2014年06月02日

日本トキソウ

今年もトキ草が咲いてくれました。
しかも、いつもよりずっとたくさん^^
2014_0602tokisou01.jpg

一昨年?水苔植えしてあったのを、鹿沼単独で植えてしまい、
後から水苔と鹿沼と半々くらいで植えるのがいいと知って、
「また植え替えしましょう」なんて思ってたんですが、やはり手抜きの私の事、
植え替えなんてできませんで・・・・

水苔でないので気にして、できるだけ水を絶やさないようにしていたのですが、
春の頃、毎日雨だったので安心していたら、テラスの下の為か
新芽を一度全部枯らしてしまった事があり…もう今年はダメかな?と思ってたのですが。。。

なんといつもよりたーくさん、咲いてくれましたヽ(*´v`*)ノ

まぁ植物というのは命の危機を感じると、花を咲かせるものなので…
そのせい??災い転じて吉となったかどーかは知りませんが…

2014_0602tokisou02.jpg

2014_0602tokisou03.jpg

先日2ちゃんに、「他のものに見える花の画像 」というスレが立っていたのですが
サギソウとかも、ちゃんとサギの飛び立つ姿に見えるんですね。
胡蝶蘭も、ここの画像では「羽根を広げた鳥」の姿に見える・・・(蝶じゃないの??)

トキソウもアップして撮ったら、トキに見えるかな?と思ったけど・・・
撮る位置が悪かったようで、見えませんでした・・・orz

今度じっくりいろんな角度から眺めてみて、
トキの姿にみえる位置を撮ってみたい。。。と思ったのですが、
トキソウって名前の由来は、トキに見えるからなんだろーか?
タグ:
posted by 紫猫 at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

F1ビオラの子供〜その他の花たち

去年種を播いたビオラたちも今を盛りと咲き誇っています。

ビオラ ローズシェード。
2014_0504ビオラローズシェード01.jpg
種の袋をどこかに置いておいたのですが…みつかりません(x_x)

ぐぐってみるとわかりますが、
「おいっヽ(`Д´)ノ袋の写真と色、違いすぎだろがっ!!」というくらい…
写真と色が違います(´・ω・`)…
袋の写真からもっと、濃い紅色?と思っていたのですが、
よくあるパンジーの濃いピンク系?の色でした。
まぁいろいろ幅があるみたいなんですが。

こんな色も・・・
2014_0504ビオラローズシェード02.jpg

ブルーの方は…ソルベ デルフトブルー
こちらも色幅があるようです。

でも一番のお気に入りは…
2014_0504ビオラ01.jpg
この子で、実はこれ去年買ったF1種の種から育った子。
去年の花は…
2014_0504ビオラ02.jpg
これ。

かなり親と色が違います。
ただし、右に見えている方は、かなり親とそっくりです^^

去年「種の付かない花」として「今年買ったビオラに種ができない」と書いたら
そんなもんジョーシキ、みたいな変なコメントがつきましたが…
F1種でも種はできるんですよ^^フツー。
ただ親と同じではない、というだけなんですよ。

――――――――――――――――
その他の花たちも、今花盛り。

冬越し成功♪オステオスペルマム
2014_0504オステオスペルマム02.jpg

2014_0504オステオスペルマム01.jpg
いつも冬に枯らしていたのだけど、きよみの木の木陰に植えたら冬越し成功です。

ブルスケでいただいたアリウム・トリケトラム
2014_0504アリウム・トリケトラム.jpg

ヒューケラも今花盛り。
…去年はビオラと混植したのですが、もう大きくなりすぎて他のものは植えられません(´・ω・`)
2014_0504Heuchera.jpg

いつものあかずきん
2014_0504あかずきん.jpg

はじめて自分で買ったデンドロも復活
2014_0504蘭01.jpg

もう6年くらいになるベルフラワー。
2014_0504ベルフラワー.jpg

15年越しのクレマチス
2014_0504ドクターラッペル.jpg

2014_0504クレマチス.jpg

そして…昔むかし父の誕生日に贈った、ジャスミン。
もう35年くらいかも…(笑)
2014_0504ジャスミン.jpg

いつもの花が、いつものように。。。

ま た あ え た ね (*^。^*)

――――――――――――――――
それにしても…
ヒューケラも、トリケトラムも、ベルフラワーも、
みーんな名前を忘れてすぐに出てきません(>_<。)
いちいちぐぐる始末。昔のページを探したり。。。
これなんとかならないものか…(´Д`) =3
posted by 紫猫 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノラバロー(オダマキ)が咲きました♪

おだまきの'Nora Barlow' ノラバローが咲きました♪
2014_0504Nora Barlow01.jpg

2014_0504Nora Barlow02.jpg
2年目の株で、去年よりずっとたくさん咲いてくれました。

バックが窓なのが悲しいところですが^^;
他の人のおだまきの写真と違って、狭い庭の、鉢植え。。。
緑を背景に撮る「場所」のゆとりがないのですよね〜。
鉢植えと言えども、実は鉢の外まで(多分)根付いてしまっている為、
鉢の移動はできないのです。。。

去年、ブルスケでたくさん、八重のオダマキの種をいただき、
たくさん播いたのですが、
他のものは残念ながら今年はまだ花は見られないようです。
冬を越す時にある程度の大きさになっていないと翌年開花は見られないんだそうです。

1つの鉢でこんなに大きくなるとすると…
他のは密植してしまったので。。。ちょっと心配。

それにしても…きれいな花です。





posted by 紫猫 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

2014年の春〜おきまりの蘭たちと花たち

また今年も蘭の咲く季節が過ぎてしまいました…^^;
いつものように咲いてくれたのですが、なにせ春は確定申告、その後待っててもらってた仕事、
役員会等々仕事が目白押し。水やりを週一、外に出してやるのが精一杯。
それでも…しばらくむせかえる程の芳香を放って、咲いてくれた花たちです^^
2014_0414kingianum01.jpg

2014_0414kingianum02.jpg

◆下は、Guaricyclia Kyoguchi 'Nishimino'というそうです。
何回か咲いてくれてるのに、初めての登場らしい…。
今下まで言って名前を確認してきました。でも名札が読めなくて、
読めるトコだけでぐぐったら出てきた^^;
2014_0414''Nishimino'.jpg
でも…出てきたサイトさんの立派な花たちに比べたら…
なんかウチのは葉っぱもかじられたり汚れてたりして可哀想だった(x_x)…。

去年咲いてくれた'Taida'は今年枯れてしまったので・・・
一抹の不安が〜。でも蘭愛好家の人たちみたいに手はとてもかけられないし。
やっぱ私には、キンギアナム程度がいいみたいです。。。(´Д`)

◆それから春一番から今年はあちこちからいっぱい出てきてくれたアネモネたち。
2014_0414anemone01.jpg

2014_0414anemone02.jpg
今もとっても綺麗です^^

アネモネも種から増えるのか?? 球根が目立たないためか、植えた覚えのないトコからも
今年はあちこちで咲いています。
まぁ多分「あまった、これ1個どうしよう。。。えぃっここに植えといてやれ」
という感じでいい加減に植えたのかもしれませんが。。。

それから、ユキヤナギが咲き乱れ…
2014_0414yukiyanagi.jpg

クロッカスたちもまばらではありますが咲いてくれまして。
2014_0414Crocus.jpg
しかし…花後の葉っぱの黄色くなるのが早すぎる・・・。
また来年は無理かなぁ〜(´Д`) =3 ハゥー
今年はちゃんと花後に土増しをしたんですけどねぇ。。。
どうもクロッカスとかは苦手です(x_x)

今年は一度暖かくなってからまた寒の戻りで結構小寒いので、
春の花たちが長く楽しめます^^
去年野菜を作るとてチューリップやら水仙やらいっぱい球根を掘り出して
大叔母のところに持っていったのに、
なぜかチューリップも水仙も咲いてます。
去年まではっぱが一枚てらっと出てきてただけのチューリップが、
今年はもれなく花が咲いてくれてました。
いつも、名古屋の春は暑すぎて、チューリップなんか1日で開いちゃうんですが、
今年はホントまだまだ小寒いので、もう一週間くらいも綺麗な形を保ってくれてます^^
posted by 紫猫 at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年の春〜梅から

毎年律儀に咲いてくれるのに載せそびれる梅。2月15日の写真。
父の残してくれたいくつかの盆栽の内、残ってくれている数少ないもののひとつ・・・。

幹は荒れて、穴も開いてるのに、もう何年も植え替えもしてないのに、
楚々と花を見せてくれます。
今年はなぜかいつもの春より少し多めに花をつけてくれました。
2014_0413ume01.jpg

2014_0413ume02.jpg

考えてみれば父が逝ってもう20年近く・・・一度しか植え替えしてないよーな(--;)
植え替えって盆栽は怖いんですよね。
下手にいじくると枯れちゃったりして。

大王松とかいろいろあったんだけど…みんなダメにしてしまいました。
唯一観音竹だけはどんどん増えて困ってますが。

今年いやにたくさん咲いて、ここに載せたから…
そろそろ危ない?
…でも私がいなくなったら、どうせもう面倒を見る人はいそうにないので、
これも仕方ないのかなと思う事に。
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--
さっき、少し机周りを片付けていたら、1999年の写真が出てきて
幼い子供達と一緒に、たくさんのバラたちが写っていました。
もうバラは、3本を残してみんななくなってしまいました。
当時はミニバラに凝っていて、めっちゃたくさんあったんですけどね。。。

へぇぇ〜こんなトコにこんなの、そう言えば咲いていたなぁ。
とか、あれこんなの咲いてたんだ、いつから咲かなくなったんだろ?とか。
ちっちゃな庭にも歴史があって。。。。
駐車場拡張でなくなってしまったものたち、いなくなったものたち・・
あっという間に時は流れていきます。

もう多肉もこうしてみると長いんだなぁと、ちょっと感動しました。
posted by 紫猫 at 00:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

オキザリスパーシーカラーのその後

10月にオクで落としたオキザリス・パーシーカラーの養生球根100個。

いくつかが咲き出しました^^
Percycolor_01.jpg
でも…?パーシーカラーが100個のはずだったんですが、ご覧のとおり
違う色のオキザリスも混じっていたようです^^;

明らかに違う種類の、葉っぱの違うものは初期に別の鉢に移したのですが・・・
葉っぱは似たようなもので、花の色が違うものも結構まじってまして。
でもいろんな色のがいっしょになって咲いてるのも可愛かったりします^^

他のオキザリスは知らなくて、昔ながらのカタバミのピンクのと黄色いのしか知らなかったんですが、
違う色のオキザリスも、つぼみはくるくる巻いてるんですねぇ。

くるくるした可愛いトコを撮ろうとしてもなかなか撮れません(>_<。)
Percycolor_02.jpg
暮れなどは曇りの日が多かったためか、なかなか花は開いてくれませんで。
(今ぐぐって知った。なんだ昼頃にならないと開かないのか?と思っていた。なかなか開かないのは、曇り空のせいだったらしい。)

そして、不思議な事に、なーぜか、ビオラを鉢上げしたポットから、
いくつかパーシーカラーが出てきたんですよね。
Percycolor_03.jpg
なぜ?なぜ?
ビオラ、ポット上げする時に間違って古い土を使ったか、一部混ぜたか?
全然覚えてないので、??マークがアタマの中にいーーーっぱい。
一応土は全部ふるいにはかけたはずなので、小さすぎて球根が網の隙間からこぼれてたんでしょうか…。
でもオクの球根より立派に咲いてるのが皮肉です^^;

メインの鉢の方は、養生球というだけあってまだまだ淋しい花の数・・・(´Д`)…
ピンクの子はなんて名前なんでしょうね。
パーシーカラーと同じ系統のはっぱでピンクのってなかなか出てきません(´・ω・`)
あと、葉に黒っぽい点々の入るものもありました。
どんな花が咲くのか、楽しみでもあります^^。
ちょっと福袋気分。
posted by 紫猫 at 02:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

ポリゴナム

くゆらさんとこでポリゴナムが載っていたので・・・

一昨年はお隣から、去年は道ばたから、ポリゴナムをもらって(道ばたは取って^^;)
自宅に植えたけど根付かず・・・

うちは日当たりが悪いからダメなのかな?と思っていました。

6月・・・
2013_1103Polygonum01.jpg
…原種チューリップが咲き終わったまま放置した鉢に、なんかどっかで見た事があるよーなのが・・・

実はこの時はなんだったのか気づかず。
でもきれいなはっぱだったのでそのまま放置。。
そしたら・・・
2013_1103Polygonum02.jpg
たった20日あまりでこの成長(゜△゜;)・・・
肥料とかが残っていたのでしょうか?

ここでハタと気がつきました。
あれ?これポリゴナムじゃないかしらん?って。

この時ならまだ隙間があるから、チューリップ取り出せたのに放置・・・(´Д`)

そして、9月。
2013_1103Polygonum03.jpg
周りの鉢にまでどんどん伸びて浸食(´∇`)
チューリップどーしよう・・・地下茎で→地下茎じゃないですね^^;
伸びた茎の節々から根が出て拡がるんでした^^;
拡がってるから取り出せない・・・(´Д`)
んーで、寒い夜が1日あった後、こんなに紅葉してました^^
右手にチラッとみえる、これまた原種チューリップの鉢についてるやつははずしました。
虫食いだらけで穴空いてますが^^;

この後、暑さで一度葉っぱがチリチリになってしまい、だいぶ葉っぱが少なくなってしまいましたが、
10月、涼しくなってきてから花が咲き出しました^^
2013_1103Polygonum04.jpg

2013_1103Polygonum05.jpg

くゆらさんとこみたいにカーペットにはならないけど・・・
花もちょっとまばらなんだけど(やっぱあの秋のチリチリのせい?)
やっとポリゴナムが手を伸ばして咲ける場所を見つけたようです^^;
鉢だよ〜どうすんの〜。

でも可愛い。よかった^^。
あちこちで雑草になってるポリゴナムですが、咲かせようと思うと咲かなくて
思わぬところで咲いてくれました。こころを読んだ?
でも、ありがとうです^^
…チューリップ、芽、出られるかな〜(´Д`)
posted by 紫猫 at 18:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

オキザリス パーシーカラーの球根の話

9月にオキザリス・パーシーカラーの球根を植えました。

毎度の事・・・咲き終わって休眠期に入った鉢を放置し、
加えてまたこれも毎度の事なんだけど、センペルの植え替え等で名無しになった子を
ちょこんと乗せてしまったりして、センペルがそこで根付いてしまってて。。。
あー多分、球根ダメになってるよね、と。

なので植え付けより前にオクで球根をゲット^^
実はその前に三貴フラワーセンターで球根さがしたけど、ちーーっこい球根が
ちょこっと入ってるだけなのに高い!!o(`ω´*)o
これじゃ鉢植え買った方が安い・・・
かと言って、季節になったらカーマに出るとも限らないし、出会えるとも限らない。
て訳で、その前にオクでお値打ちだった(But養生球になってましたが)
球根100球超というのをゲット。
2013_1014Oxalis versicolor03.jpg
で、届いてみたのを見てびっくり。ちっちゃい・・・(´Д`)ハァ…
んーでもって、w(゜o゜*)w茶色い色!! …??…
うちのはいつも黒いのに。

不思議に思ったけど、とりあえずとにかく植え付け。
と、植え付けの段になってふと、「あ、そう言えばもう1つ鉢あったんだ…」と気づきました。
そっちも他のみつばやらなんやらが生えてます。。。が、
それらを取り除き土をふるいにかけてみると。。。

2013_1014Oxalis versicolor01.jpg
けっこういくつかの球根が出てきました。
黒いやつです。。。
あー、けっこう残ってた、買って損した、と思いつつも
この色の違いが気になって。

不思議に思って、球根の黒い皮をもいでみました。
すると・・・・
ずっと皮をとっぱらっていくと、中はカラ・・・(>_<。)
なんと、「残ってる球根」と思ってた黒い球根の中身はカラッポが多かったのです。

ただこのウチのいくつかは、あまり水のかからないトコにいたせいか無事で
中からオクで落としたのと同じ色の球根が出てきました。
この黒いのの全部をもいでみたら、無事茶色いきれいな球根が出てきたのは、
合計7つくらいだったでしょうか。
黒い塊の中に2〜3個入ってるものもありました。
2013_1014Oxalis versicolor02.jpg
パーシーカラーの球根って、何度土に埋め戻しても土表に出てきてしまうものがあって、
不思議に思っていたのですが、こういう事だったんですね。。。
カラッポで軽いから、浮いてきてしまうと。
どーしても過湿か何かで?、愛知の夏では生き残る事が難しいらしい。。。
黒い球根があるからちゃんと生きてると思って植えても、芽が出ないのはこういう事だったんですね。
初めてわかりました。(>_<。)

結局、オクで落として損したと思ったけど、良かった訳です。
パーシーカラーの球根の秘密もわかったし。

ぐぐってみると皆さん、ちゃんと鉢植えのパーシーカラー買って、球根増やしてみえるみたいで。。。
(´Д`)ハァ…
こんどこそ、と毎年思うのに、つい他のものを生やしてしまうんですよねぇ。
でも「乾燥を好む」植物って案外他のものを生やしておいた方が乾燥状態が保てて良いのかも。
どうせ休眠してるんだし、他の植物が湿気を吸い取ってくれるので。

今回球根が無事残ってたクロッカスの鉢を見てそう思いました^^;


さてさて。今度はどれくらい出てきてくれるかな?
今植え付けて半月ほど、2〜3芽が出てきてくれています^^

私もパーシーカラーの球根たーーーくさん、増やせたらいいのになぁ。。。(´・ω・`)。。。
posted by 紫猫 at 02:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

あと何回?

2013_1011viola.jpg
ビオラたちが少し大きくなりました^^

前回書き忘れた事を書いておこうと。

今年、何年ぶりかにビオラの種を播いたのだけど、なぜ?

はい。
「あと何回、私は、今度はこの花、今度はこの色…と種を撒けるだろう?
何回春を迎えられるだろう?」
とふと思ったからです^^;


今までいつも
「また今度」
「また来年」とのばしのばしにしてきた事、ほんとにほんとに、たくさん^^;
仕事に追われ、家事に追われ、いつかいつかと思いつつ
やりきれて来なかった事、たくさん。。。

でも考えてみたら…配偶者の友人たちの訃報が突然やってきたり、
今夏のあの人の訃報も…
母が逝った年に自分がなるまで、あといくらもないなぁとふと気がついたのでした。

惜しむ春という言葉があって、
花愛でる春が逝くのを惜しんだり、
若き花咲く年頃の娘の逝くのを惜しんだりというのが一般的なんでしょうけれど、

あと何年春を愛でられるのだろう?と思った時はじめて
本当の意味での
「惜しむ春」をずんと心に感じたのでした。
だから、今年ビオラの種を播きました^^

今まで生きてきて、明日は変わらず続くもので
春は何度でもめぐり来るもので、
明日もあさってもえんえんと続くもののような感覚で生きてきて・・・
ハタと、もうそろそろ、そうでもないよなぁと思い出す。

去年まであんなにみごとに咲いていたミモザが今年は枯れました・・・
栄華を誇ったローマも滅びました。
ずっとずっと変わらず続くものなどないのですよね。。。
(日本は滅びないなんて思ってるバカ左翼の為に言っておく)

…うちはみんな家系的に短命なので、そんな事をふと思ってしまうのでした。
配偶者の父親など53歳で逝ってしまったので、
自分の父の年を超えられるかどうか…その年、配偶者がそれをとても気にしているのが
はためにみていてとてもよくわかりました。
無事父親の生きた年を超えられたのですが・・・
超えた時の配偶者のε−(´。`;)ホッとした思いも伝わってきました^^;
さぁ・・・私は超えられるでしょうか?

それにしても・・・長生きの人、長生きの家系の人っていいなぁ〜(´・ω・`)
60と90じゃ30年も違うんだぜ?
30年てハタチから50歳までのほぼ中心的人生と同じくらいの長さじゃん。
早逝って損!!
年金の事を考えても、
種を播いたり球根植えたりして春を愛でる回数にしてもo(`ω´*)o!!

でも病気したりして長生きしてもしょーがないので、
元気で、とりあえずある程度健康で、いつまででもセンペルだ多肉だ花が咲いたと
春を楽しみたいものです(´・ω・`)・・・

とか言ってますが・・・シャガと紫蘭を書き間違えて気がつかなかったり
オキザリスのしか
出てこなかったり・・・逝くより前にボケそうで怖いんだけど…(*´д`*)
posted by 紫猫 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

秋がきましたね

今年は猛暑と言っていた割には、ここのところの夕方明け方の冷え込みは、長袖が欲しいくらいで。
なんだか、ここ最近の年の中では秋が来るのが早いような気がします。
ここ最近は10月まで暑いのがずっと当たり前だったので、なにやら拍子抜けというか…
でもまぁ有り難いのですが。

2013_1006yabulan.jpg
ヤブランの花が今とてもきれいです。
この花、今はまだつぼみだけど、よく見るととても可愛いのですよね。
昔、事務所の事務のパートの人がとても花が好きで、よく事務所の先生の机に自宅で咲いた花を飾ってくれていました。
ある日、紫のかわいい花が飾ってある。
「これ何?」と聞いたら「ヤブラン」でしたw(゜o゜*)w

自分ちにもたくさん咲いているのに、実はよく見た事がなかったんですよね。
目が悪かったせいにしておこう(笑)

◆ヒガンバナも咲いてます・・・な ぜ か (*´д`*)・・・
2013_1006higanbana.jpg
なぜ、なぜか?って?
だって去年ここに植えたのは
黄色のリコリスなんですからっヽ(`Д´)ノ!!


写真探したけど撮ってなかった(-_-)・・・
でも確かに植えたのは黄色のリコリス。その後葉もでないから、もうダメかなと思っていたら、
ニョキっと花芽が出てきたので生きてた〜.+:(・∀・):+. と思ったら・・・
咲いたのは赤いヒガンバナでした。。。(x_x)

植えた覚えがないんだけど・・・?? それとも事務所からひとつもらってきたのだろうか?
ぜーんぜん記憶にないのですが。
ともかく・・・黄色のリコリスは…消滅してしまったようです(−_−)・・・

2013_1006murasakishikibu.jpg
紫式部。鉢植えに落ちた種から育った株が、こんなにきれいに咲くようになりましたヽ(*´v`*)ノ
秋が早いと秋の花たちもとてもきれいに咲いてくれているような気がします。

それから夏の落とし物・・・
2013_1006semi.jpg
あーまた気持ち悪いもの、載せてるって言われそう(笑)

セミの抜け殻は今年は4つありました。
トマトの下に3つもw(゜o゜*)w
1つはまだミニトマトの枝にくっついていたもの。
セミの種類が違うのか?微妙に色が違うみたい。
…そのうち消えるかな?と思っていたけど、いつまででも残っているものなのですね。
今年野菜を作るぞーっと、このトマトを植えた当たりはさんざん掘り返したのですが・・・
セミさんはどんだけ深くに潜んでいたんだろう。
どうやって土を登ってくるのだろう? なぞです・・・

紫の色がきれいで並べてみました^^。
ここんとこ、ずっとつまんないつまんないと愚痴っていましたが、
ヤブランの写真を見て、自分で癒されてます^^;
posted by 紫猫 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

久々にビオラの種を播きました^^

2013_1005viola02.jpg
今年、久々にビオラの種を播きました^^
ビオラ ローズシェードと、ビオラ ソルベデルフトブルー。

何年ぶりでしょう・・・(*^。^*)

昔凝っていた頃には、何種類もの種を播き、くそまじめに1つの苗を1つのポットに植えて、
植え場所がなくなり庭をうろうろし、仕方ないので学童で配ったり、
ハテは道ばたに「ご自由にお持ち下さい」とかって書いて、並べたりしたものなのですが(笑)

驚いた事に、今はパンジー系の種は一袋に30粒らしい…。
ケチッ!!(これが書きたかっただけだったりして・・・)
私が園芸に凝っていた頃…は、まだガーデニングという言葉が言われ出すちょっと前でした。
やりはじめて3年目くらいかな?言われ出したのは。
子供が1年生だったから…約19年前?早いものですね・・・

その頃のサカタの種のパンジーの種は、一袋60粒でした^^;
お弁当屋さんのパックや、UFO焼きそばの発泡スチロールの入れ物が種まきに適していて、
60粒だとちょうど1p間隔で種を播いていくとちょうどおさまる感じでした。

同じつもりで袋開けたら・・・30粒。
カップ焼きそばの入れ物では大きすぎるようです(´Д`)ハァ…
発芽率はローズシェードはイマイチで、半分以下。
デルフトブルーはもう少し上でした。昔は全部発芽したのですが・・・?
こちらがヘタクソになったのかもしれません。

写真は9月30日のもので、今はもう少し成長しています。
ケチって、ひとポットに2本植えしてあります。
たいていどっちかがナメクジにやられたり、水やりで倒れたりするのでこんなものでいいのです。
と勝手に理由をつけています^^;
置き場がないのが本当の理由ですが。

それから、ブルスケで入手した西洋オダマキいろいろ。
アクイレギアを勝手に「アキレア」と思いこんでまして、
他のオダマキの種と似てるなぁ、そっくりだなぁと思っていたら、
アクイレギア=西洋オダマキでした^^; 似てて当たり前〜
西洋オダマキと言ってくれ。
多肉でもそうだけど、なんでいろんな呼び方するんだ?
ブルスケでめっちゃ長くてめんどくさい読み方の花が出てきて
?と思って検索すると・・・なんて事はない、昔から日本の庭では当たり前の花だったりして、
(´Д`) =3 ハゥーという事も度々(笑)

こちらもよく考えてみれば、一株あれば足りる訳で。
なんせ植える所がない・・・(´・ω・`)
鉢植えですから。こんなに発芽してくれてどーする?という。。。。
うーん。どこかに場所を作らねば。

今年はレウイシアの種も買い込みました(*^。^*)。
今日また播くの忘れた・・・こんなに種たくさん播いてどーするんだろう?
しーらない(`・ω・´)

☆今年咲いた自宅のアクイレギア…西洋オダマキ ノラバロー。
ブルスケで指摘されてあわてて名札を見に行きました^^;
本当は一重の昔ながらのオダマキが欲しかったのですが、これしか無かったのでした。
が・・・とてもきれいな花でした^^
2013_1005Nora Barlow.jpg
春に載せてあげられなかったのでアップ^^

こぼれ種から芽がいっぱい出ていたのですが、今日見たら親の陰で殆どが日陰で
消滅してしまっていました(*´д`*)・・・
種、配っちゃったよ。残っていたかなぁ。。。
鉢植えなので、もっと広々としたところでたくさん咲かせてあげられないのが、残念です。
posted by 紫猫 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

種の付かない花たち

今年の春はめずらしく、高めの品種モノのパンジーやビオラを4種買いました。
一種はツマグロヒョウモンの食餌になった紫と白のビオラ。
2013_1005viola01.jpg
他は、クリーム色の花びらの縁がヒラヒラしたもの、オレンジと紫のもの、白に藤色の縁取りの入るもの…
2013_1005pansy.jpg
他の花に推され気味であまり大きくはならなかったのですが…
(基本的に品種モノ、特にヒラヒラした花びらのものは弱い傾向にあるような気がしますが)
このツマグロヒョウモンのエサになったビオラ以外のものは、
実は種がつきませんでした…(*´д`*)
上の写真の、エサになったビオラ君はたくさんついたのですが・・・。

また、夏には栄養系と呼ばれるコリウスを2種。。。
2013_1005coleus.jpg

セロシア ピンクモンスターというのも買いました。
2013_1005selosia.jpg

そして…そのいずれも、いわゆる登録品種もの?らしく…、
いずれも…

種はつかなかったのです。


コリウスはシソ科、セロシアはケイトウですから、どちらも種が容易につき、
種は黒くてつやつやして…と思っていたのに。。。
コリウス、待てど暮らせど種はつかず。
調べると「栄養系は挿し芽で増やす」とあります。
栄養系は、どうも自家受粉はしないような品種改良がされているようです。

セロシアも…
2013_1005selosiaseed.jpg
一見、種ができているように見えますが…
指で根元を推してみるとふにゃっとつぶれます。
薄皮を一枚一枚取っていってみると…何も残りません。
もう種は落ちてしまった?と思い、まだ花穂の残っているものを探してみましたが
…同じです。
セロシア(のげいとう)の種、というものを播いてみた事がないので、どんなものなのかは知りません。
ひょっとして他のけいとうとは違って、この薄皮のようなものが種なのでしょうか?
わかりません。どなたか教えてください。

いろいろ探してみても、情報は出てきません。
ただひとつ、Yahooの質問箱で、「種の出来ない処理がしてある」の1行が…。
どうやら種なし西瓜のような処理をして出荷するのでしょうか?

そもそも春のパンジーでおや?と思ったのです。
パンジーなどすぐに結実するのがフツーで、それを防ぐために、せっせと花殻とりをするのが
フツーです。
それなのに、花がらの根元がいつまでたっても、プクッとしてこないのです。
最初は株が大きくならない→結実する力がない?と思っていましたが、
とにかくひとつも種がつかないのですから・・・おかしすぎます。
こんな事は、今年がはじめての気がします。

パンジー、コリウス、セロシアときて、ようやく得心しました。
「種が付かない 花苗 処理」などでぐぐっても、葡萄や何かの種をできなくする、というような
ページがずっと続いてしまい、何も出てきませんが・・・
F1種の種はできなくするのが、最近の花苗販売のやりかたなんでしょうか・・・
どうせF1種は親と同じ品種が出てくる訳ではありませんが・・・

なんだかそら恐ろしいような気がしてしまうのですよね。
今言われているTPPがらみの、モンサント社の恐怖をふと連想してしまいます。

種を作らない→永遠にいつも、他から種を購入する必要がある

という事です。農業でこれをやられたら。。。
それを狙っているのが、モンサント社と言われて久しいのですが、なぜかテレビ、新聞で
それにお目にかかった事はありません。
まぁ最近新聞もテレビもほとんど見ないのですが。
(この間、WOMANていうドラマは久々に真剣に見ましたが^^;よかったよぉ。)
TPPについて語る紙面などでもモンサントは話題にはなりません。
軽自動車の件が話題になるくらいです。

どうせ種を採っても、播かないのですが、
「種のできない花」というのは、なんとなく気持ちが悪いものです。
種を播いても、どうせ一株くらいしか植えられないので、高いなぁと思いながら苗を買うのですが…
やはり今度からは種を播きましょうか?
種がつくのを見ると、植物たちが生きてるんだって感が、とてもするのですが。

花を咲かせても種を実らせない花たち。
なんだか、寂しげに思えてしまうのは、わたしだけなんでしょうか・・・
posted by 紫猫 at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

消えた球根

一昨日なにげに自分のblogをたらたら読んでまして^^;
そしたら「サフランは秋咲き…」とか出てくる。。。

ん?( ゜Д゜)ハァ?…秋?…じゃ植えるのいつ?
ぐぐったら…ェェェェェェェェ Σ(゚Д゚ノ)ノェェ
8月から9月だって!!
今じゃん
てっきり10月にでも植えればいいんだと思いこんでいましたよ
ε−(´。`;)ホッ

めったに読まないブログをベストタイミングで読めたって事は、
これはもう、ほんと、仏様か母とかからの天のメッセージでした^^
昨日(土曜日)無事、植え付けました^^

去年アップしなかったので今頃^^;
2013_0909saffron.jpg

で。

一昨年たくさん買い込んだクロッカス。
去年はまじめに花後、球根を掘り出しきちんと消毒して保存したのですが、
生来のなまけもの、今年は「植えっぱなしでもいい」という情報を元に、
原種チューリップ共々、植えっぱなしにしてしまいまして。
とゆーか、鉢にこぼれ種から何やら出てきたり、
センペル整理の時に名無しになったやつをぼそっと載せたりしたせいで、
それらがついてしまい、鉢を開けるのがかわいそう、というか結局
めんどくさかったんですが(−−;)…言い訳。
(だって考えてみりゃその子らをどけりゃ良かった訳で…)

夏前に確認した時は、ちゃんとたくさん球根あったのに・・・・
…(´;ω;`)ブワッ

なくなっちゃってました(>_<。)…
なくなっちゃったり、ぶよぷよに白くなっちゃってたり。
やっぱり愛知の夏は、クロッカスの球根は、ちゃんと掘り上げないと
ダメなようです。

(´Д`) =3 ハゥー

唯一、ブルーの子だけは、センペルが根付いていたので
水をほとんどやらなかったのが幸いしてか?大きくなったセンペルが
過湿になるのを防いだのか、場所的に良かったのか
(他のも水はやらなかったんだけどなぁ) 
これだけは無事、球根が増えていました。

五種の内の一種だけです・・・(>_<。)

クロッカスはとてもお気に入りになったので、仕方ない、今年もどこかで
ゲットして来なくては(`・ω・´)
クロッカスの球根って、ヤフオクにもなかなか出てないんですね(´Д`)ハァ…

☆最近ブルスケばかり見てて、もう植えるとこがない〜といいながら、
なにかといろいろ種やら球根やらもらってしまい、
なにやらいろいろ種類が増えてしまいました^^;
何も見ない方が、身のためですね〜(x_x)

時間がない、植えるとこがないとかいいながら
仕事を増やしています・・・

でも来年の春が楽しみです^^
posted by 紫猫 at 02:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

ねじばな

2013_0818nejibana01.jpg

どこから来たのか…セダムの鉢に、ネジバナが…^^
たったの一本なんですが。。。

みちのくの しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし 我ならなくに
この歌の、しのぶもじずり がネジバナだとか違うとか…いろいろ出てきますが。。。

大好きな花で。

2013_0818nejibana02.jpg
引き延ばしてみると、やっぱり蘭科の植物^^
ちっちゃくてもちゃんと蘭の花びらのきらめきが・・・

どっから来たんだろう??
いつも話に出てくる86歳の大叔母の庭の芝生に、以前はたくさん出ていたのですが
庭師が何も考えずに機械で刈っていくので、最近は見ないと言ってました。
むかーし、種でももらってきたのが、いい加減で雑草抜かないのが効を奏して、
勝手に育ったのか??

そもそも蘭科の植物は、蘭科の植物が植わってるとこでしか発芽しないんだそうです。
蘭菌が必要なのだとか…
なんでセダムの鉢に出てきたんだろう?

残念ながら、10pにも満たない小さな株なので、結実はしていないようです・・・
種が採れたら、ダンボールを利用して種撒きがしてみたいのですが^^;
ダンボール使わなくても、日本トキソウの鉢にまけばいいかな?
あれも蘭ですよねぇ〜

ネジバナの種の様子とか、栽培に関してはここが良かった。
うんうん。種ってどんな?ってのが随分わかんなかったんです。
これによると…うちのは結実してないぽい。残念。。。

ミニな鉢に出てきたのでなんとか大事に育てたいのですが、
移植も難しそうです(´Д`)ハァ…
どうしたもんか…

posted by 紫猫 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

水菜とターサイ

二十日大根に味をしめて、何やら種を播きたくて
今度は水菜とタアサイのミックスになってる種とほうれん草の種を買ってきました^^
6月下旬の事だったと思う・・・(記録がない(´Д`)…)
ツマグロヒョウモンのところに「移植後のバジルがかじられて…」とあるので多分このちょっと前かもです^^

で二十日大根の後にほうれん草、いつもはフリージアが植わってる場所で夏はたいてい紫蘇が繁茂する場所には水菜とタアサイの種を播きました。
この時一緒に、例の発芽していたバジルもそばに移植。

そしたら前に書いたようにバッタにみーんなかじられてしまうので、
不織布を買ってきてアーチ型の支柱を立てて虫除けを作りました。

「20日で作れるスピード野菜」という文言にひかれてこれを選んだのですが・・・
肥料が野菜にしては足りなかったのか、(花はやり過ぎてはいけないとセーブしてる)
なかなか大きくなりません(>_<。)
そもそも本来間引きなどを、毎日様子を見てするべきなのですが、
虫除けしてあるのではずすのがめんどくさいので
どうしても平日は不織布の上からシャワーかけるだけ^^;
2週間くらい前に、スーパーで買ってきた水菜の立派さにびっくりして
思い切って有機肥料をけっこう思い切りよく追加。

そしたら…

7月20日
2013_0728mizunataasai.jpg
あっという間にこんなになりました^^

20日では無理でした^^;
播種から30日くらいは経ってますね。。。雨があまり降らなかったのが原因かもですが。

上のほうにバジルが見えています。
バジルも無事でっかくなりました♪
ちなみにこの中にいたピンクカタバミの葉のでかかった事!!
5pくらいの直径の葉の大きさでした。
雑草も知らない内に育ってて
雑草に見えないくらいでかかったです。肥料恐るべし^^;

でも…遅くに帰宅して暗い庭に出てカバーを取ってバジルを採取…という訳にはいかないので
こちらはなかなか利用に至りません(*´д`*)

バジルがバッタの一番の餌食になるとわかったので、今バジルは
高い位置に壁掛けタイプのプランターに植えてあってそっちは虫除けをしなくても
大丈夫のようで無事育っています(^o^)

で。サラダ用水菜たちと同じ日にまいたほうれん草・・・
2013_0728hourensou.jpg
(´Д`)ハァ…

こっちは不織布の虫除けなしで、写真をとる前の日にアリの巣を発見したので
駆除剤が置いてあります。。。。
ごらんの通り。。。殆どダメ。
播種してから毎日芽が出るのはまだかな?まだかな?と見ていたのですが
どうも発芽はしてるっぽいのに、なかなか「芽が出た〜」にならない。。。
そのうち気がつきました。
今のほうれん草の種は、固い種を緑に染めてあって、
それが割れているのに、なぜか芽がみあたらない・・・

大雨が降った翌日に原因がわかりました。
固い種が割れて、まず芽が出るのですが、それをどうやらこんどはダンゴムシが
ぜーんぶ食べてしまうようなのです。
だから割れた種の殻はあちこちにころがっているのに
(1pくらい、かなり深植えにしたのに、発芽する時は土表に浮かび上がってきてました)
「発芽した〜」にならなかったのでした。

しばらくダンゴムシと格闘しましたが・・・ダンゴムシは不織布では防げませんし(*´д`*)
又、どうもダンゴムシだけでもなかったようで。
この近くに植えたバジルも紫蘇も、当然のようにすぐに茎だけの姿になってしまいます。
この南側にプチトマトを植えたのですが、こっちは苗だったせいか
無事すくすくそだっています。
バッタはトマトは食べないらしい(´・ω・`)

せめてバッタ対策にさっさとこっちも虫除けすれば良かったんですが・・・後の祭り。
そもそももう一度播くには気温が高すぎて。

この他、花後の桃太郎やローラなどの種もパラパラしてみましたが、どの子も発芽せず・・・
(´Д`) =3

☆で。昨日(土曜日)
2013_0728mizunataasai02.jpg
一部収穫^^

採ってる時はたくさん採ったつもりだったけど、(両方で20株くらい?)
束ねて持ってみると、そんなになくて
100円程度で売っている水菜の量を考えると・・・お百姓さんの苦労が偲ばれました・・・。
(今の水菜は水耕栽培かもだけど)
でも洗ってみるとけっこうあって、少量だけどツナ缶と混ぜて、4人分のサラダ菜になりました^^
タアサイはお汁にしておいしくいただきました。

わずか奥行き50p、幅70p程度のエリアなんですが、20株抜いてもまだ3/4くらいは
残っています^^
間引きしなかったのでわさわさです。。。
土の力ってすごいなぁと、またまた感激しています。

で、また毎日出すと「またぁぁぁぁ〜?」って言われるなぁと(笑)

虫除けの効果、すごい〜。
てか虫の威力がすごいんだよね、これ。
posted by 紫猫 at 03:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

お客様たち〜ツマグロヒョウモン

◆もう咲き終わりの頃のパンジーに毛虫がいます。。。
2013_0624ツマグロヒョウモン01.jpg
一度は排除しようと思ったのですが、もう季節的に終わりのパンジー、まっいいか、と。
調べてみると「ツマグロヒョウモン」という蝶の幼虫らしく近年の温暖化により、最近では関東地方にも見られるようになったのだとか。
たしか先週隣のおばさんと話題になったのでもう一週間は無事でいてくれてる事になります^^

今日は蛹もみつけました。
2013_0624ツマグロヒョウモン02.jpg
背にある銀色の点がマジできれい。。。
蛹があるって事は、もう一匹いたんですねぇ。
パンジーとヒューケラの寄せ植えの鉢にいます^^
パンジーはもう、色も枯れ色なのにかわいそうです。美味しくないよねぇ。

調べると蛹になって7日で羽化なのだとか。
羽化の前に黒くなると書いてあるので、気をつけて見てたいです。
去年の百合さんについたルリタテハの幼虫も、山芋についたキイロスズメも、
いつの間にかいなくなって羽化どころか蛹にもお目にかかれませんでした。。。(*´д`*)
大きくなると食べる量も多くなるのか、葉がなくなって鳥やハチに見つけられやすくなってしまうんでしょうね。今年の百合にも食害の後があるのですが毛虫はいません。

◆先日バジルの芽が出たと喜んでいたんですが、移植後の苗はみんなあっという間になにものかにかじられてほぼ茎だけの姿になってしまいます。
おととい犯人を発見。。。オンブバッタです(´;ω;`)
毎年たくさん出没してるのですが、センペルは被害に合わず紫蘇が毎年やられて
でもそんなに気にしてなかったのですが。。。野菜となると話は別です(`・ω・´)
二十日大根に味を占めてサラダ用水菜などの種を今度は播いたんだけど、こちらも食害がひどい。
また5o程度の小さなバッタが、小さな葉の上に3匹4匹とたかってます。昨日と今日とで何度も庭に出て捕殺しましたがとても間に合わない数・・・。
マーガレットの葉が変だったのも
こいつらのせいと今日わかりました(´Д`)

はいですよ〜
同じ幼虫とかでも利害が反すると「害虫」になってしまうんですねぇ。
勝手なもんです(´Д`) =3 ハゥー

せっせとバッタを捕殺してたらこんなお客さんも現れた。
2013_0624tokage.jpg
バッタ全部取ったら、この子たちのエサがなくなるなぁと現実的でない事も考えたり(笑)
昨日カラカラになって多分猫のおもちゃにされたトカゲを室内で発見したので、
まだいてくれたとホッとしました^^

バッタってなかなか捕まらないんですよね。保護色してるし。
しばらくジーーーッと眺めてると「あ、いた」て感じで。目の悪い時なら絶対見えない。
4oの時は簡単に捕殺できたのに5o〜6oに成長したやつは、敏捷になってしまって、いきなり捕まらんくなる。彼等も成長してるのだなぁと変な感心してたり。

わりぃ〜。バジルと水菜は食べないでくれ〜

という事で、今日水菜には防虫用の不織布を張ってみた。
100均のアーチ枠がやっと役に立った^^;

さてどうなる事やら・・・

雨がまた降っています。
絵に描いたように、紫陽花にこんなお客も。
2013_0624katastumuri.jpg
…韓国コスメで有名になって、カタツムリは危険なのだと初めて知りましたよ。
子供の頃から親しんできたのに、印象悪くなっちゃって残念です。

カタツムリに棲む細菌はナメクジにはいないのかなぁ。
最近ナメクジも手でつぶせるようになってきた(*`・ω・´)ノ

(おいヾ(ーー )ォィ )

バッタは後ろからそーーーっと近づくと逃げますが、
バッタの前面からいくと逃げられません。きゃつらは後ろには飛べないらしい。
てか前は見えてない?
…調べてみると動体視力は優れてて静体視力はたいした事ないらしい。
という事は「すばやく近づいた」らだめで、ポソッと静かに真ん前から近づけばいいのか…。
で、結構図々しくて葉を揺らした程度では逃げません(`・ω・´)
逃げたフリして葉裏に回ってたりします。。。
こちとらは動体視力が劣ってるので逃げたバッタを追えません(T△T)

ふわふわの土の上に逃げた奴を指で押さえても、沈むだけで死なないし。こんな時はふわふわの土が憎たらしく感じるんだから勝手なものです^^;
まぁ不織布かけたんで、これが成功してればバッタとの闘いは続けなくてもよさそーですが。
posted by 紫猫 at 03:01| Comment(7) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

たんたんと…クリプタンサス・レ・レイとかオレガノとか

たんたんとアップしてく続きです^^

2013_0623クリブタンサスレレイ.jpg
これクリプタンサス・レ・レイというんだそうです。
よく100均多肉コーナーに売ってたりします^^
自分も100円くらいで三木フラワーで2006年に入手してるんですが、
入手してから2〜3年後に、ネットで名前を調べました。
これがなかなか侮れない。きれいなんですよぉ。でけっこう難しい。

…根っこがないよ、とかこどもがカサッとはずれちゃうよ、とか加湿すぎると真っ黒になっちゃうよ、とか書こうと思ってぐぐったら…
「多湿を好む」「水苔で植えるのが普通」とか書いてあるよ。
知らんかった。。。名前だけ調べて性質は調べなかったらしい。
よく今まで知らずに6年ももったもんだ(´Д`) =3 ハゥー

…加湿にすぎると黒くなってダメになっちゃうんだけど・・・あれは冷障害だったのだろーか??
かといって足りないと葉が枯れたりして、おまけに子供はすぐにはずれて
訳のわからない植物だと思っていたんだけど。。。
これから調べてみますよ。でもね、とてもきれいで好きなんですよ。
100均で売ってたらお勧めです^^

いろいろな色があるらしい。はまりそーだ。。。

2013_0623子持ち蓮華.jpg
かわいいです♪
上の鉢から落ちた一粒が勝手に繁殖してこうなってます^^;
…なんかね、意図して作った時ってちっともうまくできないんだけど、勝手に咲いてるのの方が
よかったりするのですよ。

…つまりは寄せ植えとかが下手だってだけなんですけどね^^;

2013_0623oregano.jpg
オレガノケントビューティー。
どうしてもお店で売ってるみたいに多重構造で花、咲いてくれない(´;ω;`)。。。
どうやったらあんなになるんだろう?
posted by 紫猫 at 04:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

バジルの種まき

100均のバジルの種まきセットを買って播いたけど
発芽した芽が全部ナメクジにやられた話を前に書いたのですが・・・
実はその前に、親戚の大叔母(?)(母のいとこ)の人に
2009年のバジルのタネをもらって直まきしたのですが、それは、発芽しなかったのでした。
「やっぱり古いタネはだめなんだ」と思って、100均のを買ったけど、
ナメクジにやられた訳です。

かといって今更、苗を買うのもシャクだったので、玄関をあさったら
数年前に採取したバジルらしいもののタネがゼリーカップに入ってました。(いかに玄関になんでもそのまま放置してほかってあるかがわかる…^^;)

ふんふん匂いを嗅いだらバジルらしかったので、
多分バジルだろうと^^;
(播いた後であれはバジルの匂いだっただろうか?と心配になりましたが。最近ボケがきてるので、案外セージとかだったらどうしようとか)

で、です。
この種も「数年前」のものなんです。
だってここ3年くらいはバジルは作らなかった記憶なので。

よく種を取ってその辺のカップにいれてそのまま忘れて・・・という事はしょっちゅうの事。
植物名も入れてないので、何年かしたらもう何の種なんだかわかりません。
それと種ってよく採取した後、ダニ?にやられてダメになってる事も多々あります。
クモの糸のようなものがからまって、へんにくっついたりしてるのは
多分ダニなんだろうなぁと勝手に思ってるんですが、
種なくなって、殻ばかりになってる事も多々。ダニって種食べるのかな??

で今度見つけたバジル。
殻ごと採ってきてそのままカップに入れてありまして。
まぁ前回播いた種同様「古い種」なので実は期待はしてなかったのですが。
3度目の正直に挑戦(`・ω・´)
とりあえず種まき用土にカップの中身ごとパラパラしてみたものの片寄ってるので、
ちょっと気になって、水をかけた後で数個の殻をほぐして種を取り出し、
少しあちこちに散りばめました。
そのうち飽きて、多分六個くらいの種殻から種を取り出したのですが・・・・

2013_0618basil01.jpg
3日後・・・種をゼリー状のものがくるんでいます^^
(これ前に見たよなぁと、ここでネットを調べてバジルの種であってる事を確認。よかった^^)

2013_0618basil02.jpg
発芽成功♪
これだけあれば多少ナメクジにやられても大丈夫そうです^^

で、です。なにが言いたいかと言うと・・・

「種の殻は、種の劣化を防ぐ役割もしてるんだろうか?」と思った事です。
守ってるというか・・・
2009年の銀行なんかがくれた種は発芽まったくしなかったのに、(4年前ですよね)3年前の種はほぼ発芽したんです。冷蔵庫に入れた訳でもないのに。
これ1年の差のせい?なのかなぁ。

たまたま手を抜いて殻(というか果皮?)を取らなかったのがかえって良かったのかもしれないな
とふと思ったのでした。
こんどからは種は「整理」しないで果皮ごと保存しよう。

おしまい^^
posted by 紫猫 at 01:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

日本トキ草と今年の京かのこ

毎年律儀に咲いてくれるのに、いつも載せわすれるのでついでに載せておこう^^

日本トキ草
2013_0614日本トキ草.JPG

何年か前、農協で、個人の趣味の方の作品を代理で販売してるのを入手。500円でした。
あまりにお値打ちだったので覚えています^^
プラスチックの丸い盆栽鉢に、水苔だけで植えてあり、苔がはってありました。
うちに来てから、3年目の春にようやく咲いてくれました。
何年かして水苔がまっくろになってきたので去年植え替え。
水苔だけで植えるなんて〜と思ってましたが…
鹿沼土単用で植え替えした後、調べてみたら、日本トキ草は水辺の草で、
水苔単用か、水苔と鹿沼半々くらいで植えるのだ、と書いてありました…(゚д゚;)
根をさんざん痛めたので、もう一度植えなおす気にはならず、心配しましたが
無事、今年も咲いてくれました(´;ω;`)
咲いてくれた数はいつもよりちょっと少な目^^;
…今年もういっかい、ちゃんと植えなおそう。

でも、よかったぁ〜^^

んーで。ついでに今年の京鹿子も。
2013_0614京鹿子.JPG
ちょっと終わり頃ですが^^;
風情があって良い花ですよ。
posted by 紫猫 at 19:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

二十日大根はホントに20日でなるのか?

長年園芸やってて、なんと今年はじめて二十日大根を作ってみました。
何度かタネは手にしたモノの現実に播いたのははじめて。
はたして二十日大根はホントに20日でできるのか?と。

連休の初日?頃にだったと思うけど、
チューリップと水仙のある、元々は畑にしようと思って開墾^^;?した部分から、チューリップと水仙の球根を引っこ抜きまして、大叔母(母のいとこ)のトコにもってゆき、場所作り。
(元々は何か作ろうと思ってたけど、いつの間にかもらいもののチューリップや、あまりの水仙の「たまり場」になってたトコ)
とはいってもほんとに狭い、野菜用プランターよりはちょっとはまし、ってくらいのエリア。
2列くらいの畝を作って、
タネ袋の指示に従わずよく考えずにスジ播き^^;
ウネっていってもちょこっと高いってだけで終盤にはほぼ消えたけど。

ほぼ一週間目。もうこんなになってる・・・w(゜o゜*)w
2013_0608hatsuka01.jpg

2013_0608hatsuka02.jpg
普段、遅々とした草花の成長を見ていると、9日目でこれってのは驚きなんですよね〜。

園芸30年、この年になって、やっと雑草たちの成長の早さに気がつきまして。(アホかと思う)
なんか植物って、なぜか「一年単位」「季節単位」で成長するものと勝手に思いこんでたんですよねぇ。
それが、ラックの草なんて、発芽から結実までの早い事早い事。
私という人間の「思いこみの強さ」ってやつのせいなんですが^^;

で。二十日大根、すげぇ〜(゜△゜;)・・・
野菜の力、すごい〜。

スジ播きにしたので多すぎに発芽(T△T)。。。
ケチな私は、畝無視して、こみあったトコから間引きしたやつを、開いてるとこにちょこちょこ植え直ししてたので、こんな節操のない生え方になっています^^;

2013_0608hatsuka03.jpg
上の写真から5日後、13日。播種から約2週間後。
もうこんな。もう根っこのトコが丸く、赤くなってる。
この年まで私は、カブやダイコンは、根っこの部分で、地中部分が太るのだと思っていました。
まさか地上で見える部分が赤く丸くなるとは思っても見ませんでした(゜△゜;)
これって「もういいよ」って時期が目で見えて、すごい便利ですよね。

どんどん混み合ってくるのは、抜き菜で食べれるじゃんと気がつく。。。
(どうも草花のクセでそれに気がつくまでちょっと間があったのだ・・・
いや、当然でしょと^^;)
ちょっと辛くて美味しかったです。

2013_0608hatsuka04.jpg
17日。上の写真から4日後。
てか、場所をケチって かなり混み合ってるのにちゃんとカブになってくれてるのに感動〜。

…でも、丸くならない子もちらほらと。
2013_0608hatsuka05.jpg
印の中。

この子等は最後まで丸くはならず・・・。
なにが違ってこうなるんでしょう?
中には、その内丸くなりだすのもいて、訳わからず。
丸くなる確立は低いので、早めに抜き菜で食べるのが正解とわかりました。

◆で翌日。昨日は「小さいじゃん」と思ったけど、
1日で前日よりかなり大きくなり、はじめて収穫しました♪
2013_0608hatsuka06.jpg
色かわいい〜。
まじで20日で収穫できるのにびっくり(゜△゜;)

しかし、です。
本などを見るときれいにサラダにこの赤いのが丸いまま盛りつけてありますが
現実には、この日よさげで採れたのは合計6個くらいで、
4人家族のサラダに丸のまま盛るには少なすぎます(*´д`*)
雑草(はこべ)を抜いて食べちゃったり、パセリの大好きな私とは違って
家族は丸ごとのカブ生だと「辛い〜」とか文句出そう・・・だし。
てな訳でスライスしていただきました。

もっと大きな場所でたくさん作らないと、
「手作り野菜」雑誌の写真のようには盛れません(T△T)

で。

この翌日くらいから、ところどころ虫に葉を食われるようになり、
「太ったら順次食べよう」とヘンゼルとグレーテルの魔法使いみたいな事を思ってたら・・・

2013_0608hatsuka07.jpg
ごらんのように・・・あっという間にアミアミ状態(T△T)
これ28日。播種後約1ヶ月。

20日目に収穫したカブは殆ど虫の害はないんですよね。収穫適期ってこういう事なのかな。

ヨトウムシ?みたいな黒い虫とダンゴムシのせいと気づき、明け方捕獲したりしましたが追いつかず。
こうなると神経質な家族は「虫の食べ残し〜」とか言いやがるので、
目立たぬように切ってもりつけたり^^;
(私は平気です!!)

それから、収穫が遅くなると今度は葉が黄色くなってきたり、固くなったり。
成長早いのは年を取るのも早い?らしい。

何より毎日同じものを出すので、その内娘とかが「また〜?」とか言いやがるし。
なかなか「めでたしめでたし」にはならないのでした^^;
綺麗に盛りつけた写真見て、すてき〜とか妄想したんですが・・・現実は厳しい。

でも種まき→収穫→食べる ってのは楽しいですね。

ネギとかハープ、紫蘇、バジルとかはずっとやってるのですが。
短期間でのものは初めてで。

まだ丸くならなかった子は・・・植わってます(*´д`*)
2013_0608hatsuka08.jpg
これは27日(約30日後)のものだけど、結局あまり変わらず。
もう葉も固いしほぼ食われつくしてるので、処分するしかなさそうです・・・

さあ、次は何を播こうかな?
二十日大根はまだいっぱい種があるけど・・・ちょっと間をおいて再挑戦しますよ。
---------------------------------------------
種まきしたら、やっぱり種まきは楽しくて、
2013_0608basil.jpg
100均でこんなのも買ってみたりしちゃったんだけど、
これの他に草花もやったんだけど、
今年はカブ以外はみーーーんなナメクジにやられて失敗(T△T)
くやしい〜
---------------------------------------------
◆今、残りを全部抜いてきました。
2013_0608hatsuka09.jpg
全部で40株ほどありました。思ったよりたくさん(T△T)
て事は、無事丸くなったのと同じくらいの数?
追肥足りなかったのかな^^;昨日の雨でかなり丸くなってるのもあったけど。
水と肥料が足りなかったのかも〜

★結局全部お味噌に入れて食べました^^
前日よりはるかに丸っぽいのが増えてる・・・雨のせいですね、やっぱ。
雨降らなかったからなぁ〜
posted by 紫猫 at 04:33| Comment(5) | TrackBack(0) | 蘭や花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。