事で、見舞いに行かない日は、当たり前の日々が流れるようになってしまっている…。申し訳ないと思いつつ。。 
ついてくれている義妹さんたち、本当に有難い。 
オリエンタルリリーの花を買っていった。強烈な芳香で目を覚ましてくれないかな、と思ったからだけど、ちょっと少なすぎたらしい… 
エアコンのせいでそんなに部屋に香りもこもらないみたい。 
5月の決算がすんだら…と思いつつとうとう母の日にも何もせずにいた。 
元気な義母に百合の花を持って行っていたら、 
とってもとっても喜んでくれただろうに、と心から思った。 
 
 
■義母が倒れてからもう10日たった。知らせを受けて飛んでいった時にはもう、人工呼吸器につながれていた。痛々しい光景…そして、それはもう何度も目にした光景だった。。。。 
 
痰がつまるので看護婦さんがたまに鼻孔に差し込んだチューブで痰を吸い取るのだが…これが、いつ見ても、何度見ても手荒だと思えて仕方がない。 
どうせ意識がないから、というかのように、傷ついて血の固まった鼻孔に乱暴にチューブを入れたり出したりする。見ていられない。 
チューブがするすると入っていかないからなのだけど、なんとかこのチューブの先を丸くして挿入しやすくするとかの工夫は出来ないものなんだろうかと、 
毎度見ていて思う。医療に携わっていてそう言うことを考える人は 
いないものなのだろうか…。 
 
10年前の父の、そして15年前の母の臨終の光景が脳裏に蘇る。 
 
危篤です、あと6時間です、と言われたのに、目を覚まし、 
「早く家に帰らなくちゃ…」と言った父。 
奇跡的に人工呼吸器が取れるまでに快復したのに、若い医者が、 
もともとの肺気腫という持病を考慮せずに長時間自発呼吸を強いたために 
息をすることに疲れ果て、再び昏睡に陥った父。 
夢で、もう父が逝くことを私に仏様が知らせてくれたのに、 
目を覚まし少しずつ元に戻る父を見て、もしかしたら…と思ってしまい 
ずっと病気ばかりを背負って苦しんだ人生だった父に 
「二度と病むことのない橋を渡るんだよ」と、知らせてくださったのに 
とうとうその事を伝えられなかった私。。 
きっと喜んだだろうに、知らせていたら、きっと本当に喜んだだろうに。。 
 
母が逝ってしまった翌日、冷蔵庫に戻しかけた椎茸が入っていたことや・・ 
 
あの日の、あれやこれやを思い出しながら、 
人工呼吸器の無機的なシューシューという音を聴いていた… 
 
意識はないのだけど、寝返りを打つかのような仕草をしたり、 
足のつぼをマッサージすると、くすぐったがるように足を動かす義母。 
なんだか、気がついてくれそうな気になってしまう。 
「ホントは聞こえているんでしょ!! 起きてよ〜、お義母さん〜」と 
配偶者の妹さん達と、大声で何度も呼んだり揺すったりした。 
そんな事ばかりしていたら、倒れて4日目、義母が目を開けてくれた。 
でも、意識はないままだそうで、天井に目をむけたままだ。 
でも、なんだか自分の意識を表現できないだけで、実は聴いていてくれそうな 
そんな気がしてしまう。 
臨死体験をした人の体験談を見ていると、実はみんな聞こえていたという話も聞くし。 
 
でもだんだん、目を開けている時間や、しょっちゅう動かしていた足を 
動かすことが少なくなってきたような気がする。 
 
それにしても、意識がないからって、少し熱があるからって 
氷、胸にくっつけて寝させないでよね。って思ってしまう。 
私なんか氷枕が肩に少し当たっていただけで冷えて風邪引いてしまうぜ。。。 
なんか今の医療って嫌いだ。。。。医者、嫌いだ。 
 
人間、慣れていく。何でも慣れて行ってしまう。 
誰かが目を覚まさないでずっと寝ていること、 
誰かのいないこと、 
それがあるから救われるのだけれど、10日やそこらで慣れていく自分を見て 
やっぱり自分の親と一緒にはならないのだな…と 
なにやら寒いものを感じる。 
 
自分の父の母の、危篤の際には足を前に出すことが出来なかった。 
「ああ、前に踏み出せない、と言うことは、こういうことを言うんだな」と 
初めて知った。どうよっこらせ、と思って足を出そうとしても 
足が前に出ない。動かなかった…。あの時と、違う。 
 
はじめて、私の父の時の配偶者の対し方や、弟のお嫁さんとかの 
当時の心情を理解する。 
兄貴のお嫁さんは本当によく気がついてくれたけど、今の自分は 
仕事にかまけて、ちっとも役にたっていないなぁと思う。 
まぁ、向こうは看護婦さんとかいろいろいるからなぁ……… 
 
それにしても配偶者は、かなりあっけらかんとしている。 
というか、そんな振りをしている。多分、あいつの事だから、 
心配する自分を見せたら、私が心配するとか思っているのだろうな… 
 
苦労の連続だったお義母さん。 
何がお義母さんにとって一番なのだろうと思うと 
ただ、延命を祈る気にもなれない…。 
 
■ストケシアの花が咲く。変換したらStokes' asterと出た。 
ふぅん…アスターの仲間なんだ…やっぱり。 
posted by 紫猫 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。