2007年07月30日

選挙でむかついたのでゼルダ買ってきた

2007_0529zelda.jpg


選挙1日前まで年金と赤城農相の政治資金の話しかしなかったくせに
自民が負けたとたん、戦後レジュームがどうのとか安倍政権の政治指標に対する国民の不支持とかに論点すり替えで来やがるマスゴミにマジでむかつく。

テレビはフジテレビがウヨっぽい論客ばっかし呼んでて
おもしろかったけど。

桜井さんも出てた。
桜井さんが政治家になってくれればいいのになぁ…。

つまんないのでDSのゼルダと漢検DS買ってきた。

しばらくはこれで遊ぶぞ。

ボタンだと操作を手が覚えるのに実はかなりかかるんだけど
ペンでやれるのでかなりラク♪
ラベル:ゲーム
posted by 紫猫 at 03:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

中日新聞に怒り

私の2ちゃんメモにいろいろ書きました。

中日新聞、大嫌いです!!

読んでね。
ラベル:サヨク マスゴミ
posted by 紫猫 at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

野党のウソ

23日朝、共産党の政見放送で、
「お年寄りの人の住民税が二倍、三倍にも上がったんですね。
このように特別減税を廃止した事によって…云々」と、
いかにも特別減税が廃止された事によって住民税が二倍・三倍にあがったかのような操作的発言がなされていました。

これはここだけ出してみればあきらかな「間違い」です。
住民税が上がったのは税源移譲で、所得税で徴収されていた分が住民税に移行した部分が大きいのです。
確かに特別減税の廃止や、老人控除の廃止(これは前年度からですが)もあるのですが、共産党の言い方からすると、
特別減税の廃止によって住民税が二倍・三倍になったと言わんばかり。…というかそうとしか聞こえないように工夫して言ってました。

野党や共産党はこうやっていつも、言葉をあやつり
ウソの発言をまき散らし、印象操作をします。
中日新聞のようなサヨク新聞の記事とおなじようなものです。

なんと言っても、これが野党のする事の中で一番きらいなものです。

与党が同じような事をすれば、すぐに言質をとって大騒ぎするくせに。汚い奴らだ。

中国共産党を見てみればいい。
共産党のいうような、大企業から税収をどんどん取り、
国民にばらまきます、という施策が実行不可能な事は、
既に中国やソ連で実証されているではないか。
国が経済的に興隆できなかったら、国民が潤される事のないことは
中国が社会主義体制でありながら、経済に関しては自由主義を採用した事で、証明されているではないか。

もちろん大企業の利益がハゲタカファンドなどの外国出資者に配当という形で流れ、外国に流れてしまう事実もあるけれど、
大企業が日本の経済を引っ張ってくれている事実も現実としてある。
下請けいじめ、派遣労働者問題、問題山積みなのはわかっているけれど、このままでいいとは思わないけれど、
票田の為にウソで国民を誘導する事は戒めてほしい。

この後では「女性党」というのの政見放送もあった。

「話し合いで核を世界からなくし、平和を維持する」と
彼等サヨクは必ず言う。

はい、それならば

今すぐ

北朝鮮に行って
「話し合い」で日本の国益を損なわずに
拉致された人たちを取り戻し、
アメリカすら手こずっている、あの嘘つきの国の
核問題を解決してきてくださいな。

口先だけの平和主義に、
なにも知らない主婦層や若者がだまされていくのが
なんともやるせない。

私は愚直に1つずつでもいいから実行に移し、
少しずつ日本を変えていこうとしている

安倍さんを応援しています。

なるほど、大臣の経費の問題など対処に不満はありますが、
旧勢力や旧自民党のやり方を一度に変える事は
無理があるでしょう。
多々ある問題を一年にも充たない任期で一度に全て処理するなどということは不可能でしょう。

それでも教育基本法など日本を解体すると宣言している日本教職員組合を押さえる事のできる重要法案など、中日新聞は報道しないけれどたくさんの法案を半年で成立もさせています。

日本でサヨク活動をしている外国勢力から、
資金援助を受けている日本の大手マスゴミの、
なりふり構わぬ安倍たたきにウンザリしています。

民主党が勝てば喜ぶのは誰なのか、という発言をした閣僚の発言はとうとう中日新聞ではとりあげられませんでした。

世界情勢を見てみれば、もうお花畑で平和を訴えていれば
日本だけが平和でいられる時代ではない事はわかると思うのですが。

彼等サヨクは
日本政府に対しては核にしても自衛隊問題にしても、友好国であるアメリカの基地問題にしても、
なんでもない事までいちゃもんをつけてたたくクセに、
中国が原子力潜水艦で日本の領海を侵犯しても何も言わず
日本を敵国認定している韓国の軍艦は歓迎し、
北朝鮮に核を持つ自由を認めろとデモるのですから
世界の平和を求めているというのがウソだという事はまるわかりなのです。
それを指摘しない日本サヨクマスゴミは仲間だとしか言えないでしょう。

さあ、女性党のみなさん、北朝鮮を「話し合い」でちゃんと説得してきてくださいね。

民主党のみなさん、平和を希求すると称して日本を弱体化させようとする勢力が現存している事、
人権、弱者救済というスローガンを利用して日本から金をせびりとろうとする勢力が現存するという事実から目を背け、
説明責任を果たさない限り、
本当のリベラリストからの支援は受けられないのですよ。

まずは拉致はなかったと言い続けてきた、
旧社会党勢力を追い出すことです。
公務員改革に反対する自治労を切りなさい。
日本を解体すると宣言する日教組を切りなさい。
それなくして、どんなにきれい事を並べても信じる事はできないです。沖縄を「中国固有の領土」と宣言している中国が隣にある事を認識しながら、「一国二制度」採用などという戯言を引っ込めなさい。
韓国民団が利用すると分かり切っている外国人参政権法案を取り下げなさい。

日本を守る為に命をかけて戦った日本の先陣たちを、
侮辱する者たちと真摯に向き合ってください。
こういう時こその話し合いなのではありませんか?
迎合する事が「仲良くする」事ではない事をいい加減に気がついたらどうですか?
ラベル:サヨク マスゴミ
posted by 紫猫 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

季節はずれにミモザ剪定

20070726uekibachi.jpg

ずっと何も書く気になれなくて(元気なかった)どんどん日が経ってしまうので書いておく。

7月16日ミモザを去年と同じ、「ベンリー」さんに頼んで切ってもらった。ずっと自分で剪定してきたのだけれど、(ここらに昔の日記)
一昨年、ベランダの手すりを超えて自分で剪定したものの、向日側に伸びた枝には手は届かず、下から切るには背が伸びすぎて届かず、おまけに手すりから元に戻ろうとしたらくたびれ果ててて、ジャンプに力が入らず、何と手すりの外側から戻れず。。。ウチの中に家族はいるのにどんなに呼んでも誰も出てきてくれなかったのだ。

何とかしばらく休んで腕の力を取り戻し、数分後に手すりによじ登り何とか元に戻れたものの、怖くなってしまった。

で去年ベンリーさんに電話してみたのだ。
市のシルバーさんだと剪定は安いのだけど、お年寄りばかりで、ミモザは高すぎるとかなんとか言って切ってくれなかった事があったのだ。よく来てサザンカやモチノキを切ってくれていたおじいさんの剪定師の人は、ミモザを頼んだら気持ちよく切ってくれたものの、降りてきた後とてもしんどそうにしてて、翌年から来なくなってしまった。ミモザ切ったせいで体調をくずして…と、ずっと罪悪感が残ってるし。

かといって庭師の専門の人に頼んだらン万円になってしまいそうで怖いし。考えた末ベンリーさんに電話。

あれだけ苦労して切っていたものを、店長さんが来てものの30分くらいでチェーンソーで切ってくれた。時間でいくら、なので去年は8000円くらいだった。有り難かった。
男の人の力だとこんなに簡単なんだと言う事と、切った枝を片付けるのは私も手伝ったので短い時間で済み、数人で協力すればこんなに短時間で済む事もわかった。
この18年間ずっと殆ど一人でやってきた苦労はいったいなんだったの?というくらい簡単に済んだのだ。

家族が協力して…という妄想はもうしまい。
情けなくなるだけだし。

---------------------------------------------
この週の前の土曜日、台風が来るというので、慌ててずっと気になっていた家まわりの樋のゴミを脚立をあちこちに担いでまわって取り除く。雨がザンザン降る中をヤッケを着込んでの半日仕事。屋根に上ったり、ベランダの手すりを乗り越えて、窓を伝って歩いたり。
そんな作業もずっと自分一人でやって来たのだ。
で一番気になったのがミモザ。背が伸びてもう隣のウチの電気引き込み線まで殆ど同じ高さ。風が強く吹いて枝がなびけば、隣のウチの電気線を切ってしまうかも知れない。早く剪定して置けば良かったとめちゃくちゃ後悔。
土曜日、台風の夜は気になって台風が去るまで寝られなかった。
幸いこちらの地方はたいした事はなく無事去り、忘れないウチにと翌日即電話する。

去年はサザンカも他の木も自分で切った後、ミモザだけ手をつけられず頼んだのだけれど、あんなに簡単に済むのならばと今年は他の木も頼んでみた。サザンカだけは6月に自分で切ってあった。
今年は若い子を一人連れて二人で来てくれた。
若い子は今を盛りと咲いている色違いの2色のサルスベリもすっかり坊主にしてくれて…
(−−;)…
でもまぁすぐに伸びて、又手に負えなくなるのでそれも仕方ないかとあきらめる。
もっと花の咲く時期の前に頼まなかった自分が悪いんだし。。。

嬉しい事に「剪定によったところでもらったので、奥さん植木鉢いらない?」と新品の揃った植木鉢をたくさんもらえた♪

100均で買い置きはあるものの…「どうせ捨ててしまう」と聞いて、
うーんと悩んでやっぱり貪欲な性分なのでもらってしまった(^^)
少なくとも170円とわかってる小鉢が20個はある。

ラッキーo(*^o^*)o

ラベル:日記 ミモザ 生活
posted by 紫猫 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肩こり。。

仕事の方がやっと一段落。
以前は5月決算が済んだら、1月から続く忙しいのが一段落したものなのに、最近は5月・6月決算のトコが増えて、7月までキリがつかなくなってきた。。。マジヤバ。
最近そんな生活に、さすがにくたびれてきた。

おまけに、2、3日「わたしの2ちゃんメモ」の方をちょこっと頑張って書いたらやっぱ寝るのが3時過ぎになって、そしたらすぐに疲れて
しまい、右肩が凝って凝って、昨日と一昨日は死んでた。

おパソにへばりついてるとマウスを持つ右手のひらの下の部分がずっと圧迫されたり、机の角に触れる部分がいつも同じトコなので、ここも神経が圧迫されて、痛むのらしい。。。
どうにもおパソの前に座ってるのも辛いので、この間多肉をもらった大叔母のとこに行ってきた。
大叔母にあげた蘭も気になって。

そしたら大叔母のトコにマッサージ機があり、お世話になってきた。
少し楽になった。

私も買おうかなぁ。。。
なにせウチの家族、肩こったと言ってもだぁれも何もしてくれない。
私自身は15年近く父の背中をずっと撫で続けていたのでけっこうマッサージは得意で、すぐに人の背中をしてあげる事が多い。
配偶者や子供が「痛い」と言えばすぐにしてあげるのに
私が「肩痛い」と言っていても絶対に自分から「してあげよか」という人がいない。。。情けないもんだ。
こういう時A型ばかりそろった家族ってもんは水くさい事この上ない。
私一人O型。。。orz

どーせどーせ。

事故して骨折したって言ってても、だれも何もしなかった名うての家族、期待する方が無理ってもんかも。

帰ってきてしばらくマッサージ機をぐぐってみたけど…
今は椅子タイプがはやりなのね。たか〜(--;)
置き場もないしそんなのはとてもとても。

今日お世話になったようなタイプは今はないらしい。
なんかまぁるいゴムのようなものを挿す穴が12くらいあって
治療する箇所(肩やら腰やら首やら)と症状に応じて挿す突起物のタイプや場所、時間、強さを変えて振動させるものだった。
最初は内心「んなもん〜」と思ったけどかなり効いたのだ。

はやりは椅子タイプとフットマッサージ機ばかりらしい…
トントンするようなタイプもあったけど、
結局夕食の買い物に出たついでに100均の「肩たたき」買ってきた。
バネの先にゴムボールのついているもの。

これでも結構いけました。
今かなり楽になって元気になってきました。

…ってもう三時半だし〜(´・ω・`) 今頃いつも元気になる私です。
寝なくっちゃ・・・・・_| ̄|○
ラベル:日記
posted by 紫猫 at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

「心の旅路」を見る

2007_0709kokorono.jpg


yahoo動画で昨夜「心の旅路」を見た。

子供時代、洋画好きだった父から何度も名作だと聞かされてきた映画だった。
記憶の中では中学か高校時代に一度は観たつもりでいた。
その記憶の中では、ある婦人が自分の手帳に残された過去の知人を一人一人訪ねていくというストーリーのものだと思っていた。そしたらそれは、「舞踏会の手帳」という映画で、(今調べた)この「心の旅路」という映画とは違っていた。
(ネタバレ注意)
戦場で負傷し記憶を失った軍人が、精神病院を抜けだし一人の女性と出逢い、結婚し子供が生まれるが、作家として新聞社と契約しに街に出かけた先で交通事故に合い、戦場時の記憶に戻ってしまう。当然その記憶を失っていた間の記憶はなくしてしまう。
空白の時間をかかえたまま苦悩しながら、実業家、政治家として名をなす。
結婚を考えるも空白の時間の中に置いてきた何かの為に、不安を取り除く事が出来ない。
 実は記憶を失っていた間の妻が自分の有能な秘書となって身近にいるのだが気がつかない。昔の妻は、真実を打ち明けることなく彼が自ら昔の記憶を取り戻すのを待っている。
という話だった。

とてもいい映画だった。

で。今まで観た事はなかったんだろうか…残念ながら記憶にない。
あんなに父がいいと言っていて「心の旅路」「心の旅路」と何度も聞かされていたんだからきっと洋画劇場あたりで観た事はあると思うんだけど…。
ただ、「記憶にない」という事がそのまま「観たことがない」という事実につながらない、というところが情けないところで。
今まで映画とかみてて、途中で「あ、これ観たことあるわ」と思い出すものの多い事よ。
_| ̄|○…

ここのところ映画づいていて、この土曜日には「シックスセンス」も観た。
これも二三度は観たはずなのに、(殆ど途中からだけど)最後のどんでん返しは、観てる途中まで思い出さなかったというていたらく。
子供に「何べん観たの」とバカにされる。

先週は同じくyahoo動画でタダで観られる「カサブランカ」も観たんだけど、
こっちはハンフリー・ボガートが好みのタイプではないため、映画の中に充分に入り込めず、(えー、ダンナの方が断然いい男なのになんでこんなのがそんなにいいの??って感じだし。) (こっちもネタバレですが)イングリット・バーグマン演ずる恋人が、後で「夫が死んだと聞かされて落ち込んでた」って言ってたけど、話の途中では夫が収容所にいる間の浮気のように描かれていて、おいおい相手はナチだし夫の生死がかかってる最中に浮気かよって思ったらあんましマジで観る気を失うし。
有名な台詞やらが「ああここで出てきたのね」と思うくらいでそんなに感動できるものではなかった。
Wikipediaで カサブランカを調べてみると


「当時太平洋戦線、ヨーロッパ戦線ともに劣勢であったアメリカの国威発揚のための国策プロパガンダ映画として製作された映画で、この時代に多数作られたB級映画の一つに過ぎなかった」映画だそうです。
へぇぇぇぇ〜とびっくり。
でも、少しわかる気がする。

こっちも昔多分観たはずだと思うんだけど殆ど記憶になかった。
人の記憶なんていい加減なんである。というか「私の」と言った方がいいか…orz

ただ、これらの往年の映画、昔観た映画をもう一度観てて思う事は、本でも同じだけれど、「観る年齢」「読む年齢」によって見方がすごく変わってくるという事だ。
50になって、そして最近の2ちゃんの影響で歴史や戦争、他国や自国の歴史、立場などを、生活を結びつけつつ考える事が少しは出来るようになった。
その立場で観てみると、若い時にはただの「物語」でしかなかったものとは違う視点で
観る事ができるようになったなぁとは思う。
もちろん若い時からそういう視点でモノを観られる優秀な人はたくさんいるのだろうけど、私は違ったから。すべてただの「物語」に、過ぎなかった。
若い時に観た時は、ナチと言われようが抵抗勢力と言われようが悪役とその敵、くらいの認識しかなかったものが、今は少し違った感じで伝わってくる。
歴史の中の一コマとして伝わってくる。

「心の旅路」の中の巷の劇場の観客層と、「チップス先生さようなら」の中の劇場の観客層の違い、当時のダンサーの扱いの違いなどに気がついたり。
第一次大戦直後と第二次大戦直前と違うのは当たり前なんだけど、その中で20年の流れを感じてみたり。
心の旅路での劇場ダンサーは流れのダンサーだという事がわかる。
チップスの中のキャサリンは、地位的には低く観られているのはわかるけれども、ニュース記事になったりしてて、ある程度社会的な地位を得ている事がわかる。
有名どころの劇場お抱えのダンサーと流れのダンサーはもちろん違うんだろうけど。
そしてそういう細かなトコに反応してると、残念な事にストーリーそのものに対する感動がかなり違ってくる。
要するに感動できにくくなってる自分に気がつく。

感受性の高い内に名作は見なくちゃいけないってのがよくわかるような。

昔「西部戦線異状なし」を観て痛く感動し、これは子供にぜひ観ておいてほしい映画の1つだとずっと思ってきた。
この間yahoo動画でもう一度観てみた。
…描き方の古さ等が苦になって、なかなか入り込めなかった。
昔のような感動、最後涙で画面が見られなかったような、心に響く感動を得ることができなかった自分にがっかりした。

昔観た映画をもう一度観るという事は…かえって感動を失うという事なのかもしれないと、最近ふと思ったりする。
昔弟の高校の先生が、弟たち生徒に
「夜明け前」だったかを「二十歳になるまでに読んで置けよ」と言ったそうで、
理由は、と問うと「大人になったらばからしくて読めなくなる」と答えたそうである。
笑ったけれど、今思うとわかる気がする。
「志賀直哉」は若い時に読めばぐだぐだとくだらなく思えるけれど、
年を取ってから読むと、気持ちがわかるそうだし。

映画も観る時、観る時、その時々の経験でいろいろな見方が出てくる。その違いを感じるのも又一興なのかも知れないけれど。
ラベル:映画
posted by 紫猫 at 05:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

外付け無線LANを追加してみた

今度の東芝ノートは最初っから無線LAN搭載機。
まぁ、今時のはみんなそうなんだろうけど、これがめっちゃくちゃ、通信遅かった。。。。(>_<。)
まぁ前のノートもアンテナつけるまではめっちゃ遅く、通信状態は線1本かそこらしか立ってなかったんだから、この家の構造上どうもこれは仕方のないことらしい。
でパソを新しくする時に一緒にAirStationをハイパワーというやつに変えた。で、なんとか前の時のアンテナ無い状態の時よりはマシで使えていたのだが、動画とかYouTubeとかが遅すぎ…で、どうにも我慢ができなくなった。

で、今度のノート用のアンテナを買いに行ってきた。

アンテナとカードのセットでも6800円くらい、無線LANカードだけだと3000円台、アンテナ単品だと6500円くらい、というノート買った時の記憶だった。AirStationを新しくしたので前のノートのカードが使えなくなるかもしれない、とAirAtationと一緒にカードも一枚買ってあったのが結局余っているので、それをこのノートに挿せばいいやと思い、アンテナだけのつもりで行った。

ノートを買ったのは1月末。たかが半年、されど半年。
またもや世の中変わってました〜。。。orz
ほんとに日進月歩なんですね。前のノート用に買ったようなアンテナは売り切れで、そのかわりという訳ではないんですが、USB無線アダプタに最初っからアンテナ内蔵というやつが売ってまして、これが3400円くらい。アンテナ買うより安いんですよね…
という訳でこっちを買ってしまいました。

http://buffalo.jp/products/catalog/network/wli-u2-sg54hp/

無線LANカード余分だよ。。。どうしよう、これ。
オークションででも売るか。。。めんどくさい。
先走って買ったりすると、この時代あっと言う間に時代遅れになってしまいますね。

でこれの取付なんですが。
はじめから載ってたのはIntel(R) PRO Wireless3945ABGというやつ。
で、前にも書いたかもしれないけど、このIntelのデバイス、AirStationと相性が悪い。んでこれを管理制御するために、東芝ノートにSetPointというソフトが入っておりまして、これがAirStationの管理ツールをはじく仕様になっております。(`皿´)ウゼー

AirStationの普及度考えてみろよなぁ、東芝さんよ。
「入れるな」ではすまんだろーが。
これくらいバージョンアップして対応しろや。てか、最初っから国産のワイヤレスデバイスで一番普及してるやつくらい対応しとけよっての。

AirStationの設定ツール入れられなかったら、親機としての設定できんだろーが。子機として接続する場合だけじゃないんだぞー。

と前に怒っていたのですが、こんどもやっぱしはじかれました…
あったり前ですが。スタートアップはずしといたんだけど、なんでかしらんが(再起動忘れたかな?)設定ツールのアンインストールして、その後インストールに失敗しました、と出たんですね。

あーあー、やり直しかい、と再起動しようとしたら…

なんかつながってる〜w(・o・)w…

設定していないのに〜。
クライアントマネージャー(AirStation用のツール)は生きてて、なんか勝手につないでます(--;)
パソ型のネットワークアイコンが二つになってます〜
こいつね。
networkicon.jpg

気がついて前のIntelの内蔵無線LANを無効に設定。
クライアントマネージャーで設定しようと…
もうつながってます。。。???
WEPとかどうなるの??? 前と同じ親機だから、暗号とか一緒だから接続勝手にしてくれたの???
訳わからん〜(´Д⊂グスン

これだからネットワークって嫌いだ。
勝手にやってくれるのはもっとわからん。
とにかくつながったんだからいいのかもしれんけど、納得がいかない。
Windowsのネットワークは、つながってるにも関わらず、いつまでも×マークがついてるし。
「接続できません」ってオマエ、ちゃんとGoogleも2ちゃんもみれてるじゃんか!! アホンタン!!ヽ(`Д´)ノ
とイライラしっぱなし。

…でもまぁ…ちょこっとは早くなりました。
前のちゃんとアンテナ線でつなぐタイプの方が感度はいいようですが。接続の様子を示す「線」が一本、前のよりも少ないです!!
200%向上、って書いてあったのに。嘘つき。

でも安いのでお勧めです。早くなって、嬉しいです
さぁ、映画もどんどん見れそう。♪
昨日の続きの「カサブランカ」でも見ます。。ってか、もう3時じゃん〜(;へ:)
ラベル:PC
posted by 紫猫 at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。