2013年07月29日

水菜とターサイ

二十日大根に味をしめて、何やら種を播きたくて
今度は水菜とタアサイのミックスになってる種とほうれん草の種を買ってきました^^
6月下旬の事だったと思う・・・(記録がない(´Д`)…)
ツマグロヒョウモンのところに「移植後のバジルがかじられて…」とあるので多分このちょっと前かもです^^

で二十日大根の後にほうれん草、いつもはフリージアが植わってる場所で夏はたいてい紫蘇が繁茂する場所には水菜とタアサイの種を播きました。
この時一緒に、例の発芽していたバジルもそばに移植。

そしたら前に書いたようにバッタにみーんなかじられてしまうので、
不織布を買ってきてアーチ型の支柱を立てて虫除けを作りました。

「20日で作れるスピード野菜」という文言にひかれてこれを選んだのですが・・・
肥料が野菜にしては足りなかったのか、(花はやり過ぎてはいけないとセーブしてる)
なかなか大きくなりません(>_<。)
そもそも本来間引きなどを、毎日様子を見てするべきなのですが、
虫除けしてあるのではずすのがめんどくさいので
どうしても平日は不織布の上からシャワーかけるだけ^^;
2週間くらい前に、スーパーで買ってきた水菜の立派さにびっくりして
思い切って有機肥料をけっこう思い切りよく追加。

そしたら…

7月20日
2013_0728mizunataasai.jpg
あっという間にこんなになりました^^

20日では無理でした^^;
播種から30日くらいは経ってますね。。。雨があまり降らなかったのが原因かもですが。

上のほうにバジルが見えています。
バジルも無事でっかくなりました♪
ちなみにこの中にいたピンクカタバミの葉のでかかった事!!
5pくらいの直径の葉の大きさでした。
雑草も知らない内に育ってて
雑草に見えないくらいでかかったです。肥料恐るべし^^;

でも…遅くに帰宅して暗い庭に出てカバーを取ってバジルを採取…という訳にはいかないので
こちらはなかなか利用に至りません(*´д`*)

バジルがバッタの一番の餌食になるとわかったので、今バジルは
高い位置に壁掛けタイプのプランターに植えてあってそっちは虫除けをしなくても
大丈夫のようで無事育っています(^o^)

で。サラダ用水菜たちと同じ日にまいたほうれん草・・・
2013_0728hourensou.jpg
(´Д`)ハァ…

こっちは不織布の虫除けなしで、写真をとる前の日にアリの巣を発見したので
駆除剤が置いてあります。。。。
ごらんの通り。。。殆どダメ。
播種してから毎日芽が出るのはまだかな?まだかな?と見ていたのですが
どうも発芽はしてるっぽいのに、なかなか「芽が出た〜」にならない。。。
そのうち気がつきました。
今のほうれん草の種は、固い種を緑に染めてあって、
それが割れているのに、なぜか芽がみあたらない・・・

大雨が降った翌日に原因がわかりました。
固い種が割れて、まず芽が出るのですが、それをどうやらこんどはダンゴムシが
ぜーんぶ食べてしまうようなのです。
だから割れた種の殻はあちこちにころがっているのに
(1pくらい、かなり深植えにしたのに、発芽する時は土表に浮かび上がってきてました)
「発芽した〜」にならなかったのでした。

しばらくダンゴムシと格闘しましたが・・・ダンゴムシは不織布では防げませんし(*´д`*)
又、どうもダンゴムシだけでもなかったようで。
この近くに植えたバジルも紫蘇も、当然のようにすぐに茎だけの姿になってしまいます。
この南側にプチトマトを植えたのですが、こっちは苗だったせいか
無事すくすくそだっています。
バッタはトマトは食べないらしい(´・ω・`)

せめてバッタ対策にさっさとこっちも虫除けすれば良かったんですが・・・後の祭り。
そもそももう一度播くには気温が高すぎて。

この他、花後の桃太郎やローラなどの種もパラパラしてみましたが、どの子も発芽せず・・・
(´Д`) =3

☆で。昨日(土曜日)
2013_0728mizunataasai02.jpg
一部収穫^^

採ってる時はたくさん採ったつもりだったけど、(両方で20株くらい?)
束ねて持ってみると、そんなになくて
100円程度で売っている水菜の量を考えると・・・お百姓さんの苦労が偲ばれました・・・。
(今の水菜は水耕栽培かもだけど)
でも洗ってみるとけっこうあって、少量だけどツナ缶と混ぜて、4人分のサラダ菜になりました^^
タアサイはお汁にしておいしくいただきました。

わずか奥行き50p、幅70p程度のエリアなんですが、20株抜いてもまだ3/4くらいは
残っています^^
間引きしなかったのでわさわさです。。。
土の力ってすごいなぁと、またまた感激しています。

で、また毎日出すと「またぁぁぁぁ〜?」って言われるなぁと(笑)

虫除けの効果、すごい〜。
てか虫の威力がすごいんだよね、これ。
posted by 紫猫 at 03:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虫は虫でも…猫条虫(*´д`*)…(閲覧注意)

先回くゆらさんから「生き物観察BLOGになってますよ」って言われちゃいましたが…
今回は…虫は虫でも「猫条虫」…(´Д`) =3
まぁ「生き物」である事は確かです^^
でも「観察」って言われると・・・観察になってませんが^^;

ラックが先週、吐きまして…。
座布団に何やら長い紐みたいなものが…(゜△゜;)…
最近またよく吐くなぁとは思っていたのですが。。。びっくり!!
寄生虫のようですェェェェ Σ(゚Д゚ノ)ノェェ!!!

実は今年の1月頃、その時はお尻からなんかを垂らしていて、
紐でも飲み込んだのかと思い、引っ張ったら途中で切れちゃったんです。
その時は娘と「寄生虫じゃない?」という事で翌日医者に・・・
しかし、あろう事か、その時私が、ボーッとしてて現物^^;をトイレに流してしまって
なんの虫かわからず・・・
その時は幅1pくらい、ひらぺったく、一見きしめんのようで
ぎざぎざと節があるようなタイプの形状をしてました。
(でも写真で見るマンソンのような楕円を連ねたようなものではなかった気がします)
検便を顕微鏡で見てもらって、発見された卵の形状から多分、マンソン裂頭条虫だろうという事で
薬を処方してもらいました。
1度目の薬は上手に飲めたのですが、念のためと2回目にもらった薬は
何か学んでしまったらしくほとんど飲んでくれず
ずっと気がかりだったのですが。

その1月の頃はしょっちゅうものを吐いていたのに、その後おさまったので
どうやら駆除できたらしい、くらいに思っていたのですが・・・
どうやら、というのは、薬を飲んでから「虫が便に排泄されるかも」とか言われたのに
何も起こらなかったからです。

で半年後。

ここのとこまた、ちょっとよく吐くよねぇと言ってたら。。。(-_-)。。。

こんどは捨てずにちゃんと(土曜日の午後に吐いたので)
冷蔵庫に保存して月曜日にもっていきました^^;
(家族の猛烈な抗議はありましたが・・・)

これです。嫌いな人は見ないように。

2013_0728猫条虫01.jpg

2013_0728猫条虫02.jpg

2013_0728猫条虫03.jpg

カメラを持っていくのを忘れ、携帯で撮ったので画像が小さいです(*´д`*)
写真で見ると分かり難いですが、今回は幅が前回より狭く4oくらいでしょうか。
ただの紐みたいと思ってましたが写真でちゃんと見るとやっぱ平べったい形をしています。
前の虫とは見た目は違う気がするのですが、幅は違うけどただ虫が小さいだけなんじゃなんだろーか?
と一抹の不安が・・・
まぁお医者さんは「猫条虫」って言ったんですが。^^;

お医者さんは昔からかかってる年配の、経験豊かなお医者さん。
猫条虫と言われたけど、なんか写真見てると
ここの写真
マンソン裂頭条虫に似てるような気がするんだけど・・・??
(2週後今度は本を見せてもらいました。どう見てもマンソンの気がします…(-_-)…)

前は服用するタイプの薬だったんですが、今回は、首のうしろの(背中の上の方)の「油線」?に
液を垂らすだけというタイプのものでした。
今ぐぐってみると、どんなタイプの虫にも効くみたいだ…色によって対応する虫が違うらしい。
(やっぱマンソン裂頭条虫にはこのプロフェンダーという背中にたらすタイプの薬は効かないそうです。)
まぁ薬を飲ませるためにラックと格闘するという事がなかっただけ、気が楽でした(´・ω・`)

猫条虫と瓜実条虫の違いってのはここに詳しく載ってました。
http://plaza.rakuten.co.jp/sleepingrakugan/diary/200811260000/
ここ読んでると、瓜実条虫の時が背中のスポットで、条虫の時は服用タイプ、とあるので
??と思いましたが。。。単に、種類別の在庫があったかどうかってだけなんですかね?
※追記 プロフェンダーという背中スポットタイプは瓜実条虫、回虫、猫条虫には有効でマンソンはダメ。

で。
薬垂らしてもらったけど…特に便に排出されてるようすもなく。
病院に行ったのが、先週の月曜日なので、もう出てきそうなもんなんだけど。
瓜実ってやつではないよーな気がする。白いツブツブが落ちていた事はないので。

なんか気持ち、体重が一週間で増えてきたような気がしないでもない。
なんか軽いなぁと思っていたけど、ちょっとずしっとした手応えを感じるようになってきた。
(と言っても、前回1月に測った時と今回体重はほぼ変わってなかったんだけど)
マンソンだと下痢するとか書いてあるけど、
前回も今回も特に下痢もせず、ラックは元気なんですよね〜。

訳わかめです。

そもそも完全室内飼いなのに、なんで、どっから寄生虫が?というのが不思議でなりません。
しかも前回と今回のと違うとしたら2種類も!!
先日みたいに時々室内にもぐりこんだヤモリやバッタやトカゲと戯れているので
その時に感染したんでしょーか?
マンソンはミジンコ→カエル・蛇などからと書かれていますが…
2階のベランダにバケツが置いてあって、雨水が貯まるのを、私が洗濯物を干す間
ベランダに出たラックが必ず飲むのです。
なんか雨水飲むの好きそうなので、そのまま飲ませていたのですが、
あれからうつったんでしょうかねぇ・・・時々虫とか浮いてるし。
瓜実条虫ならノミらしいのですが、ウチではノミが出た事はない気がします・・・。
猫条虫はネズミ?? あり得ません。。

…何が何やら、わかりません(-_-)
タダの「猫条虫」というのの情報があまり出てきません(*´д`*)
でもまぁ…お医者さんを信じよう。
■□■□■□■□■□■□■□■
早く、ちゃんと駆除できてるといいんだけど。
垂らした薬はしばらくは効くのだそうで。ナデナデして他の場所について
それをなめてもダイジョーブなんだろうか??
いろいろ考えてるとよけいにわからなくなります(´Д`)ハァ…

あと一週間後くらいにまた診せに行ってきますですよ。。。

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--
8月5日 2週間経ったのでまた行ってきました。
プロフェンダーという前回と同じものを処方してもらいましたが、
今日は本の写真も見てきました。猫条虫…いや、違うだろ、と。
どう見てもマンソンの方が近い気がします。
どうしたもんかなぁ・・・・(-_-)

ぐぐってると、「いや、これ猫条虫だろ」って写真で、
「マンソン裂頭条虫と言われた」という記事も出てきて、
案外お医者さんも現物あまり見る機会はないのか?と思ってしまいました(´Д`)

猫条虫は、つなぎ目にギザギザ?というか、πみたいなのが連結してる感じ?
マンソンは鰻の白焼きみたいな感じという気がするんだけど・・・??
(´Д`) =3 ハゥー
posted by 紫猫 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

お客様シリーズ ツマグロヒョウモンとカマキリとヤモリと

◆またいっぱい空いちゃったよ(´Д`)…

前回のツマグロヒョウモン君の蛹、黒くなったら羽化すると聞いて毎日毎日観察。
で金曜日に、銀色の点々が金色に変色し「いよいよか?」と期待しまくりo(^-^)o ワクワク
ところが土曜日、朝からずっと待機してたのに、ほんの30分ほど洗濯に追われてる間に羽化!!
気がついた時には蛹は背から割れて、庭にはヒョロヒョロ舞う蝶が・・・(´・ω・`)ショボーン

どうも挨拶に待っててくれたらしい・・・(と思いたい)
しばらく写真撮ろうと格闘するもあえなく逃げられました(x_x)

しかし!!がっかりして空になった蛹を見てると、すぐ下の葉のウラに次の蛹が!!
前回のよりちょっと小さめ。。。やっぱりビオラが終わり期なので栄養不足だった?
しかももう、だいぶ色も黒め。これは羽化近いか?と
今度こそ羽化を動画に撮るぞっ(`・ω・´)っと待ちかまえ・・・
(とは言っても仕事してるしウチにいる間に羽化してくれないと無理なんだけど)

…しかし一向に羽化せず。
で心配になりました(*´д`*)
みつけた次の週の月曜日にシャワーをかけてしまい、これはいかんとそぉぉぉ〜っと
水気を拭いた時、蛹くんがピクピクッと身体をよじらせて動いたのですよね。
ひょっとしてあれで、ショック死してしまったんだろうか?と・・・
「蛹 ショック死」で調べると、蛹は中で細胞を作り直す為、どろどろの状態になってて
簡単にショック死するって書いてあるし、寄生蜂なんかにやられて
特にアゲハなんかは無事羽化できるのは1/10とか書いてあるし・・・
時は酷暑で一時は40度近くなり。色は変化なし。。。

ほぼ「これはもうダメなんだ…」と思って一週間。
金曜日にどしゃぶりの雨が来て翌日…見ると、前よりずっと黒くなってます。
え…(゚д゚;)??
前の羽化1日前のと見つけた時の色と一緒だったから、もうすぐに羽化するのかと思いこんでたけど
違うのか?それとも腐っちゃったのか??と色々考えてたんですが。

またその後ほんの30分目を離したスキに・・・羽化。
ε−(´。`;)ホッ
生きててくれました・・・。また撮れなかったけど(´・ω・`)…
どうも水分も羽化には必要だったのか?と思ってしまいました。
カラカラ酷暑天気が崩れて翌日の羽化だったので。

でもまた蝶々が庭を何度もウロウロ。
2013_0719tumagurohyoumon01.jpg
次の卵を生みに来ている親なのか…?
それとも先週かえった(羽化でもそういうものか?)子が帰ってきてくれてるのか…とつい思ってしまう。
羽根の一部が欠けてますね。。。

2013_0719tumagurohyoumon02.jpg
ヘタクソな飛び方でウロウロしてた子は、今かえった子なのか?
さっきのと違う個体。
私が来るまで待っててくれた?

2013_0719tumagurohyoumon03.jpg

2013_0719tumagurohyoumon04.jpg

庭をあちこち徘徊して…飛び立っていきました(´・ω・`)
元気でね〜
…まだ一匹、幼虫がいますよ。でもここ2〜3日目にしてない。。。無事かなぁ。
もうエサのビオラがカレカレですよぉ(*´д`*)

◆バッタとの闘いはまだ続いていて、バッタとやりあってるとお仲間も現れたりします^^
2013_0719kamakiri.jpg
「おい、オレの獲物をどうすんだよ」って言ってるみたいに睨まれます^^
毎年おバカな事にアスパラガスとか冬に地上部が枯れるものとかに卵を生み付けるので
どうやって保持しようかと悩むのですが…どうやら無事子孫は育ってくれてるようで^^;
おい。もっとバッタたくさん捕まえてよ。

バッタと対峙してるのをずーーーーっと見てましたけど、一向に動かない。
両者微動だにしない(*´д`*)…あんなんで1日にどんだけ食べられるんだろう?

◆それから今度は・・・どしゃぶりの日の次の日、室内の階段に(゜△゜;)…
2013_0719imori.jpg
しっぽが途中で切れてて赤い…トカゲの血は青いって聞いたような気がしたんだけど
イモリヤモリ(だそうで^^;直しました・・・orz)の血は赤いのか?
どうもラックにやられたらしい。でもヤモリってどっから入ってくるんだろう??
見かけるのはいつも雨の翌日とか。

でもヤモリってかわいいんだよね。よく見ると。
この後、逃がす時に手のひらに載せたらほんわり生き物のあったかさが伝わってきました。
しばらく手のひらでじっとしてて、こそこそ降りていきました(´・ω・`)
無事でいてくれ。。。。
――――――――――――――――
小さな庭でも、生き物たちの競演する夏です^^
来年はツマグロ君のエサをもっとたくさん植えよう♪
…成虫はどれくらい生きるのだろう?
posted by 紫猫 at 03:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。