2013年10月13日

シソの実で味おこわ

いきなり涼しくなって今日の朝など寒かったくらい。あわててカーディガン出しました。

で…シソの季節が終わってしまいましたね。
でも、今年はあちこちからたくさんシソが出てきてくれたので、いっぱい味わえました^^。

紫蘇、たくさんあると思っていても、実際採取してみると「食べ頃」にぴったりのはっぱは
案外なかったりするので(小さすぎるとか、時間がたって固そうとか)
ほんと、株はたくさんないと、思ったようには使えないんですよね〜

で。シソの季節が終わりに近づくと今度はシソの実がいっぱい。
あのプチプチした感触が好きで、以前はキュウリと醤油漬けにしたりもしたんですが、
防腐剤いれてないから、ちょっと時間が経つとちと不安になったり。。。

なんかもっと簡単な、違う利用方法ないかなぁという事で
今年は、シソの実とえのきの瓶詰めだけでおこわを炊いてみました^^

2013_1013shisonomi.jpg
ちょっとぶれてますが(^◇^;)

シソの実は、調べてみると花穂の最後が残ってるくらいが食べるのに適した採取時期なんだそうですが、ウチのは・・・それよりちょっとすすんじゃってましたねぇ。
種がもうできてるのもあったりしましたが、それでも特に気にはなりませんでした^^;

シソの実って先っぽの方を手に持って上の方からしごくと簡単に取れますね。
茎の下の方からしごくと取れない・・・。で上を持ってしごくと・・・頭がちょん切れたりするんですよねぇ。(*´д`*)
せっせと採った実を濃いめの塩水に二度ほど水を変えて漬け、アクを抜きます。
塩でもんでもいいかも。
で、瓶詰めのえのき一瓶全部と一緒に餅米二合にいれて炊くだけです^^
すこーし醤油を足したかな?
三合の時は醤油とみりんと塩を少し足しましたけど二合ならそのまんまでもいいみたい。

山菜好きな私とちがって家族は嫌がるか?と思ったら意外にも娘まで
「おいしい〜」だったので、いけるみたいですよ^^

フツーの味ご飯よりおこわにした方が、しその実のツブツブ感が味わえます。
今年はもう適期がすんじゃったよ〜て方、来年ぜひ試してみてください^^
今年でも、途中でカットした茎なんかの花茎はまだ青い実が残ってるかも〜。

☆☆☆
それから今年はバジルもジェノベーゼにしてみた。
バッタに食べられちゃうので意地になっていっぱい植えたおかげで、
今年は結局バジルがいーーっぱい。
サラダとスパくらいにしか使わないのであまりまくり。
なんか残す方法はないか…(´Д`)…と考え、ジェノベーゼに。
めちゃ久しぶりにフードプロセッサーーを引っ張り出し、
松の実は高いので変わりにカシューナッツでやってみました^^

プロセッサーでは思ったようにカシューナッツを砕いてくれないので、
(入れすぎて葉っぱもなかなかカットしてくれなかった…orz)
2回目は包丁で刻みましたけど^^;
でスプーンで1匙分くらいずつ、スチロールのお皿に落として冷凍。
製氷皿で作って後で割るより簡単です^^。
で、生の葉だとほんの少しでサラダの風味が変わるんだけど、
これが冷凍ジェノベーゼだと、案外一匙分ではあまり効かないのにびっくり。

やっぱ生に勝るものはないのかも〜。
…やはり花瓶に挿して、お勝手で挿し芽育ててるのが一番?
冬も室内なら育ってくれるんだろーか??
posted by 紫猫 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377432218

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。