2005年04月01日

長男 大学入学

foryou_73973602097794a.jpg●Mの大学入学式が4月1日にあった。子供は来なくていいと言うのだけど、 
どんな所にこれから通うのかも知らないのもなんだし、こんな時でもないと多分行く機会もないだろうと思い、少し遅れて後からのこのこ行ってみた。 
 
綺麗なキャンパスだった。
構内に入ってすぐに目に付いたのがチャペルだった。
キリスト教系の大学だった事をこの時初めて思い出した。
素敵なチャペルで、長い間ミッション系のスクールに憧れていた自分としてはいたく感動した。
一応仏教を信仰してるつもりはあるが、自分の中では神様も仏様も同じものとしてとらえている。
だからキリスト様も大好き人間なのだ。 
 
チャペルを見ながら、「ああ、神はここでもMを見守っていてくださるんだなぁ…」と感じ、ふと目頭が熱くなった。そこに来てはじめて、この18年の、あっという間に過ぎ去った時代の忘れていたいろいろな想い出が脳裏に蘇った。 
「子育て」などという言葉は使わまい…知らない間に育ってくれた。 
私は何もしなかった…仕事やら他事に追われて、この子にたいして心をかけてやる事もできなかった。いつもこの子の幼い日の事を思い出すと涙が浮かぶ。
 
なんであの時、この時、なんでこうしてやらなかったのだろうという反省ばかりだ。それでも、無事育ってくれた。感謝の念でいっぱいになった。 
たいして何も調べもせずに大学説明会でこの大学を気に入って、ここにすると言いだし、そしてAO入試でさして苦労もせずに入れてしまったこの大学。 
それがたまたまキリスト教系の大学だった事が、なにか嬉しかった。 
なにがしかの縁を感じてしまったのだろう…。 
 
入学式は子供だけで行われる。父兄は別室でテレビで見るだけだというので、 
そこに行くまでにあるチャペルに自然と足が向いた。 
重い扉を開けて中を覗くと・・・キリスト様がいない。大きな十字架が、牧師様が説教をなさるだろう段の横に立っていただけだった。 
ちょっとがっかり。後ほど式終了後にパイプオルガンの演奏が聴けるというので再び入った折りに、先生らしき人に聞いてみた。そこはピューリタンのチャペルで、だからキリスト像やマリア像は置いてないらしい。ふーん。今までピューリタンの教会ってのには入ったことがなかったので知らなかった。。。 
でも、なんかやっぱしキリスト像とかあったほうがいいなぁ。。。 
おかしな事にこだわるもんだ。 
 
サイババが以前言っておられた。
たとえば信仰あつい人の持つサイババの写真からはビープティ(神聖灰)が湧き出ると言われているけれど、なぜただの写真なのにそんな事が起こるのか、と聞いた人に、ババは、 
「すべては人が思うとおりのものになるのです。写真でしかないと思えばただの写真になります。写真の中に私そのものを見、それが私だと思える人の写真は、"私自身"になるのです」と。
 
(いつもその言葉を思い出しながら、家にかざってあるサイババ様の写真を、ほこりかぶってるからって、「えぃ、めんどくさい」と掃除のついでにそこらへんを拭いた布でいっしょに拭いてしまう私の家の写真は・・・ただの写真なんだ。。。_| ̄|○。。。) 

キリスト像であろうが、十字架であろうが、そこに神を見いだせる心には 
どちらも「神」なのだと・・・。これは仏教の「悉有仏性」と同じ心だと私は思っている。 
でもその先生らしき人は、「今は変わってきています。ピューリタンとカトリックのあゆみよりも進んでいます」というような事をおっしゃっておられた。 
★★★------★★★ 
 
●入学式に子供にスーツを買わされた。
はじめ「どうする?」とこちらから購入を勧めた時は「普通の服で行くからいらない」と言っていたのに友達に聞いてきたらすぐに考えを変更してる。。。子供っていつもそうなんだ。 
親の言う事は聞かないくせに友達の言うことならなんでも聞いちゃうんだ。 
んで、買ってきたのは黒いスーツ。そんなん礼服みたいじゃん、と言っていたけど、入学式がすんで講堂からぞろぞろ出てきた新入生は、殆どすべて、「黒いスーツ」だった!

(ノ゜凵K)ノビックリ。
 


そういう"はやり"なのらしい。
これじゃ、制服と殆ど変わらん。 
まぁね、これなら礼服にも使えるので、入学式に買って後はタンスの肥やしになるだろう事は目に見えているので、合理的と言えば合理的ですが・・・。 
 
あとは1人で学食でお昼を食べて、ぶらぶらして帰ってきました。 
昔、「今時の大学生の入学式には母親がついてくる」という批判的な記事を読んだ事が10数年前にあり、その時は笑っていたのですが、そんな「笑える親」の1人に私もなってしまいました。そうだよね〜。18才で就職してたら親なんかノコノコ出ていかないもんね。まだ子離れが出来てないのかなぁ。自分。 

ラベル:日記
posted by 紫猫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の日記から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。