2014年07月14日

らっくん たいま

人は誰かの名前を呼ぶとき…猫でも、子供でも。

ただ呼ぶだけでは思いが表現しきれなくて、だんだんいろんな呼び方をしてくるもの…ですよね?

子供に対してでもいろんな呼び方があり、
ウチの猫たちもいろんな呼び方をされてました。

ラックがなまって、
らっくん、らくりん、らくたん、らくにゃん、etc etc

果ては… ら! …

なんて呼んでみたり。。。

おもしろい事に、どんな呼び方をしても、ラックはちゃんと自分の事だとわかっていました。

そしてまた、
トトロのめいみたいに、とうもろこしがとうもころしになったり、
チョコレートがチョレコトになったりするように、
ただ「ただいま」が「たらいま」になったり
「おるすばん」が「おするばん」になったり…

今どきは「いってらっしゃい」が「いてら」になるように…
どんどん挨拶の言葉も変化していって。

ウチに帰り着いた時に、車の音を聞き分けて、玄関にへばりつくラックに、
足の隙間を狙って、外に出ようとするのを荷物で阻止しながら、
「らっくん たいま」というのが毎日の習慣でした。

4月…腎臓病がみつかり、日に日にやせていくラック。。。
だんだん、車の音を聞いても、玄関には姿をみせなくなり、
私の、ダイニングの椅子に寝ている事が多くなりました。

それでも、何度か元気を取り戻し、
洗濯を干すのについて、ベランダにまた出てくるようになった事も。。。ありました。

それでもだんだん、後ろ脚に力がなくなり、
ダイニングの椅子に飛び乗るのを失敗するようになり…

それからが早かった。。。。

低い方の椅子に飛び乗ってから、少し高い私の椅子に移るのは、
そちらの椅子の方がクッションがやわらかかったせいかもしれません。
気がつけば、骨と皮だけになったラックの腰の骨は飛び出ていて、
クッションの固い椅子では痛かったのでしょう…。
いつも、いつも、後から気がつきます。



ラック、逝ってしまいました…
あっという間でした。
病気がわかってから、3ヶ月でした。


6月26日。

なかなかここに書けなくて。
あの、ほんの、数ヶ月間が、夢のようです。


いまでも、やっぱり、帰宅の挨拶は、

らっくん、たいま、です。
変わりません。

朝、出て行く時は「おりこうにおするばんしとってね」


両手を揃えて、しゃんと背筋を伸ばして、
出かける私をちょっとクビをかしげて、見つめているラックが、今も、目に浮かびます。
きっと、今もずっと、そうやって見送ってくれてる気がします。


ソファでうたた寝していた時、ラックが猫砂を散らして、トイレから出てくる時の
音が聞こえた気がしました。
逝ってしまった日の翌日でした。

だからまだ猫砂も、爪磨きも、そのままです。
抱っこすると、解放後決まって、抗議の爪研ぎに行くのがが彼のくせでした。
また抗議、するかもしれません。

何も考えず
何も変わらず…


「ら〜」

そんなに遠くない日に、きっと私もそこに行くから。
今までと少し違って、静かに彼の旅立ちを見送った私だったけど…
そんな思いがあったかもしれない。

また逢えるから。
また逢えるから。

まってて。

とりあえず、今は、「らっくん たいま」。


posted by 紫猫 at 00:17| Comment(7) | TrackBack(0) | 猫たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
そうでしたか・・・ラックちゃんの旅立ち
淋しくなりましたね。

わたしも3匹の飼い猫を見送ってきたので
何となく解ります。

ふとした瞬間に気配を感じたり・・・
感触、息遣い、いろいろな習慣も
日常のひとこまになってしまっていると
なかなか忘れられないものです。

もう亡くなって久しいのに
爪とぎをした壁紙もドアノブの瑕もそのまま・・^^
忘れなくていいのですものね。

ヒトとネコとは寿命も違います。
でも、ヒトもネコも一生・・・・の命です。

その一生のうちに、出逢え、互いに愛し、
愛され、癒された時間は何物にも代えがたく尊いですね。

ラックちゃんも紫猫さんも‘ありがとう’
だと思います^^

Posted by くゆら at 2014年07月14日 10:15
くゆらさん、コメントありがとうございます。
くゆらさんも多くの別れと出会い、
あったのですね。


…出逢い方が奇遇に近いものだったので、
なにやら因縁めいていて…

いつもいつも
「ウチに来てくれてありがとう」と
言っていました。
ラック、しあわせ?とも。
答えてはくれなかったけど。


どんな前世の因縁があったのでしょう…
また来世につなげたい出逢いです。

私、あちらに行ったら忙しい^^;

ペリにポチにみーちゃんに
ペコにラックに
そして父や母に…
会いに、走り回らなくてはなりません。

またね、と行った別れがいくつあったかしら。
Posted by 紫猫 at 2014年07月14日 17:57
なかなかこの記事にコメント出来ずにいまして、、
ごめんなさい。
フルーツブログ終了してますね、今朝は動いてたのに(笑)
昨日まで記事が書けたのに、翌日完全に終了閉鎖って(--;;
告知はあったのでわかってるけど、せめて終了後1ヶ月とか見られるようにしてくれてるとよかったのに、移転先のお知らせとかあるだろうに。
新しいほうで継続リンクさせていただいております<事後報告(^^;メンゴ

記事の引越は、切り出していくつかやってみたけど、悲惨なことになりそうなのでずっと保留(笑)
Posted by 新介 at 2014年12月01日 11:08
晋介さんど-も^^

なかなかここに来ても書けないのですよ^^;
あれから何か何もかも力が入らなくて・・・

そうですよねぇ。1ケ月くらいは
見られるようにしてくれなきゃ
「最後の更新」の意味がなくなっちゃいますよね。

記事のお引越し→悲惨…ですか、
そうですか。
なかなか思い通りにはいかないですよね。
とくにコメント!!
コメントが大事なんですよね、実際。
それまで移せるものがなかなかない。
HPビルダーに、ブログツールなるものがあって
それでバックアップを…と思ったのですが、
これがかなりな役立たず。
もう最近はあきらめています。

デジタルの日記は儚し・・・
人の世もまた儚し…

です。
Posted by 紫猫 at 2014年12月01日 13:59
こんばんは!汗疱で大変お困りとの話を読みまして、私も年中悩まされていたのですがdryonicという製品アメリカのもの?治療方法としては手に微弱の電流を流し手を乾燥させることで汗を手に書きにくくなり、汗疱自体の発症が収まるというものです。私も元は近くの病院で電気治療を受けてなんとかしていたのですが、引越しをしてから周りにそういった施術を施す病院が無くなってしまい、悩んでいたところ親族が見つけて買ってくれました。本当にオススメなので、日本の汗疱に悩む人みんなに使っていただきたいです。
Posted by 桃子 at 2015年02月19日 22:10
愛猫が5月老衰で亡くなりました(泣)
縁あって一匹増えた翌日でした。
ブログにも綴ってます。
「ミヤ」がなくなったことは書いてませんけど…
そしてWebページも移転処理しました。

如何お過ごしでしょうか?
いろいろボチボチと変わらずにやっております。
でわでわ
Posted by 新介 at 2016年08月07日 11:45
新介さん、ご無沙汰しています。
1月に15歳と載っていたネコちゃんでしょうか?
老衰と言われるので、もっと年上のネコちゃんがいたのかなぁ・・・
おこげちゃんが着た翌日?
うちもそうだったけど、猫さん、ちゃんとわかってて「次はこの子頼むね」って、次の子を用意?してくれるんですかね…。
ラックは、みーちゃんをお寺に連れて行ったその日に遭遇したんですよ。

小さな子の面倒見てると、確かに、辛さは幾分か紛れますものねぇ。

★Webページ移転処理って…お店の?
ブログにリンクないんじゃ?
見つけられない〜。

★昔は別れの衝撃ってほんと辛かったんですけど、
最近「まぁ、その内こっちも行くからな」って感じが強くなってきてて^^;
再来年で、母が逝った年になるんですよ〜。
30年とかって早いですねぇ。

★遅まきながら、今やっと新しい方のブログ更新登録してきました^^;
すみませんでした。
ちゃーんと更新されてるのねぇ。
…やり方忘れてるし。

ここ数年は、ツイッターばっかで時間を使い切っています。
夜もさっさと寝てしまって(うたた寝モードだけど)
朝五時起きで朝風呂とか、以前のσ(^^*)からは考えられない今日この頃です。

またねー
Posted by 紫猫 at 2016年08月08日 11:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401699729

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。